RICOH GR IIIのブルーリングに合わせてピークデザインのリストストラップCuffを新調する

 RICOH GR III用のストラップを買いました。初回出荷6000台限定のブルーリングに合わせて、ピークデザインの限定ブルーアンカーを取り付けたところまでは「買ったよ」報告エントリーで紹介しましたが、そのブルーアンカーに取り付けるリストストラップは、ずっと前に手に入れて色んな小型カメラで使い回してきた旧型のCuffをとりあえず付けておきました。

 機能面ではこれで全く問題ないわけですが、何か違うなと違和感を感じていたのは、旧CuffのPeak Designロゴにアクセントカラーとして赤が使われていたことです。うむ、ピークデザインのコーポレートカラーというか、標準的な赤いアンカーに合わせてあるのであれば仕方ないのですが、特別仕様の青いアンカーとはちょっと合いません。

 と思っていたら、現行品Cuffではブラックはやはり赤ステッチが施されているのですが、なんとアッシュはブルーのステッチになっているではないですか! これはブルーのアンカーのためにあるとしか思えないし、さらにはGR IIIのブルーリングのためと言っても過言ではないはず(※個人の意見です(A^^;; )

IMGP3638-Edit.jpg
 ということで、さっそく手に入れてみることにしました。これでGR III本体のブルーリング、ピークデザインのブルーのアンカー、そしてブルーステッチの入ったCuffと、ブルーのアクセントで統一されました。こうやってドレスアップ(と言うほどではないですけど)にこだわりたくなるのもGRというカメラの不思議なところです。

続きを読む “RICOH GR IIIのブルーリングに合わせてピークデザインのリストストラップCuffを新調する”

Peak Designの青いアンカーが超格好イイ!:銀一60周年記念アンカーリンクス LIMITED COLORを手に入れる

 ピークデザインと言えば、2010年にクラウド・ファンディングで資金を集めて起業した、カリフォルニアの小さなベンチャー企業でしたが、カメラクリップに始まり、ストラップやバッグなど、写真を撮る人の立場になって細かいところまでこだわり抜いた独自のアイディアとデザインが受け、今や日本でも写真撮影用品のブランドとして、認知度も上がり人気が出てきていました。かくいう私もちょうど2年前からストラップを使い始めて以来、すっかりその使い心地に魅了され、それまで続けてきた理想のストラップを探す旅は終了することができました。

 さて、そんなピークデザインの製品は大手カメラ量販店やAmazonなどなど、どこでも買うことが出来るようになっていますが、日本国内の総代理店は「銀一」となっています。ことしになってから発生した第3世代アンカーのリコール受付も、日本向けは銀一が窓口になっていました。

 その銀一が今年創業60周年を迎える記念して、なんとPeak Designとコラボしてアンカーリンクスのキットに特別仕様版を用意し、日本国内のみ限定販売されることになりました。

f:id:hisway306:20181101223222j:plain
 「特別仕様」で何が変わったかと言えばアンカーの色です。通常品は第一世代から一貫して赤縁取りがされていたのですが、銀一60周年記念モデルは青くなっています。なにこれカッコイイ!

続きを読む “Peak Designの青いアンカーが超格好イイ!:銀一60周年記念アンカーリンクス LIMITED COLORを手に入れる”

Peak Designの無償アップデートに申し込んでいたV4アンカーが届いたのでさっそく交換してみる

 約1ヶ月前のニュースになりますが、Peak Designが突然アンカーを新モデルのV4へアップデートすることを発表しました。昨年夏に第3世代のV3にモデルチェンジしたばかりで、1年足らずでのアップデートは早すぎるばかりか、アンカー以外にストラップやキャプチャーなどの本体に変更はないという変則的な内容となっていました。

 と言うのも、どうやらV3のアンカーに一部のカメラとの相性問題があったと言うことで、言ってみれば「リコール改修」的な位置づけの、緊急措置としてモデルチェンジすることになったようです。しかもただ単に新モデルを発売したのではなく、なんとV3アンカーを使っているユーザーに対して、全てのアンカーを無償でV4アンカーに交換するというプログラムまで発表されました。

 私は昨年Kick Starter経由で出資してSLIDE V3を入手したこともあり、Peak Designから直接英文のメールが届いたので、そのまま内容に従って交換の申し込みをしてみました。申し込み内容は住所と名前の記入に加えて持っているV3アンカーの数を記入するだけ。本人確認もV3アンカーを先に返送しろとも言われず、あっさりと「準備でき次第V4アンカーを指定の住所に送るね!」というメッセージが返ってきただけで申し込みは完了してしまいました。

 いや、アンカーはモノとしては小さなものですが、Peak Designは有名になってきたとは言えまだベンチャーと言っていい規模の会社ですから、こんな世界規模の製品無償交換に耐えられるのか?と半信半疑でした。

KONE2957
 でも6月下旬になって、香港から郵便で本当に送られてきました。ということで、新しいV4アンカーはV3アンカーとどう違うのか、さっそく確認してみましょう。

続きを読む “Peak Designの無償アップデートに申し込んでいたV4アンカーが届いたのでさっそく交換してみる”

第3世代に進化したPeak Designのカメラストラップ「SLIDE」最新モデルをKickstarterで先行入手する

 ちょうど1年前に初めて手にしたPeak Designのカメラストラップ「SLIDE」をこの1年間愛用してきました。あまりにも使い心地が良すぎてすっかりPeak Designファンになり、その後サブカメラ用にハンドストラップの「CUFF」と、一足先に第3世代に進化した細身のストラップ「LEASH」も買ってしまい、手持ちのカメラ全てにPeak Designのアンカーを付け使い回せるようにしています。

 そのPeak Designが今年10月にKickstarterでクラウドファウンディングを行い、新型の「SLIDE」「SLIDE LITE」そして「CAPTURE」の開発が発表されました。調達金額目標は10万ドルに設定されていましたが、あっという間にその10倍以上の資金が集まるというほどの人気ぶり。

 Peak Designはわりと新しいベンチャー企業ではありますが、近年ストラップのみならずバッグなどでも大人気のブランドなので、実際にはこのクラウドファウンディングは、開発あるいは生産のための資金調達と言うよりは、先行予約販売的な意味合いが強かったのだろうと思います。

f:id:hisway306:20171209134202j:plain
 大のお気に入りである「SLIDE」が第3世代に進化するとなれば願ってもないところ。Peak Designを応援するという意味も込めて、すぐにクラウドファウンディングに参加してしまいました。

続きを読む “第3世代に進化したPeak Designのカメラストラップ「SLIDE」最新モデルをKickstarterで先行入手する”

Peak Designの新しくなったアンカーAN-3と細身のストラップLEASHを試してみる

 昨年末よりPeak Designのストラップを愛用しています。PENTAX K-1にはSLIDEを、PENTAX Q-S1にはCUFFを付けています。それ以外にPENTAX K-3 IIやNikon 1 J5も含めて、各ボディにアンカーさえ付けていおけば、それぞれのストラップの付け外しは自由で使い回しが可能だし、特にSLIDEは斜めがけストラップとしての機能性は抜群で、とても気に入っています。

 私が使っているSLIDEとCUFFは第2世代のアンカーAN-2が付属していましたが、先月にそのアンカーが第3世代へと進化し、同時にLEASHやCUFFなどの小型カメラ用のストラップもモデルチェンジしました。今のところSLIDEとSLIDE LITEは従来のままのようです。

f:id:hisway306:20170903183120j:plain:w800
 とはいえ、アンカーとアンカーリンク部には互換性が保たれているので、新旧アンカーと新旧ストラップ部は、それぞれ相互に取り付けが可能です。

 ですので、システムの拡充という意味も込めて、以前から気になっていたLEASHの新型を追加で購入してみました。

続きを読む “Peak Designの新しくなったアンカーAN-3と細身のストラップLEASHを試してみる”

PENTAX Q-S1とNikon 1 J5にPeak DesignのリストストラップCUFFを付けてみる

 昨年末にK-1用にPeak Design製のスリングストラップSLIDEを購入し使用していますが、もはや一眼レフ用のストラップはこれしかない!と言うくらいに気に入っています。Peak Design製のストラップはSLIDE以外にもいくつか種類があるのですが、いずれも共通のアンカーを前提とした構造で、まるでレンズを交換するように、時と場合に応じてストラップも交換できるというデタッチャブル・システムとなっているところが特徴です。

 なので、アンカーとプレートを別途用意すればSLIDEはK-3IIでも使用できます。一眼レフを2台(K-1とK-3II)とも持ち出すことは滅多にないので、SLIDEは今のところ1本だけで使い回しています。そのうち予備も兼ねてSLIDEをもう一本買おうかと思ってるところ。

 さて、それ以外のカメラはと言うと、私が持っていて常用しているのはPENTAX Q-S1またはNikon 1 J5と言った超小型機です。これにSLIDEはさすがに大げさすぎるし、せっかくの超小型カメラの使い勝手が悪くなってしまいます。

K3II5121.jpg
 そこで調べてみたら、Peak Designにもリストストラップがラインナップされていました。K-1やK-3IIとの共用はともかく、Q-S1とJ5の間で共用できるなら便利かも?ということで、そのPeak Design製リストストラップを買ってみることにしました。

続きを読む “PENTAX Q-S1とNikon 1 J5にPeak DesignのリストストラップCUFFを付けてみる”

Peak Design のカメラストラップ「SLIDE」をPENTAX K-1で使ってみる

 みなさん、ストラップはどんなものを使っていますか? 人気の撮影スポットなどに行った時、周囲で自分同様にカメラを持った人を見ると、さりげなくどんなカメラやレンズを使ってるか確認すると同時に、こっそりとストラップをチェックしてたりします。ストラップなんて何だって良いんだよ!とばかりに、標準添付のメーカーロゴ入りストラップを使ってる人は多いし、そうではなくてサードパーティ製を使ってる人もいます。そしてごくたまに見かけるのはストラップ無し。そう、ストラップなんか要らない、という考え方もあるんですよね。

 私は何となくメーカー標準品を使うのも嫌で、ストラップレスで使うほど割り切れず、なにか良いサードパティ品はないかな?といつも探して、たまに買ってみてはあれこれ付け替えています。好みとしてはシンプルで柔らかくて細身で、ボディに当たってもカチカチ言わず、たすき掛けできるくらい長いやつが好きなのですが、なかなか「これこそが探してたやつだ!」と言えるほど、しっくりくるものに出会えていません。

DSC_4795.jpg
 そんな中、ネットをウロウロしているうちに見つけたのがPeak Design製の「SLIDE」というストラップです。上に書いた私の好みとはかけ離れているのですが、どうにも気になって仕方がありません。ならば実際に試してみるしかない、ということで買ってみることにしました。

続きを読む “Peak Design のカメラストラップ「SLIDE」をPENTAX K-1で使ってみる”