2018年の機材整理第一弾:KマウントのAPS-Cセンサー機をいったん手放すことにした

 PENTAX K-1 Mark IIを始め今年のCP+で発表された各社の新しいデジタルカメラを見ていて、アレが欲しいコレが欲しい… などと色々と妄想を掻き立てられていたわけですが、その準備段階として、まずは手持ちの機材を少し整理することにしました。

 約2年前にK-1を手に入れる前後でも、かなり機材の整理と入れ替えを行いましたが、最近は買う一方で色々増えすぎてるな… と思っていたところでした。現在の使用頻度と今後のことを考えて、戦力外のカメラとレンズを選び出して売却し、いくらでも今後必要となる機材への資金に変えておくことにしましょう。

DSCF9073.jpg
 そこで手持ちの機材をじっくり見回して、どれが要らないだろうか?と考えたとき、これだな… と真っ先に思いついてしまったのはPENTAX K-3 IIです。

続きを読む “2018年の機材整理第一弾:KマウントのAPS-Cセンサー機をいったん手放すことにした”

PENTAX Q-S1とNikon 1 J5にPeak DesignのリストストラップCUFFを付けてみる

 昨年末にK-1用にPeak Design製のスリングストラップSLIDEを購入し使用していますが、もはや一眼レフ用のストラップはこれしかない!と言うくらいに気に入っています。Peak Design製のストラップはSLIDE以外にもいくつか種類があるのですが、いずれも共通のアンカーを前提とした構造で、まるでレンズを交換するように、時と場合に応じてストラップも交換できるというデタッチャブル・システムとなっているところが特徴です。

 なので、アンカーとプレートを別途用意すればSLIDEはK-3IIでも使用できます。一眼レフを2台(K-1とK-3II)とも持ち出すことは滅多にないので、SLIDEは今のところ1本だけで使い回しています。そのうち予備も兼ねてSLIDEをもう一本買おうかと思ってるところ。

 さて、それ以外のカメラはと言うと、私が持っていて常用しているのはPENTAX Q-S1またはNikon 1 J5と言った超小型機です。これにSLIDEはさすがに大げさすぎるし、せっかくの超小型カメラの使い勝手が悪くなってしまいます。

K3II5121.jpg
 そこで調べてみたら、Peak Designにもリストストラップがラインナップされていました。K-1やK-3IIとの共用はともかく、Q-S1とJ5の間で共用できるなら便利かも?ということで、そのPeak Design製リストストラップを買ってみることにしました。

続きを読む “PENTAX Q-S1とNikon 1 J5にPeak DesignのリストストラップCUFFを付けてみる”

Nikon 1のような超小型レンズ交換式カメラに未来はないのか?

 薄々前から分かっていたことではあるのですが、PENTAX K-1でフルサイズ一眼レフデビューを果たしてから、明確に実感するようになったことがあります。それは「センサーの大きさは正義!」であると同時に「小さいカメラは正義!」であると言うことです。この二つ「正義」は、一台のカメラで実現しようとすると相反しますが、複数台持つことを前提にすれば、なんら矛盾しません。

 「K-1は小さい」と言ってみたところで、それは「フルサイズ一眼レフの中で比較すれば」という相対的なものであって、いつでもどこでも持ち歩ける万能カメラにはどうがんばってもなり得ません。少なくとも私にとっては。

 だからこそPENTAX Qシリーズを「いつでもどこでも気軽に持ち歩けるカメラ」として使ってきたわけですが、新製品が出なくなり動きが止まってしまったQシリーズに代わり、昨年にはNikon 1を手に入れて、「また新しい沼に填まったりして参ったな… てへぺろ」などと暢気に考えていたところです。

DSC_4550.jpg

 私が手を出したから、というわけではないのでしょうが、そのNikon 1シリーズは昨年春のJ5以来、新しいボディも新しいレンズも、肝心な製品は何一つ発表も発売もされないという状態が続いています。これはいったいどうしたことでしょう?

続きを読む “Nikon 1のような超小型レンズ交換式カメラに未来はないのか?”

Nikon 1 J5のRAWで撮る表参道のイルミネーション

 クリスマスの少し前、よく晴れた日の夕方に表参道に野暮用があって行ってきました。この時期の表参道はイルミネーションが綺麗だと聞いてカメラも持参。ですが、荷物があったので一眼レフは諦めてNikon 1 J5を持って行きました。イルミネーションともなれば露出もホワイトバランスもいったいどうなるのかよく分からないし、キラキラ輝いてるとは言えそこは一応夜景なので、手持ちで撮るには高感度も必要だろうと言うことで、失敗しても救済の余地を残すためにもRAW撮影をしてみることにしました。

DSC_2948.jpg
 Nikon 1 J5でRAW撮影するのは初めてです。JPEGとの差を見るためにRAW+JPEGの同時記録にしてみました。RAWファイルはニコン標準のNEF形式で記録され、もちろんLightroomで現像できます。

続きを読む “Nikon 1 J5のRAWで撮る表参道のイルミネーション”

Nikon 1 J5 + 18.5mm F1.8で撮る近所の紅葉

 都内もようやく冬の到来を感じる気候になってきて、紅葉のシーズンも終わりを迎えつつあるようです。今年は綺麗に色づく前に散ってしまったりして、紅葉的にはイマイチという声も聞きますが、確かに実感としてもどうも例年と違うなぁ、という気はします。とは言え自然相手のことですから、こればかりは仕方ありません。

DSC_2604.jpg
 さて、先日Nikon 1用に初めての単焦点レンズを手に入れたわけですが、ここまではお寿司とかバーベキューとか、食べ物しか撮っていなかったので、普通にお散歩写真で使うとどんな感じなのか試してみました。

続きを読む “Nikon 1 J5 + 18.5mm F1.8で撮る近所の紅葉”

Nikon 1 J5に最適な単焦点レンズを選ぶ

 Nikon 1 J5用にレンズを買いました。キットになっていたダブルズームでほとんどの用は足りるのですが、レンズ交換式カメラであるからには、やはり新しいレンズが欲しくなります。

 先日来、X-T10と35mmF1.4を試用させていただいたり、K-3 IIにも久しぶりに単焦点レンズをつけて写真を撮ってみたりして、やはり明るいレンズは良いなぁ、ということを思い出し、1インチとは言えJ5にもやっぱり明るい単焦点レンズが必要なんじゃないか、と思うようになりました。

K3II4598.jpg
 既にこの画像で答えは出ているのですが、現在ラインナップされている1 Nikkorの単焦点レンズの中から、自分にぴったりの一本を探してみた、というお話です。

続きを読む “Nikon 1 J5に最適な単焦点レンズを選ぶ”

清澄庭園で紅葉狩りと水鳥観察を楽しむ

 今年は暖かい日が続いていて、もう11月も下旬になろうというのに冬の気配はほとんど感じられません。とは言え季節は確実に進んでいて、そろそろ都内でも紅葉狩りが楽しめる季節になってきました。どうも天気がスッキリしない週末が続いているせいか写欲が減退気味なのですが、この日曜日もどんよりと曇り空ではありましたが、リハビリついでにカメラを持って出かけ、近所の清澄庭園を散歩をしてみることにしました。

K3II4462.jpg
 庭園内は四季折々の風景が楽しめるのですが、一面赤や黄色に染まるということはなく、ぽつぽつとモミジやハセノキなどがあるだけです。でも、望遠気味のレンズで切り取れば立派な紅葉写真が撮れそうな気がして、少し長めの単焦点レンズだけ持って行きました。

続きを読む “清澄庭園で紅葉狩りと水鳥観察を楽しむ”

Nikon 1 J5で飛行機を撮ってみる

 Nikon 1 J5はダブルズームキットを買ったので「1 Nikkor VR30-110mm F3.8-5.6」という望遠ズームが付いています。フルサイズ換算で約80-300mm相当の画角となり明るさもズームとしては普通。しかしミラーレス機でこの焦点域は役に立つのか?という一眼レフ派としての懐疑心がある一方で、Nikon 1 J5は105ポイントもの像面位相差AFセンサーを持ち、そのAFは秒間20コマの撮影に追従するという、一眼レフ顔負けの高速性能を持っています(このあたりはJ5に限らずNikon 1シリーズ全般の特徴です)

DSC_2042.jpg
 ということで、小さなミラーレス機でありながら、動体対応もばっちりという触れ込みは本当なのか、撮り慣れている飛行機を撮って確かめてみることにしました。

続きを読む “Nikon 1 J5で飛行機を撮ってみる”

1 Nikkor 32mm f/1.2 で撮る盆踊りと夏祭り

 先日からモニターとしてお借りしている1 Nikkor 32mm f/1.2の使用記その2です。このレンズはインナーフォーカスで、超音波モータ駆動されており、AFは超高速でスムーズかつ無音です。ただ、PENTAX機に慣れている私的に注意しないといけないのは「手ぶれ」です。Nikon 1はボディ内手ぶれ補正は内蔵されておらず、このレンズ自体も描写性能優先のためか手ぶれ補正機能は搭載されていません。ただし明るいレンズなので多少暗くても速いシャッターが切れるためか、思ったほど手ぶれはありません。小さくてバランス良く、ホールディングが安定することも効いていそうです。

DSC_1113.jpg
 さて、今回は夏らしく地元の盆踊りとお祭りの様子を撮ってみました。

続きを読む “1 Nikkor 32mm f/1.2 で撮る盆踊りと夏祭り”

1 Nikkor 32mm f/1.2 で撮る夏の公園とビル街

 先日からモニターとしてお借りしている1 Nikkor 32mm f/1.2を持って散歩に出てみました。ボディはNikon 1 J5です。やけにレンズ側が重たいのですが、全体のサイズはAPS-C一眼レフと比べても圧倒的に小さいので、鞄の隙間にちょっと入れておいて持ち歩くのも苦になりません。それにしてはフルサイズ換算86mmというのは長めですが、Kシリーズで55mmとか77mmとかよく使う私にとっては馴染みのある画角でもあり、これ一本勝負というのもなかなか楽しめます。

DSC_1075.jpg
 いくつか撮ってきたのですが、まず前編として近所の公園と、とある生活圏内のビル街で使ってみました。

続きを読む “1 Nikkor 32mm f/1.2 で撮る夏の公園とビル街”