PENTAX K-1とQ-S1/Q7を持ってお正月明けの浅草寺界隈をぶらぶら散歩する

 前回のエントリーで思いついたようにQマウントの新しいレンズを買ってしまいましたが、そこで改めてQ-S1/Q7の使い心地の良さを思い出し、たまにはQマウントでちゃんと写真を撮ってみたくなりました。ただし、Qマウントだけではいろいろ心配なので、ここはひとつPENTAX K-1のサブとして使うとどうなのか? という視点で試してみたいと思います。

 ですから、メインカメラであるK-1には潔くDFA★50mmF1.4のみの一本勝負。それ以外のKマウントレンズは一切持っていきません。ワイド側や望遠側を使いたくなったときにはQマウントに任せることにしましょう。

 そこでどこへ行くか考えてみたのですが、真冬らしい良く冷えて晴れた休日、午後になってからという時間的な問題もあって、遠出するのは諦め近場で済ませることにしましょう。となると、東京スカイツリーか浅草か… やはりその辺ですよね。

IMGP2266.jpg
 これまでにも何度も訪れて写真も数え切れないくらい撮ったことがある場所ですが、まずは浅草寺を目指すことにしました。いまや外国からやってきた観光客で溢れる都内随一の人気観光地ですが、まだ1月中ですからお正月気分も少し残っているかも知れません。

続きを読む “PENTAX K-1とQ-S1/Q7を持ってお正月明けの浅草寺界隈をぶらぶら散歩する”

今さらPENTAX Qマウントレンズをコンプリートする:04 TOY LENS WIDE と 05 TOY LENS TELEPHOTOを手に入れる

 間もなくCP+ 2019の季節がやってきますが、昨年来のカメラ業界のトレンドはミラーレス一色となっており、今年もたくさんの新製品が登場するはずです。しかしそれもスマートフォン内蔵カメラの高性能化に脅かされる中で、センサーサイズは大型化する傾向にあり、今や35mmフルサイズセンサーを搭載する機種が主流となりつつあります。

 APS-Cサイズのセンサーは富士フイルムが孤軍奮闘し(もちろんキヤノンもソニーもありますが)、デジタルカメラのベストバランスを目指したはずのマイクロフォーサーズも、パナソニックがフルサイズへ注力するそぶりを見せたことで先行きに不安が残ります。1インチサイズのニコン1はすでに終了宣言が出され、小サイズセンサーのデジタルカメラ、特にレンズ交換式は絶滅しつつあるところです。

 小サイズセンサーのミラーレス一眼と言えば、PENTAX Qマウントはどうなったのでしょうか? もはや巷のカメラ店には流通していないにも関わらず、いまだメーカーから公式にはディスコン宣言が出されず、リコーイメージングのオンラインストアで細々と販売が続けられています。

 現行機種のQ-S1の発売は2014年のこと。最後レンズの08 WIDE ZOOMもやはり2014年の発売でした。その後09 MACROの試作品がCP+に出品されたりしましたが、結局発売には至らず音沙汰がないまま4年が経過しています。デジタルカメラが全体的に大型センサーへと向かっているトレンドをみても、今後Qマウントに新製品が投入されて続いていく理由はもはや見当たりません。

 そんな事実上終わっているQマウントシステムですが、私は初代Qを発売翌年に入手して以来、レンズを買い集めつつ細々と使ってきました。しかし2年ほど前の時点ですでにQマウントの終焉を予感し、その時手に入れたQ-S1はほとんどコレクション目的だったと言えます。そのままあまり使うこともなく、レンズ含め手放すこともなくいまだに動態保存状態を維持しています。

f:id:hisway306:20190114134528j:plain
 ということで、だいぶ前置きが長くなりましたが、そんな動態保存中の私のQマウントシステムの中で、2本のレンズが欠けていることが急に気になり始めました。調べてみるとまだ流通在庫はあるようですから、今のうちに手に入れてしまいましょう。はい、実用目的ではなくこれもコレクションです!

続きを読む “今さらPENTAX Qマウントレンズをコンプリートする:04 TOY LENS WIDE と 05 TOY LENS TELEPHOTOを手に入れる”

Qマウントはいよいよ終了するかもしれないと聞いてQ7を久しぶりに使ってみる

 K-1を手にしてからと言うもの、すっかりフルサイズ至上主義に転向しつつあるところなのですが、それとは真逆に位置する超小型レンズ交換式カメラのQ7を久しぶりに使ってみました。日頃持ち歩くカメラとしてはNikon 1にその座を譲りつつあるところですが、そもそもはPENTAX信者らしくコンパクトカメラ代わりの小型機もずっとQマウントを使ってきました。

DSC_3876.jpg
 初代QのLimited Silverは既に手放してしまいましたが、2代目のQ7はまだちゃんとあります。K-1と比べると撮像素子のサイズは面積比で1/20。でもこれでもしっかりとしたレンズ交換式のシステムカメラであり、ちゃんとした写真が撮れることはもちろん、撮影自体を愉しむことが出来ます。

続きを読む “Qマウントはいよいよ終了するかもしれないと聞いてQ7を久しぶりに使ってみる”

目黒雅叙園に「和のあかり×百段階段」を見に行く

 久々の三連休、初日は台風の影響が残っていてすっきりしない天気でした。なのでインドア活動が良いだろうと思い、少し前から気になっていた目黒雅叙園で開催されている「和のあかり×百段階段」を見に行ってきました。

K3II0040.jpg
 百段階段で行われる催し物としては珍しく、撮影自由(三脚およびフラッシュ撮影は禁止)となっています。むしろSNSへの投稿を推奨しているほど。ということで、カメラを担いで行ってきました。

続きを読む “目黒雅叙園に「和のあかり×百段階段」を見に行く”

ひたち海浜公園の青空へと続くネモフィラの丘を撮りに行く

 最近あちこちのブログや写真仲間のSNSページなどでよく見るようになったのが、一面真っ青なネモフィラの風景。ずっと以前からあったのかもしれませんが、私が知ったのは今年になってからです。場所は茨城県ひたちなか市の海沿い。東京からはちょうど良い日帰りドライブコースでもあります。

K3PS7686.jpg
 ということで、連休シーズンに入ったとはいえ、平日の5月1日ならいくらか空いてるだろうと思いたち車を走らせて出かけてきました。

続きを読む “ひたち海浜公園の青空へと続くネモフィラの丘を撮りに行く”

ようやく咲き始めた桜を探しに行く

 東京に桜の開花宣言が出てから初めての週末を迎えました。平日の間は寒い日が続いたせいもあって、開花はゆっくりと進行しているようです。なのでまだこの週末は満開までは達していないようですが、昨日あたりからは急に春の陽気になり、このまま一気に開花が加速しそうな気配。土曜日の今日は良く晴れたこともあって、少し早めのお花見にはちょうど良いかも?よいうことで、カメラを持ち自転車に乗って、近所の桜の開花状況を確認してきました。

K3PS6561.jpg
 上野公園などの都心方面では満開一歩手前まで開花が進んでいるようなニュースを見ましたが、東京東部ではまだこれからのところが多いようです。

続きを読む “ようやく咲き始めた桜を探しに行く”

東京ミチテラスで人混みに揉まれながら東京駅のライトアップを撮る

 開業から100周年を迎えた東京駅では最近ちょっとした事件が起きたりもしましたが、今週から新たに「東京ミチテラス」というイベントの一環として、開業時の大正時代をイメージしたという「メモリアルライトアップ」が行われています。東京駅は普段から夜になるとライトアップされていますが、期間限定の特別版ということなので、見に行ってきました。

IMGP4068.jpg
 東京駅前から皇居方面へ続く行幸通りは「ロマンの道」と題してこれまたライトアップが行われています。また行幸通りと直角に交わる丸の内仲通りでは、ずっと有楽町まで「丸の内イルミネーション」も行われており、とにかく光づくしなイベントです。

続きを読む “東京ミチテラスで人混みに揉まれながら東京駅のライトアップを撮る”

PENTAX用リモコン互換品を買ってみる

 さて、8月に入り夏も本番、全国各地で花火大会のシーズンです。花火となればやはりあれです、写真を撮りたくなりますよね。花火写真は難しいようでいて簡単、いや簡単なようでいて難しいわけですが、とりあえず必需品と言えば、露出が自由にコントロールできるカメラと三脚。そしてケーブルレリーズかもしくはリモコン、あとは勘とセンス(^^;ではないかと思います。

IMGP8703.jpg
 今年は花火大会に行けるかどうか未だ分からないのですが、備えあれば憂いなしと言うことで、昨年までの反省に立ってリモコンを準備することにしました。

続きを読む “PENTAX用リモコン互換品を買ってみる”

梅雨の晴れ間に快晴の下で咲く花菖蒲を愛でる

 梅雨入り後、大雨が続いていた東京地方はここ1週間くらいはぱったり雨が降らなくなりました。それどころか真夏かと思うような快晴で灼熱の日があったり。
 梅雨時に咲く花と言えば紫陽花を思い浮かべますが、花菖蒲もその代表格です。そういえばあまり見に行ったことがないし、写真も撮っていないなと思い、どこか花菖蒲が咲いているところはないかな?とネットで探してみたところ、東京近郊にはたくさんあることを発見。

K3PS6662.jpg
 中でも堀切菖蒲園は江戸時代から花菖蒲の名所として人気があったとか。なるほど、そんなに昔から日本人に親しまれていたのか!と知識を新たにして出かけてみました。行き先は堀切ではなくて小岩です。江戸川沿いに区営の小岩菖蒲園があり、ちょうどこの時期はお祭りをやっています。河川敷には大きな駐車場があって、車でも行きやすい場所です。

続きを読む “梅雨の晴れ間に快晴の下で咲く花菖蒲を愛でる”

SAYONARA国立競技場ファイナルイベントでブルーインパルスを見る

 国立競技場が2020年の東京オリンピックに向けて建て替えられることとなり、現行の国立競技場を偲ぶイベントが数々行われてきましたが、その最後として「SAYONARA国立競技場 FOR TEH FUTURE」と題して、本当に最後の最後となるファイナルイベントが5月31日に行われました。カテゴリーCの自由席はたったの1,500円。しかも当日券もあるという状況で、前夜に急に思い立ち、友人たちとLINEで相談の上、その場でチケットをとっていってみることにしました。

K3PS6238.jpg
 色々なプログラムが準備されていて、午後4時から夜の8時過ぎまで続くという長いイベントですが、私たちのの目当てはずばりブルーインパルスによる展示飛行です。東京上空をブルーインパルスが飛ぶなんて、滅多にあることではありません。

続きを読む “SAYONARA国立競技場ファイナルイベントでブルーインパルスを見る”