平成最後の桜見物&撮影は地元の隠れた名所を散歩する:仙台堀川公園〜木場公園〜大横川〜品川

 東京の桜(ソメイヨシノ)は3月中旬に開花を迎えたあと、下旬にかけて寒気が入ってきて数日の間は気温が真冬に戻ってしまったこともあって、比較的花が長持ちしたシーズンだったのではないかと思います。桜が咲いてるとなるとカメラを向けたくなるのは、写真を趣味としている人に限らないようで、今の時代はあらゆる人がカメラを持っているためか、SNSには美しい写桜の真が溢れかえるようになりました。なのでそろそろ「もう桜はお腹いっぱい」と思えてきた人も多いのではないかと思います(これからシーズンを迎える北国の人達にはスミマセン)。

 さて私も写真を趣味とする人間の一人として、例年は六義園とか千鳥ヶ淵とか、都内の桜の名所にカメラを持って出かけていたのですが、今年は何となくやる気が起きず、グズグズしているうちに4月に入ってしまいました。とは言えお花見をしなかったわけではなく、先々週と先週に渡って、週末は近所の桜の名所を巡ってきました。

 桜というかソメイヨシノは都内でも意外なくらいにあちこちにあって、わざわざ名所と言われるようなところまで出かけていかなくても、すごい絶景とかを求めなければ花そのものを楽しむことは出来ます。私の生活圏内、とくに東京都江東区内にも地元民だけが訪れるプチ名所がいくつかあります。

IMGP3875.jpg
 特にどうってことない写真ばかりですが、せっかく撮ったので記録として何枚か厳選してまとめておこうと思います。なので、今年の桜エントリーはこれが最初で最後(の予定)です。

続きを読む “平成最後の桜見物&撮影は地元の隠れた名所を散歩する:仙台堀川公園〜木場公園〜大横川〜品川”

もうすぐ見頃を迎える亀戸天神の梅とようやく咲き始めた大横川の河津桜を撮りに行く

 梅や桜と言えば、それこそ写真を趣味にする人々の多くが、飽きずにカメラを毎年向ける被写体なわけですが、もちろん私もその一人。そして毎年同じような、どこかで見たことのある凡庸な写真を撮ってしまいます。いや下手したら3年前の方が上手く撮れたんじゃないか?みたいなこともあったりして。

 でも良いんです、そうやって進歩はなくても気楽に「撮る」という作業自体を楽しめるのは、アマチュアというか趣味の特権ですから。

 …えーっと、なんか変な話で始めてしまいましたが、個人的にはまだまだ冬が続いて欲しいと思う中、しかし今年も暖冬傾向らしく、梅や河津桜の見頃は例年よりも少し早まっているようです。咲き始めてしまったのなら仕方がないということで、春らしい花を撮りに散歩に出かけてみました。

 梅も桜も地元にいくつか知る人ぞ知るな隠れた名所があるのですが、梅については梅まつり開催中の亀戸天神へ、河津桜は木場公園近くの大横川沿いという、超近場に行ってきました。どちらも過去に何度も何度も訪れたことのある場所です。

 ソメイヨシノもそうですが、毎年見頃の見極めと天気と週末がうまく重なるかどうかがなかなか難しいところ。先週2月23日と24日の時点で、亀戸天神の梅は見頃のちょっと手前、大横川の河津桜は全体的に見てまだ一分咲きと言った感じでした。梅はもう終盤戦ですが、河津桜はこれから。見頃が比較的長い桜ですから、このままソメイヨシノが咲き始める頃まで楽しめそうです。

IMGP2859.jpg
 さて、桜や梅目当てに集まってくるのはカメラを持った人達だけではありません。春の気配に誘われてメジロをはじめとした小鳥たちもやってきます。そんな小鳥と梅や桜の取り合わせを撮るのも目当てのひとつですが、これもある意味「動体撮影」と言えるわけで、しかも不規則に予測不能な動きをするので、撮影はなかなか難しいです。もちろん、だからこそ楽しいわけですけど。

続きを読む “もうすぐ見頃を迎える亀戸天神の梅とようやく咲き始めた大横川の河津桜を撮りに行く”

予告も予想もされていなかった隠れスターレンズ FA35mmF2 突然のHD化リニューアル

 約3週間ほど前のこと、ニセコでスキーを楽しんでるときにリコーイメージングから新レンズ発表のニュースが舞い込んできました。しかも今回は2本あるらしいとか。となると、昨年夏から発売延期されたままになっているDA★11-18mmF2.8がようやく発売されることになったとか、あるいはCP+にDFA★85mmF1.4のモックでも展示されるのか? と、あまり期待せずにiPhoneの小さな画面でリリースを読んでみると… 果たしてDA★11-18mmF2.8発売決定については予想通りだったものの、もう一つは思いもしないレンズが発表されていました。

 それが “HD PENTAX FA35mmF2″です。なに? そんなレンズの予定はロードマップにあったっけ? しかも”DFA”でも”DA”でもなくて”FA”なのか? 何かの間違いじゃ… と思ってよく見てみると、なんとこれはフィルム時代に発売されたまま、なぜかディスコンされずにずっと販売が続けられていた”smc PENTAX FA35mmF2AL”のリニューアル版のようです。主な変更点はコーティングがsmcから最新のHDコーティングになったことで、さらに外観も今風のデザインに手が加えられています。

 しかし絞りリングは相変わらずあるし、AF駆動もボディ内モーターを使うみたいだし、クイックシフトフォーカスも搭載されず、AWはおろかWRですらありません。その一方で、フィルム時代のレンズらしく、シンプルな光学系はそのままで、今時のフルサイズ用レンズでは考えられない軽量コンパクトさもそのままです。単焦点レンズでも(だからこそ?)10万や20万を超える値段があたりまえの時代にあって、お値段もほぼ据え置き。実売で5万円を遙かに下回ります。

f:id:hisway306:20190223145546j:plain
 予想も期待もしていなかった中でいきなり登場した意外さと、FAのままリニューアルされたという成り立ちの特殊さに興味を持ち、これはちょっと使ってみなくては!と思ってしまいました。

続きを読む “予告も予想もされていなかった隠れスターレンズ FA35mmF2 突然のHD化リニューアル”