日本最後の清流に青空が映る! 高知の四万十川で沈下橋のある風景を巡る

 11月の中旬、ふと思い立って高知に2泊3日の旅に出かけてきました。坂本龍馬の銅像を見るとか、百名城スタンプを押すとか、高知へ行ってやりたいことの目当ては色々あったのですが、その中の一つが四万十川の沈下橋巡りです。

 日本三大清流の一つでもあり、さらには「日本最後の清流」と言えば四万十川を指すくらいに、その美しい川の風景は有名です。自然の織りなす風景だけではなくそこに沈下橋が合わさった独特の川の風景は是非この目で見て、写真に撮ってみたいと思っていました。

 宿泊した高知市街から四万十川まではおよそ100kmの距離があります。レンタカーを借りて早朝に高知を出発し、丸一日かけてのドライブとなりました。しかも、日頃の行いが良いのか、当日は雲一つない、風もほとんど無い最高の秋晴れとなりました。

 折しも全国的に紅葉の最盛期でもありましたが、四万十川流域の多くは気候のせいか植生のせいか分かりませんが、あまり紅葉する場所ではないようです。むしろ今の時期でも綺麗な青々とした里山が見られました。

IMGP1177-Pano-Edit-2.jpg
 クネクネと曲がりくねり、比較的流れが穏やかな場所では、川とは思えない凪いだ水面が水鏡となり、美しい青空が映り込む風景は本当に素晴らしいです。

続きを読む “日本最後の清流に青空が映る! 高知の四万十川で沈下橋のある風景を巡る”

真っ赤に紅葉したコキアの丘を見たくて国営ひたち海浜公園に再び行ってきた

 春先にネモフィラで真っ青になる、国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘」の風景はすっかり有名になりましたが、その同じ場所が秋にはコキアの紅葉で真っ赤に染まります。ちょうど一ヶ月ほど前にふと思い立って、紅葉する前の緑のコキアの風景を見に一度訪れたのですが、そうなるとどうしても赤く染まった風景も見たくなり、ちょうど紅葉が最盛期を迎えた先の週末に、再訪してきました。

 気候によって花や紅葉の季節は前後しますが、今年はほぼ例年通りだった彼岸花と同じく、コキアの紅葉もほぼ例年通り10月中旬となりました。週末はお天気も良く絶好の紅葉狩り日和。いわゆる黄色や赤に染まる典型的な紅葉の風景とはひと味もふた味も違いますが、たまにはこういうのも良いものです。他ではなかなか見られないですから!

IMGP0332.jpg
 ネモフィラの時期ほどではないようですが、真っ赤なコキアの丘の風景もそれなりに有名になり、最盛期でお天気の良い週末となれば大混雑が予想されます。またこの日は日中は晴れるものの、午後はにわか雨が予想されてることもあって、朝一の開園狙いで行ってきました。

続きを読む “真っ赤に紅葉したコキアの丘を見たくて国営ひたち海浜公園に再び行ってきた”

夕暮れの江川海岸で海上電柱列と夕日と富士山と工場夜景と星景写真を撮る

 昨夏に初めて訪れた千葉県木更津市の江川海岸を再訪してきました。ここは海に延びる電柱列が有名な撮影スポットなので、季節を問わずたくさんの人が訪れています。電柱列は東京湾に面して南東を向いているので、夕方から日の入り前後がベストな時間帯です。

 まったく同じ場所でも季節が違えば太陽の位置や気候などなど、見える風景は意外なくらいに変化しています。特に江川海岸は潮干狩りができるとあって、潮の満ち引きによっても大きく景色が変わります。前回撮影後にとある友人から「江川海岸に行くなら潮目を事前にチェックしろ」とのありがたいアドバイスを頂いていました。

 昨夏に訪れた時はほぼ満潮の時間帯で、風も強く海面はさざ波が立っていましたが、今回は逆に日没前後は引き潮とのこと。しかも穏やかな冬の晴天で風も強くありません。海面のリフレクションが撮りやすい条件が整いそうということで、前回とはまたひと味違った海上電柱列が撮れるのではないか?と思い、午後になってから車を走らせ出かけてきました。

 さらに江川海岸が有名ポイントとなっている理由は、電柱列の向こうに君津沿岸の工場夜景が広がっていることも大きいと思います。さらに電柱列とは方向が違いますが、晴れていれば東京湾を挟んで富士山もよく見えますし、さらに都心よりは星もたくさん見えるはず!

KONE7710-Edit.jpg
 ということで、夕暮れから日没後にかけての江川海岸は撮影対象に事欠きません。カメラ一台では足りない~!と嬉しい悲鳴を上げながら、いろんなものを撮って遊んできました。

続きを読む “夕暮れの江川海岸で海上電柱列と夕日と富士山と工場夜景と星景写真を撮る”

今年のお花見は夜桜三昧! 都内の桜ライトアップポイント三カ所を巡る

 4月に入って2回目の週末を迎えましたが、残念ながら東京の天気は最悪で雨に見舞われてしまいました。その前の平日の間も晴れた日もありましたが、全体的に今ひとつスッキリしない日が多くて、桜の季節ってこんなに天候不順だったかな?とちょっと残念なお花見シーズンになってしまいました。

 もちろん花曇りや雨の中でも桜は綺麗だし楽しみ方は色々あるかと思いますが… 綺麗な写真を撮ろうと思ったら空の影響をあまり受けない夜の方が良いかも? と思いつき、前回のエントリーで書いた六義園の大しだれ桜に続いて今年は結局夜桜巡りばかりをすることに。

KONE4465.jpg
 都内にはライトアップされた夜桜ポイントが幾つもあります。千鳥ヶ淵とか目黒川とか有名なところはもちろん、それ以外にも地元の人達しか知らないような渋いポイントもあります。

 ちょうどソメイヨシノが見頃を迎えたこの一週間の間に巡った夜桜ポイントを3カ所紹介しておきたいと思います。

続きを読む “今年のお花見は夜桜三昧! 都内の桜ライトアップポイント三カ所を巡る”

東京の桜開花宣言は早すぎる? 雨の中近所の桜の様子を見に行ってきた

 先週の3月21日火曜日に東京で桜の開花宣言が出されました。ソメイヨシノが咲かない沖縄を除いて全国で一番早い開花宣言となりました。というか、花粉が飛んでるにしても体感的にはまだ冬で、いくら何でも早すぎるだろ!と思うのですが、実際咲いてるようなので仕方がありません。

 普通に考えると、梅雨入りや梅雨明けのように、九州南部など気候的に温暖なところから開花が始まって、次第に北東へ順番に進んできても良さそうなものですが、なぜか桜の開花に関しては今年に限らず、東京は例年かなり早い時期に開花宣言が出ています。

 となると、東京の標準木である靖国神社のソメイヨシノの木が早咲きすぎて、あまり実態を反映していないような気がします。まぁ、桜の開花宣言なんて気分的なものというか、単なる儀式なのかも知れませんが。

KONE4062.jpg
 開花宣言はともかく、ボチボチSNSのタイムラインなどでも桜の写真を見かけるようになってきました。近所の桜はどんな状況だろう?と気になって、雨の中ですがカメラを持って偵察に行ってみることにしました。

続きを読む “東京の桜開花宣言は早すぎる? 雨の中近所の桜の様子を見に行ってきた”

真冬なのに菜の花とチューリップ! 気の早い春を探して吾妻山公園と江ノ島を散歩する

 1月も中旬を過ぎて真冬も本番。北国では大雪が降り、東京でも連日気温が10℃届かない日が続いています。綺麗な青空は広がっているものの、木々の葉は落ちて緑や草花の彩りは乏しい季節。雪でも降ればなぁ… と、写真を趣味にしている一人としては勝手なことを思っていますが、なかなかそうも行きません。

 と思っていたら、なんとも気の早いことに、春を告げる菜の花がもう咲いてるところがあると言うではないですか。場所も遠く南国かと思えば神奈川県の相模湾沿い。これはちょうど良い日帰り遠足コースだな、ということで出かけてみることにしました。

KONE0027.jpg
 雨が上がったばかりで、より一層空気が澄んだ土曜日。強い北風が吹いて特に寒い日でした。相模湾沿岸と言えば富士山も綺麗に見えるはず!

続きを読む “真冬なのに菜の花とチューリップ! 気の早い春を探して吾妻山公園と江ノ島を散歩する”

12月に入ってもまだ見頃!六義園で今度こそ本当に今年最後の紅葉狩りを楽しむ

 先日清澄庭園を散歩しながら、今年の紅葉はこれで見納め!みたいなことを書きましたが、江東区周辺はどうやら都内でも紅葉が早いほうだったらしく、あれから一週間経ってもまだまだSNSのタイムラインには、都内で撮った見事な紅葉の写真が流れてきました。どこにこんなところあるの?と思えば、枝垂れ桜や紅葉ライトアップで有名な六義園とのこと。色々調べると、12月になってから最盛期を迎え、先の週末でちょうど散り始めたところのようです。

 週明け月曜日は色々あって、自由になる時間が昼間に取れそうだったので、カバンにカメラを忍ばせてお出かけ。さっさと用事を済ませお昼ごろに六義園へ向かいました。夜のライトアップ(12/7で終了しました)は、入園するのも大変なほど混むそうですが、平日の昼間はさすがにガラガラです。

KONE7965.jpg
 ライトアップは幻想的で綺麗でしょうが、やはり自然は青空の下が一番に違いありません。散っていたらそれはそれで落ち葉の絨毯でも撮ってやろうと思ってましたが、良い意味でそんな予想は裏切られ、ポカーンと口をあけて上ばかり見上げていることとなりました。

続きを読む “12月に入ってもまだ見頃!六義園で今度こそ本当に今年最後の紅葉狩りを楽しむ”

美しい紅葉を求めて磐梯猪苗代まで行く日帰りドライブ

 今年は変な気候続きで夏から一気に冬になってしまったかのような11月を迎えていますが、紅葉の季節も平年通りなのかなんだかよく分からない状態。もう少しすれば都内でも紅葉はそれなりに楽しめるはずですが、やはりどこか山の方に出かけてみたいなということで、急に思い立って休日に挟まれた金曜日、仕事を休んで日帰りドライブに出かけてきました。東京から行くとすれば長野か山梨か群馬か栃木か… と色々調べたところ、どうやら磐梯山周辺が良い感じだと言うことで、ちょっと遠いですが東北道を一路北へ向かいます。

 東京から250kmほどありますが、冬の時期はスキーで日帰りすることもある地域なので、時間の目処も含めて勝手知ったる道中。雪景色以外の磐梯猪苗代は初めてかもしれません。さて、どんな景色が広がっているでしょうか? 自然相手ですから天候も含めて外れたらそのときはそのとき。と言うことで久しぶりに長距離のドライブです。

KONE7426.jpg
 とりあえず4カ所ほど紅葉が美しそうな名所をピックアップ。一日で回りきれるかどうか分かりませんが、何とかなるだろうという当てずっぽうの旅は気楽で楽しいです。

続きを読む “美しい紅葉を求めて磐梯猪苗代まで行く日帰りドライブ”

春に続いて旧古河庭園へ秋のバラフェスティバルを撮りに行く

 旧古河庭園で秋のバラフェスティバルが行われているというニュースを聞いたのは2週間ほど前のこと。たしか今年の5月にも旧古河庭園へバラを撮りに行ったよなぁ、と思い出したのですが、そこでバラって春だけじゃなくて秋にも咲くものなのか?と疑問に思ってしまいました。うん、どうやらそういうものらしいです。品種によって違うのかと思えば、年中咲くやつもあるとか。

 春は始めて旧古河庭園を訪れたのですが、思ったよりも撮影を楽しめた記憶があります。バラを真面目に撮ったのも初めてで色々と反省点もあるので、もう一度挑戦する意味も込めて出かけてみることにしました。

KONE6605.jpg
 秋らしい青空が広がった週末、前回はライトアップ狙いでしたが、今回は真昼の青空と太陽の下で咲くバラを狙ってみたいと思います。

続きを読む “春に続いて旧古河庭園へ秋のバラフェスティバルを撮りに行く”

ピット&コースウォークでドライバー達に出会う:F1 2016 日本GP 観戦記(その1)

 今年もF1日本GPを見に行ってきました。毎年鈴鹿サーキットへ通うようになって8年目。現地観戦は通算11回目です。ここ2年ほどは日本GPの開催時期が早まる傾向があって、昨年はとうとう第14戦目で9月末という日程でしたが、今年はレーススケジュールが大幅に見直され、第17戦目で体育の日がからむ連休中に戻ってきました。晴れの可能性が高く、気温的にもすごしやすくて、やはりこの時期のほうが良いです。

 さて、昨年に引き続き今年も木曜日から現地入りしました。実際に走行が始まるのは金曜日からですが、木曜日から日本GPは開幕しており各種イベント等が始まっています。初日はまずピットウォークと東コースウォークが行われ、一般人にとってF1のピットを間近に見られるチャンスはこの日しかありません。

KONE9597.jpg
 前戦が行われたマレーシアから空輸されてきたマシンをはじめとした機材が各チームのピットに設置され、翌日からの走行に備えてすでにピット内は準備が慌ただしく始まっていました。

 ということで、これからしばらく日本GPレポートが続きます。多分(その4)まで行く予定です。

続きを読む “ピット&コースウォークでドライバー達に出会う:F1 2016 日本GP 観戦記(その1)”