メーカー純正「Image Sync」に代わるPENTAX機のためのもう一つのWi-Fi転送ソフト「PK読み込み」を試す

f:id:hisway306:20181123221039j:plain:left:w240 PENTAX K-1/K-1 IIをはじめリコーイメージング製のデジタルカメラ用Wi-Fi接続アプリとして、今年メジャーバージョンアップを果たした Image Sync 2.0 は、依然としてなかなか微妙な出来映えであるというエントリーを先日書きましたが、それに関してTwitterでとても良い情報をいろいろ教えてもらいました。

 そんな中で特に興味を引いたのは「ペンタックス機で使えるWi-Fi接続アプリは Image Sync だけではない」と言うものです。なんと「PK読み込み」というなかなかストレートな名前が付けられた非純正のサードパーティ製アプリがあるとのこと。いやいや、なんで今まで誰も教えてくれなかったの?と、自分のアンテナの低さをまたもや実感させられました。

 それはともかく、このアプリは撮影済みデータの転送に特化した非常にシンプルなものだそうですが、私がやりたいのは正に撮影済み画像の転送であって、リモート撮影などはどうでも良いわけで、むしろ使用用途に特化したアプリというのは大歓迎です。

PK読み込み

PK読み込み

  • YUN YOUNG LEE
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 ただしこの PK読み込み にはiOS版のみでAndroid版はありません。しかしAndroid用にはこれと似たようなサードパーティ製アプリがGoogle Playストアでリリースされているようです。私はiOS端末しか持っていないので、この「PK読み込み」を試してみることにしました。ありがたいことに無料となっています。

 で、結論を最初に書いておきますが、これはまさに私が欲しかったアプリそのものです。操作も分かりやすく、動作も軽く、一覧の読み込みも速いし何しろ安定しています。撮影済みデータの転送用途としては、素晴らしい完成度だと思います。iOS端末を使われているなら、是非Image Syncに代えてこちらを使われることを強くお勧めしたいです。

続きを読む “メーカー純正「Image Sync」に代わるPENTAX機のためのもう一つのWi-Fi転送ソフト「PK読み込み」を試す”

PENTAXカメラ用のWi-Fi連携ソフト Image Sync はバージョン2.0になってどのくらい改善されたのか?

 今時のデジタルカメラはWi-FiやBluetoothと言った無線通信機能を搭載し、撮影済み画像をそのままスマートフォンやタブレットに送信できることが当たり前というか、なくてはならない必須機能になっています。それはコンパクトカメラでも最新のミラーレス一眼でも一眼レフでも同じで、当然ながらPENTAXブランドのカメラも、現行機種は全てWi-Fi接続機能を搭載しています。ということで、めでたしめでたし…

 …と言いたいところですが、実際にそのWi-Fi接続機能がちゃんと使えるかどうかは、カメラ側だけでなくスマートフォン/タブレット側のアプリの出来に大きくかかっています。アプリが使いづらいとまったく役に立たないのがカメラのWi-Fi接続機能であり、そうなるとカメラ自体の評判も落とすことになりかねません。

 そして、PENTAX機用のImage Syncは、これまでなかなかに評判の悪いアプリで「こんなもの使い物にならん!」という低評価があちこちから聞こえてくる状態でした。そんなImage Syncは、今年のCP+で今年春のリニューアル予定がアナウンスされ、実際には大幅に遅れて8月末にAndroid版が、9月末にはiOS版が新しくなってリリースされました。

f:id:hisway306:20181020100448j:plain
 アプリ名は「Image Sync」のままですが、バージョンがV2.0になりました。UIも一新された新Image Syncで、ようやくK-1/K-1 IIのWi-Fi機能をまともに使えるようになったのでしょうか?

続きを読む “PENTAXカメラ用のWi-Fi連携ソフト Image Sync はバージョン2.0になってどのくらい改善されたのか?”

SONY MUC-M2BT1 を使って Ultimate Ears UE900 をBluetoothイヤホン化する

 沼と言えばレンズ沼が有名ですが、私は目下のところイヤホン沼にはまりつつあります。イヤホンもピンからキリまで色々ありますし、音質はもちろん装着感などなど、使ってみないと分からない部分が多く、ひとたびこの沼にはまると、あーでもないこーでもない…と色々と買い換えてしまうと言うことが起こりえます。

 通常は音質にこだわる高級イヤホンで起こりやすい現象ですが、私は今のところ理想のBluetoothイヤホンを求めてさまよっている状況です。iPhoneはイヤホンジャックが廃止されてしまい、イヤホンの選択肢がぐっと狭くなりました。こういうApple式の独善は本当に勘弁してもらいたいです。

 と、Apple様に文句を言っても仕方ないので、昨年中は2つBluetoothイヤホンを買ってみたのですが、どちらもなんとなくしっくりこなくなってしまい、今回さらにもう一つ新たに買ってしまいました。

f:id:hisway306:20180214204724j:plain:w800
 これで納得できれば良いのですけどね…。とりあえず3つめのBluetoothイヤホンを買うに至った顛末を書き留めておこうと思います。

続きを読む “SONY MUC-M2BT1 を使って Ultimate Ears UE900 をBluetoothイヤホン化する”

新しいiPhoneには新しいイヤフォンを! Plantronic BackBeat Go 3を使ってみる

 iPhone Xに合わせてイヤフォンを新しく新調しました。私にとってiPhoneは携帯電話と言うよりも、iPodの延長線上にある音楽再生機として日々の生活に欠かせないガジェットです。

 「新しい酒は新しい革袋に盛れ」的な意味で「新しいiPhoneは新しいケースに入れる」のは至極当たり前として、それに加えてさらに「新しいiPhoneには新しいイヤフォンを使え」というのを提唱したいところです。ただ単に気分的な問題として(A^^;

 とか言いつつ、実はこれまで使ってきたBeats Xがあまり気に入ってないというのが一番大きな理由かも知れません。これは今年の6月にiPhone自体の更新に先駆けて買ってみた初めてのBluetoothイヤフォンだったのですが、どうもしっくり来ていませんでした。なので、ここはやはり新調するしかありません。

 選定条件としては、首掛け式のインナーイヤータイプで、軽量コンパクトで装着感が良く、音質的にはスカスカでもドンシャリでもないバランスの良い疲れない鳴り方をして、お値段はそんなに高くも安すぎもせず、口コミが豊富でそれなりに史上実績があるBluetoothイヤフォン… と言ったところです。

f:id:hisway306:20171118183410j:plain
 音質というのは聞いてみないとわからないし、好みとか思い込みとかプラセボとかあるので、あまり他人の意見というか、口コミを真に受けないようにしなくてはなりません。

 結局WEBを彷徨ってピンとくる製品を探していたら、Plantronic製のBackBeats Go 3という製品に行き当たりました。インターネットバンザイ!

続きを読む “新しいiPhoneには新しいイヤフォンを! Plantronic BackBeat Go 3を使ってみる”

2年に1回の定期更新:iPhone 6s PlusからiPhone Xへの機種変更の顛末とファーストインプレッション

 タイトルの通りなのですが、今年は2年に1回の携帯電話の更新年です。いえ、別にそうしないといけないわけではないのですが、やはり最新の電子機器というかガジェットであるスマートフォンは、新しいものを使いたいと思う程度にはデジタル世代の現代人でネット依存症である一方、毎年買い換えるほどのヘビーユーザーでもないので、2年ごとに訪れるキャリアの契約更新と同じタイミングで買い換えるようにしています。ちなみに私はニワカApple信者なので、パソコンといえばMac、スマートホンといえばiPhoneと最初から決まっています。

 ということで、2017年の秋はiPhone新製品といえば、正常進化版のiPhone8/8 Plusだけでなく、iPhone発売10周年記念モデルともいわれている iPhone X の発売が話題となりました。従来の操作系をガラッと変え、新しい認証システムとしてFace IDを採用し、画面も液晶から有機ELパネルに進化したiPhone10年の歴史の中のハイエンド機です。

 スマートホンで特別なことをやるわけでもないので、実用性でいえばiPhone 8 Plusで十分すぎるのですが、やはりせっかく新たに買うなら一番イイヤツ!ということで、これから2年使う新スマートホンはiPhone Xにしました。

K3II4113.jpg
 新しいiPhoneは毎回人気でしばらく手に入らないのが常ですが、iPhone Xはそもそも供給量も少ないと言うことで、壮絶な争奪戦になると予測されていました。私は何が何でも発売日に手に入れたい!というほどのモチベーションはなかったので、今年中に手に入れば良いくらいの気持ちで、ノンビリ予約したのですが、思ったより早く手に入れることが出来ました。

続きを読む “2年に1回の定期更新:iPhone 6s PlusからiPhone Xへの機種変更の顛末とファーストインプレッション”

iPhoneに最適化されたBluetoothイヤホン BeatsX を使ってみる

 昨年発売されたiPhone7はとうとうイヤホンジャックがなくなってしまいました。HDDを搭載していたクラシックiPod時代から使い続けている私にとっては、iPhoneの主要機能の一つはいまだに携帯音楽プレーヤーだと思って使っています。なのにイヤホンジャックが廃止されてしまったというのは、時代の流れを感じてしまいますし、良くも悪くもユーザーの声など聞かないAppleの独善的な部分が顔を出したようでもあります。

 と言っても、私はまだ1世代前のiPhone 6S Plusを使っているので、現時点ですぐにイヤホンをどうするか?という問題に直面しているわけではありません。しかし、サイクルから言って今年の後半には更新時期がやってくるわけで(無理に変える必要はないと言うのはさておき)、今年出るのがiPhone7SなのかiPhone8なのか分かりませんが、今年の新モデルも当然イヤホンジャックは付いていないはず。アダプターを使うという回避策には多分納得出来ないだろうと思います。

KONE6605.jpg
 なので、その時になってあれこれ慌てることないように、あらかじめイヤホンのワイヤレス化を済ませてしまうことにしました。

続きを読む “iPhoneに最適化されたBluetoothイヤホン BeatsX を使ってみる”

Lightroom mobileがアップデートしてiPhoneでマニュアル撮影が出来るようになったので試してみる

 先日、iOS用のLightroom mobileがバージョン2.6にアップデートしました。今回の目玉機能はカメラモードに追加されたマニュアル撮影機能です。Android版では一足先にサポートされていたそうですが、iOS版もようやく追い付きました。前回のバージョン2.5で追加されていたDNG形式のRAW記録と併せて、これでiPhone内蔵のカメラを自由自在に操れることになります。

 Lightroom mobileはデスクトップ版Lightroom CCと組み合わせて使うための、写真管理および現像用のアプリであり、カメラ機能はおまけかと思っていましたが、標準カメラアプリはもちろん、他のカメラアプリにもなかなかない、フルマニュアル&RAW記録可能なカメラアプリとして、なかなか魅力的になってきました。ダウンロードは無料ですので、カメラ機能だけ使うなら、デスクトップ版のLightroomを持っていなくても問題ありません。

DSC_4823.jpg
 早速ですが、どんな使用感でどんな仕上がりが得られるのか試してみることにしました。

続きを読む “Lightroom mobileがアップデートしてiPhoneでマニュアル撮影が出来るようになったので試してみる”

iOS10にアップデートしたiPhone 6s PlusのカメラでRAW記録を試してみる

 先日iPhone7シリーズが発売されましたが、私は昨年にiPhone6s Plusに機種変更しているので今年は機種変スルーの年。なので悩んだり心配したりヤキモキすることなく、平穏な9月を過ごすことができました。
 それはさておき、新しいiPhoneの発売とともにiOSも一新される事が恒例となっているわけで、今年もiOS10へのメジャーバージョンアップが行われました。OSに関しては自分にも関係があると言うことで、私のiPhone6s Plusももちろんアップデートしてみました。

 Apple自らが「iOS史上最大のアップデート」と言っていますが、ロック解除方法が変わったくらいで、普通に使ってる分にはそれほど変化は感じません。が、ひとつ私が注目していた機能がひっそりと追加されているのです。

K3II3074.jpg
 それがiShightカメラで撮影した写真のRAW記録サポートです。iPhoneで気軽に撮った写真をゴリゴリと現像できるなんて面白そう! ということで取り急ぎ試してみることにします。

続きを読む “iOS10にアップデートしたiPhone 6s PlusのカメラでRAW記録を試してみる”

年末年始はiMacとiPhone/iPadでテレビを見よう!

 WindowsからMacに移行して間もなく3年が経ちますが、今ではすっかりMacバンザイ!派に転向し、パソコンを使ってプライベートでやることは全てMacのほうが快適に出来ると思っています。ただし一つだけWindows時代にやっていたことでMacでは出来ずに諦めていたことがあります。それが今回のタイトルにもあるテレビ視聴&録画。いえ、全く方法がない訳ではなかったのですが、いろいろ制限が多くWindows時代に当たり前に出来ていたことが、Macでは出来ないと言うことが多々ありました。

K3II9274.jpg
 その辺は需要の問題でもあると同時にOS Xのポリシーも関係していると思われます。しかし先日ふとネットを彷徨っていると、これはもしかして使えるかも?と思えるMac用のテレビチューナーを発見しました。それが今回紹介するピクセラのPIX-DT195と言う製品です。その場ですぐにAmazonに飛んで衝動的に購入していました。

続きを読む “年末年始はiMacとiPhone/iPadでテレビを見よう!”

5.5インチとローズゴールドの誘惑:iPhone 6s Plusへ機種変更

 携帯電話を機種変更しました。昨年発売されたiPhone 6/6 Plusはぐっとこらえてスルーし、さらにその前のiPhone 5sへの機種変更から今月でちょうど2年経過したところです。新機種はiPhone 6s Plusの128GB。色は迷うことなくローズゴールドにしてしまいました。おじさんなのに(^^)

DSCF9007.jpg
 予約開始日にネットの混雑を乗り越えてドコモ・オンラインショップで予約。量販店やドコモショップの店頭ではなく自宅受け取りにしたところ、発売開始からちょうど1週間で届きました。

続きを読む “5.5インチとローズゴールドの誘惑:iPhone 6s Plusへ機種変更”