8TBももうすぐ満杯… QNAP TS-231+に外付けHDDを追加して空き容量を増やす

 約2年前に我が家初めてのNASとしてQNAP製のTS-231+を導入しました。これは家庭またはスモールオフィス用の2ベイのNASで、Western Digital製のNAS用HDD REDシリーズの8TBを2台搭載し、RAID1を組んでいます。主な使用用途は撮影済み写真ファイルの倉庫として過去15年以上にわたって、デジタルカメラ等で撮影してきた写真は、すべてこのNASの中に突っ込むようにしています。

 8TB HDDx2台によるRAID1なので、ネットワークドライブとして使用可能容量はなHDD1台分と同等の8TBなのですが、導入以来2年経って早くも空き容量が心許なくなってきました。ここ最近の消費ペースで行くと今年中に満杯になってしまいそうな勢いです。

 なので今の時点で何らかの容量増加の対策を取ることにしました。ベアボーンNASの容量を増やす方法としては、いくつかやり方はあるのですが、いろいろ検討した結果、最終的にUSB接続の外付けHDDをTS-231+に追加するという、比較的安易な方法をとってみることにしました。

f:id:hisway306:20190120150209j:plain
 以下その顛末&備忘録です。

続きを読む “8TBももうすぐ満杯… QNAP TS-231+に外付けHDDを追加して空き容量を増やす”

QNAP製のNAS TS-231+でRAID1を構成しているHDDにエラーが発生したので交換してみる

 初めてのNASとしてQNAP製のTS-231+を導入したのは今から約2年前の2016年秋のことでした。TS-231+は家庭向けの2ベイNASボックスで、これにWestern Digital REDシリーズの8TB HDDを2台入れてRAID1を構成して使っていました。

 主に日々増え続けていく撮影済み写真データの倉庫としているのですが、先日になって久しぶりに管理画面にログインしてみると、2台のHDDのうち1台に異常が発生しているという警告が表示されていました。どうやら不良セクタに関するSMARTエラーが発生しているようです。

 何かあった場合にはWarningメールを送信するように設定をしてあるのですが、なぜかこのSMARTエラーに関してはメールが送られてこなかったので、いつ頃から調子悪かったのかは不明です。危ない危ない…

 幸いにも、HDDの状況としては故障というほど致命的ではないようですし、そもそもRAID1を構成しているもう1台のHDDは問題なく生きているので、データーをすぐに失う心配はありません。

f:id:hisway306:20180901184256j:plain
 でも悪化していくのは時間の問題でしょうし、なるべく早く対処するに越したことはないと言うことで、エラーが発生しているHDDドライブを交換することにしました。

 もちろんNASというかRAIDを構成しているディスクの交換作業も初めてのことです。ドキドキします(A^^;

続きを読む “QNAP製のNAS TS-231+でRAID1を構成しているHDDにエラーが発生したので交換してみる”

自宅のインターネット回線をIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6化して通信速度のボトルネックを解消する

 スマートフォン全盛の時代になり、いまやどこにいてもインターネットに繋がっていることは当たり前になってきました。これまでの常識ではモバイル回線は速度が遅く、家やオフィスに引かれた固定回線は速い、というのが当たり前でしたが、気がつくといつの間にか逆転しているのではないか?と気付くことがあります。そう、家の固定インターネット回線が重たいのです。下手したらモバイル回線につないだiPhoneのほうがよほど快適、ということが起こりえます。

 昔話を始めると際限がなくなるので止めておきますが、我が家はわりと早い時期にADSLから光回線に切替え、帯域だのレスポンスだのといったストレスを感じずにずっとここ何年も使ってきましたが、最近は夜遅い時間帯になると、やけにネットが重たくなり、画像がじわじわとロードされていく様子を見せられたり、ネット配信の動画なども時間帯によっては再生できなくなるという始末。

 こういうの昔はあったよなぁ、と懐かしんでる場合ではなくて、2020年も見えてきたこの時代にいったいインターネットは何年退化したんだ!と、重い腰を上げ、原因を調べ対策を講じることにしました。

f:id:hisway306:20171228220557j:plain
IPv6対応後の我が家のネットワーク機器接続図

 その対策に関するキーワードが「IPv6」です。この図は対策後の我が家のネット環境を表した図ですが、どういう顛末でこうなったのか、以下に備忘録としてまとめておきたいと思います。

続きを読む “自宅のインターネット回線をIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6化して通信速度のボトルネックを解消する”

Turbo NAS TS-231+に保存した写真ファイルをAmazonプライムフォトへバックアップする

 昨年末に導入したNASですがその後も快調に運用しています。当初の目的はローカルのHDDに保存した写真データのバックアップ用途だったわけですが、その後色々試していくうちに、ただのバックアップ先として使うだけでは勿体無いと思うようになり、別の運用方法を検討しています。

 それについてはこの記事の後半で説明するとして、まずはNASにバックアップした写真データをさらにAmazonドライブにバックアップをする方法を考えてみました。バックアップのバックアップってやりすぎじゃない?という気もするのですが、出来ることはすべてやっておくに越したことはありません。

スクリーンショット 2017-01-03 14.10.20.jpg
 最悪、我が家が火災などで焼失したとしても、写真データは復元できる、ということで、クラウドへのバックアップは非常に強力、安心安全です(もちろん別のリスクもあるとは思いますが)。

続きを読む “Turbo NAS TS-231+に保存した写真ファイルをAmazonプライムフォトへバックアップする”

カテゴリー: MacPC

QNAP Turbo NAS TS-231+ でNASを初導入してみた

 自宅で使っているiMac 5K (Late 2014)は1TBのSSDが内蔵されていますが、写真を趣味としている以上、それだけでデータの保存は賄えないので、USB3経由で外付けにハードディスクをつないでいます。これが4TBx2のRAID0で約8TB。とりあえず今のところ撮った写真は何もかもここに投げ込んでいますが、空き容量はまだ4TB以上あって足りています。

 でもいつかはこれも満杯になる日が来るだろうということと、そもそもRAID0ですから信頼性が心配。今までは時々思い出したように別の使っていないHDDに手動コピーしてバックアップをとっていたのですが、この辺を何とかしなくてはと常々思っていました。

 今の時代ならGoogleフォトとかAmazonプライムフォトとかありますが、WEBサービスもいつまで継続されるか分かりません。ということで、ここはやはり自己解決すべきと考えた結果、遅ればせながらNASを導入することにしました。

K3II3205.jpg
 Macに乗り換える前は10年来のPC自作を趣味にしていたこともあり、新しくて不完全でマニアックなPC周辺機器には概ね手を出してきたつもりでしたが、なぜかNASだけは縁がありませんでした。

 でも最近のNASはびっくりするほど速いし、洗練されて便利になってるらしいと言うことです。あまり面倒なことをする気力はもうないのですが、実用重視で導入してみることにしました。

続きを読む “QNAP Turbo NAS TS-231+ でNASを初導入してみた”

VMware Fusion 8のユニティモードでWindows 10を使ってみる

 OS X上でWindowsを使う方法はいくつかありますが、私はVMware Fusionによる仮想マシンを使用しています。他の仮想化ソフトでもそうですが、VMware FusionにもOS Xとの(見かけ上の)統合レベルに応じていくつかの動作モードが用意されています。これまでは仮想マシンは仮想マシンとしてOS Xとは明確に分かれていた方が分かりやすいし、OS Xの環境を汚したくなかったので、Windowsがひとつのウィンドウ内で動作してOS Xとは明確に分かれている「シングルウィンドウ」を使っていたのですが、今回ちょっと思い立って反対にOS XとWindowsの境目をなくし、より統合を進めた「ユニティ」を試してみることにしました。

スクリーンショット 2015-11-07 15.34.55.jpg
 「ユニティ」にすると、Windowsのデスクトップは見えなくなくなり、まるでOS X上で直接Windowsアプリが動いてるかのような状態を作り出すことが出来ます。

続きを読む “VMware Fusion 8のユニティモードでWindows 10を使ってみる”

カテゴリー: MacPC

高速大容量外付けHDD WD Mybook Duo 8TBを導入する

 デジタルカメラによる撮影では、これまで基本的にJPEG撮りしかしていなかったのですが、ちょっと思うところあって最近はRAW撮りメインに切り替えています。RAWで撮りためていくと問題になるのがHDDの容量です。過去に撮った写真を調べてみると、2013年に撮った写真のファイル容量は約200GB、昨年は約400GB、今年は9月が終わった時点で既に450GBとなっています。年々撮影枚数が増えている上に、RAWとなると年1TBという時代も近いかもしれません。

 選別後のOKカットはFlickrにあげているので、本来はそれだけ取っておけば良いのかもしれませんが、量が増えると整理する時間も足りなく、明らかな失敗カットは捨てているものの、どちらとも判断の付かないほとんどのカットは、使い道がないと分かっていても捨ててしまうのもなんだか忍びなく、とりあえずそのまま保存してる状態です。

DSCF9066.jpg
 そんな写真ファイルの倉庫用に、これまでは外付けの3TBのディスク2台(1台はバックアップ用)を使っていたのですが、これが残り容量が1TBを切り、あと1年持つかどうか怪しくなってきたので、先を見越してさらに大容量のHDDを導入することにしました。

続きを読む “高速大容量外付けHDD WD Mybook Duo 8TBを導入する”

Flickrの生成するEmbedコードをユーザースクリプトで自動加工する方法(Firefox + はてなブログの場合)

 昨日、Flickrの生成するEmbedコードに余計なスクリプトが付加されてムカつく、というエントリーを書きましたが、それに関して友人から「userscriptで対処すれば良いんじゃね?」的なアイディアをTwitter経由でもらいました。ユーザースクリプトってなんぞや?と言うところからして私はわかっていなかったのですが、少し教えてもらって調べてみたところ、なるほど、これは使えるかも?ということで、ちょっと試してみることにしました。

スクリーンショット 2015-08-19 19.53.30.jpg

 その顛末記を備忘録として残しておこうと思います。何しろこの世界にはド素人なので、試行錯誤の結果であり、間違いや勘違いがあるかもしれません。

続きを読む “Flickrの生成するEmbedコードをユーザースクリプトで自動加工する方法(Firefox + はてなブログの場合)”

FlickrのHTMLコード出力仕様変更の続報

 先月初め頃から急に始まったFlickrのHTMLコード仕様変更ですが、どうもFlickrの開発現場も混乱と迷いが続いてるかのようで、その後もころころと出力コードとスクリプトの動作が変更される状態が続いていました。それが昨日あたりから貼り付けコード取得のUIが大幅に変更され、どうやらFlickrが目指す最終仕様に近づいたように思われます。残念ながらプレーンな従来HTMLコード取得は結局復活していません。

flickr_embed_box4_20150818
 上のスクリーンショットが本日の最新状況。Flickrにアップロードした写真をブログなどに貼り付けるために、コードを取得する際に表示される画面です。とうとう「HTML」という文字すら消えて「Embed」となってしまいました。何のアナウンスもなくこうなると、混乱してしまいます。

続きを読む “FlickrのHTMLコード出力仕様変更の続報”

VMware Fusion 7上のWindows 8.1をWindows 10にアップデートする

 一昨日あたりのことですが、Windows 10がリリースされたようです。Macへ移ってきてからはすっかりWindows事情には疎くなり、プライベートでは使うこともないのですが、一応念のためにiMacにもWindows 8.1を入れてあります。それもBoot CampではなくてVMware Fusion7による仮想マシン上に。

スクリーンショット 2015-07-31 22.41.15.jpg
 Windows 10へのアップデートは無料とのことなので、そのうち落ち着いたらやろうと思って様子見のつもりだったのですが、久しぶりにWindows 8.1を起動したらそのひどいUIに改めて萎えたので、さっさとWindows 10にアップデートしてしまうことにしました。

続きを読む “VMware Fusion 7上のWindows 8.1をWindows 10にアップデートする”