平成最後の桜見物&撮影は地元の隠れた名所を散歩する:仙台堀川公園〜木場公園〜大横川〜品川

 東京の桜(ソメイヨシノ)は3月中旬に開花を迎えたあと、下旬にかけて寒気が入ってきて数日の間は気温が真冬に戻ってしまったこともあって、比較的花が長持ちしたシーズンだったのではないかと思います。桜が咲いてるとなるとカメラを向けたくなるのは、写真を趣味としている人に限らないようで、今の時代はあらゆる人がカメラを持っているためか、SNSには美しい写桜の真が溢れかえるようになりました。なのでそろそろ「もう桜はお腹いっぱい」と思えてきた人も多いのではないかと思います(これからシーズンを迎える北国の人達にはスミマセン)。

 さて私も写真を趣味とする人間の一人として、例年は六義園とか千鳥ヶ淵とか、都内の桜の名所にカメラを持って出かけていたのですが、今年は何となくやる気が起きず、グズグズしているうちに4月に入ってしまいました。とは言えお花見をしなかったわけではなく、先々週と先週に渡って、週末は近所の桜の名所を巡ってきました。

 桜というかソメイヨシノは都内でも意外なくらいにあちこちにあって、わざわざ名所と言われるようなところまで出かけていかなくても、すごい絶景とかを求めなければ花そのものを楽しむことは出来ます。私の生活圏内、とくに東京都江東区内にも地元民だけが訪れるプチ名所がいくつかあります。

IMGP3875.jpg
 特にどうってことない写真ばかりですが、せっかく撮ったので記録として何枚か厳選してまとめておこうと思います。なので、今年の桜エントリーはこれが最初で最後(の予定)です。

続きを読む “平成最後の桜見物&撮影は地元の隠れた名所を散歩する:仙台堀川公園〜木場公園〜大横川〜品川”

もうすぐ見頃を迎える亀戸天神の梅とようやく咲き始めた大横川の河津桜を撮りに行く

 梅や桜と言えば、それこそ写真を趣味にする人々の多くが、飽きずにカメラを毎年向ける被写体なわけですが、もちろん私もその一人。そして毎年同じような、どこかで見たことのある凡庸な写真を撮ってしまいます。いや下手したら3年前の方が上手く撮れたんじゃないか?みたいなこともあったりして。

 でも良いんです、そうやって進歩はなくても気楽に「撮る」という作業自体を楽しめるのは、アマチュアというか趣味の特権ですから。

 …えーっと、なんか変な話で始めてしまいましたが、個人的にはまだまだ冬が続いて欲しいと思う中、しかし今年も暖冬傾向らしく、梅や河津桜の見頃は例年よりも少し早まっているようです。咲き始めてしまったのなら仕方がないということで、春らしい花を撮りに散歩に出かけてみました。

 梅も桜も地元にいくつか知る人ぞ知るな隠れた名所があるのですが、梅については梅まつり開催中の亀戸天神へ、河津桜は木場公園近くの大横川沿いという、超近場に行ってきました。どちらも過去に何度も何度も訪れたことのある場所です。

 ソメイヨシノもそうですが、毎年見頃の見極めと天気と週末がうまく重なるかどうかがなかなか難しいところ。先週2月23日と24日の時点で、亀戸天神の梅は見頃のちょっと手前、大横川の河津桜は全体的に見てまだ一分咲きと言った感じでした。梅はもう終盤戦ですが、河津桜はこれから。見頃が比較的長い桜ですから、このままソメイヨシノが咲き始める頃まで楽しめそうです。

IMGP2859.jpg
 さて、桜や梅目当てに集まってくるのはカメラを持った人達だけではありません。春の気配に誘われてメジロをはじめとした小鳥たちもやってきます。そんな小鳥と梅や桜の取り合わせを撮るのも目当てのひとつですが、これもある意味「動体撮影」と言えるわけで、しかも不規則に予測不能な動きをするので、撮影はなかなか難しいです。もちろん、だからこそ楽しいわけですけど。

続きを読む “もうすぐ見頃を迎える亀戸天神の梅とようやく咲き始めた大横川の河津桜を撮りに行く”

復活のsmc PENTAX DA★300mm F4ED[IF] SDMで飛行機を撮ってみる

 先日マップカメラの夜市で衝動買いしてしまったDA★300mmF4ED[IF] SDMですが、やっぱり使ってみるとすればまずは飛行機撮影だろうということで、羽田空港と成田空港に試し撮りに行ってきました。DA★300mmF4を使うのはもちろん、PENTAXのカメラで動体を撮るのも実は久しぶりです。

 昨年からこの分野はニコンD500に任せたわけですが、本気の動体撮影(とはなんぞや?)はともかく、羽田や成田あたりの民間機の撮影は、なんというか慣れすぎてしまっていて、あまり目的意識を持たず、短時間で気楽に撮りに行くことが多いので、そういう場合に色々ギリギリに追い込んで秒間10コマでズババババッ… とあっという間に1000コマ単位で撮影されてしまうのも、後処理などを考えると気が重いなとも思っています。

IMGP2713.jpg
 ということで、300mm単焦点を買い戻したのを機に、連写速度とかAFとかバッファ量とか手ぶれ補正とか、色々と不便なところも多いけど一方ですっかり手に馴染んだPENTAX K-1 IIで、ゆる~い気持ちで飛行機撮影のリハビリをしてみました。

続きを読む “復活のsmc PENTAX DA★300mm F4ED[IF] SDMで飛行機を撮ってみる”

PENTAX Kマウント望遠の名レンズ DA★300mmF4ED[IF] SDM を買い戻す

 Kマウントの望遠レンズを買いました。ニコンD500+AF-S200-500mmF5.6と引き換えにKマウントの超望遠ズーム DFA150-450mm F4.5-5.6を手放して以来、PENTAX K-1 Mark IIで使うことが出来る望遠レンズはDFA★70-200mmF2.8に限られていました。超望遠域はニコンに任せてしまえば良いという考えは変わっていないのですが、たまにはK-1 IIでも飛行機を撮ってみたい気もするし、200mmよりももう少し長いレンズがあれば… と、思うようになってきていました。

 レンズの選択肢が少ないと言われる現在の35mmフルサイズ対応のKマウントですが、実はDFA★70-200mmとDFA150-450mmの2本のズームの間を埋める望遠レンズがラインナップされています。それが今回手に入れたDA★300mmF4です。

 2008年に発売された比較的古いレンズで、名前にあるとおり本来はAPS-C専用のレンズとして登場したものです。しかし2016年にKマウント初のフルサイズのデジタル一眼レフカメラK-1が発売されたときに、メーカーから公式に「”DA”と名乗っていたけど実はフルサイズをカバーしています」とアナウンスされた3本のレンズのうちの1本です(ちなみに残りの2本はDA★200mmF2.8とDA560mmF5.6です)。

 そして、私にとってはこのDA★300mmF4を手にするのは今回が初めてではありません。今から約5年ほど前、PENTAX K-3を使っていた頃に新品で買ってしばらく使っていたことがあります。しかしその後DFA150-450mmを手に入れるために下取りに出したという経緯があります。

f:id:hisway306:20190126145415j:plain
 ということで、いろいろと紆余曲折はありつつも再びこのレンズを手にすることになりました。一度手放したレンズを買い戻したのはこれが初めてだと思います。

続きを読む “PENTAX Kマウント望遠の名レンズ DA★300mmF4ED[IF] SDM を買い戻す”

毎夏恒例早朝の不忍池を散歩して蓮の花を撮る

 この季節になるとそろそろだなぁ、と思い出す年中行事はいくつかありますが、真夏の休日に早起きして上野へ行くのもその中の一つです。目的は不忍池を埋め尽くす蓮です。数ある花の中でも大柄で上品で力強く、写真映えします。しかしその花は朝しか開かず、お昼になると閉じてしまうため、どうしても早朝に出かけるしかありません。

K3II0482.jpg
 早起きは苦手ですし、もう何年も通って同じような写真をたくさん撮ってきたので、今年はもう良いかなと一瞬思ったのですが、やっぱり行かないと気が済まないので出かけてきました。

続きを読む “毎夏恒例早朝の不忍池を散歩して蓮の花を撮る”

久しぶりの晴天の休日は単焦点レンズを持って動物園へ

 紫陽花の最盛期には雨が降らないと文句を言っていたのに、先週までは東京地方はずっと雨続きでした。そうなると雨ばっかりだな、と正反対の文句が出てくるわけですが、先週末から一転晴天が戻り、気温もぐんぐん上がっていきなり真夏の陽気です。台風が来るかも?と思って何も予定していなかったのですが、こうなると出かけないと勿体ないと思い、カメラを持ってひさしぶりに上野動物園へ行って来ました。

K3II2662.jpg
 それにしても「久しぶりの晴天!」などと浮かれてはいられないほどの灼熱の毎日が続いています。なので涼しげな一枚からスタートです。ホワイトバランスが怪しいですけど。

続きを読む “久しぶりの晴天の休日は単焦点レンズを持って動物園へ”

清澄庭園の泉水に暮らす動物たち

 清澄庭園には紫陽花以外にも色々と見所、撮りどころがあります。日本各地の石を配置した日本庭園の美しい風景はもちろんですが、それ以外にも隅田川の水を人工的に引いて造られた泉水(池)には多くの生き物たちがいます。下町の雑踏にあって自然豊かな庭園内は動物たちの楽園でもあります。

K3II2037.jpg
 ということで、紫陽花のついでに撮ってきました。というか、もともとそれも目当てにしていたので、重たいのに望遠レンズもわざわざ持って行っていました。

続きを読む “清澄庭園の泉水に暮らす動物たち”

K-3 IIのAF動体追尾性能は本当に改善しているのか?

 K-3 IIの改善点の一つであるAF動体追尾性能がK-3に対してどのくらい良くなっているのか、確かめてみたくなりました。普段あまりこういうことはやらないのですが、ここは敢えてAF性能だけを見るためにテスト撮影をしてみました。動体AFの性能テストと言えば、WEBでも雑誌でも昔からよく見るのは電車の撮影です。確かに手軽で動体AF性能を見るにはうってつけの被写体です。

K3II1796.jpg
 撮り鉄はやったことないのですが、いつもの駅のホームの端っこはそこそこ見通しが良かったはず…ということで、お手軽に最寄り駅に向かいました。

続きを読む “K-3 IIのAF動体追尾性能は本当に改善しているのか?”

さくらの山公園で成田空港に離着陸する飛行機を撮る

 先日城南島海浜公園に行ってきたところですが、K-3 IIを手に入れたので再度飛行機を撮りに行かなくては、と思ったのですが、羽田空港周辺はだいぶ飽きてきたこともあり、目先を変えて成田空港へ行ってみることにしました。色々調べると一番有名な撮影スポットとしてでてくるのが「さくらの山公園」です。

K3II0794.jpg
 成田空港A滑走路の北西に位置しており、意外なくらい間近に国際色豊かな飛行機を見ることが出来ます。良く晴れた暑い週末の日で、滑走路は北から着陸、南へ向けて離陸で運用されていました。

続きを読む “さくらの山公園で成田空港に離着陸する飛行機を撮る”

単焦点だけの飛行機撮影

 鉄分補給に行ってきました。といっても私の場合は鉄道ではなくて飛行機です。目的地はやはり羽田空港、夏シーズンの南風運用時は定番スポットとなる、城南島海浜公園です。いつも通い慣れたつもりでいますが、考えてみたら城南島はかなり久しぶりで、前回から一年以上経っていました。

K3PS7923.jpg
 天気は微妙で晴れから下り坂。しかも空気もよどんでいてちょっとどうかな?と思ったのですが、ダメならダメでまた来ればいいやと言うことで、散歩のつもりで車を走らせました。

続きを読む “単焦点だけの飛行機撮影”