平成最後の桜見物&撮影は地元の隠れた名所を散歩する:仙台堀川公園〜木場公園〜大横川〜品川

 東京の桜(ソメイヨシノ)は3月中旬に開花を迎えたあと、下旬にかけて寒気が入ってきて数日の間は気温が真冬に戻ってしまったこともあって、比較的花が長持ちしたシーズンだったのではないかと思います。桜が咲いてるとなるとカメラを向けたくなるのは、写真を趣味としている人に限らないようで、今の時代はあらゆる人がカメラを持っているためか、SNSには美しい写桜の真が溢れかえるようになりました。なのでそろそろ「もう桜はお腹いっぱい」と思えてきた人も多いのではないかと思います(これからシーズンを迎える北国の人達にはスミマセン)。

 さて私も写真を趣味とする人間の一人として、例年は六義園とか千鳥ヶ淵とか、都内の桜の名所にカメラを持って出かけていたのですが、今年は何となくやる気が起きず、グズグズしているうちに4月に入ってしまいました。とは言えお花見をしなかったわけではなく、先々週と先週に渡って、週末は近所の桜の名所を巡ってきました。

 桜というかソメイヨシノは都内でも意外なくらいにあちこちにあって、わざわざ名所と言われるようなところまで出かけていかなくても、すごい絶景とかを求めなければ花そのものを楽しむことは出来ます。私の生活圏内、とくに東京都江東区内にも地元民だけが訪れるプチ名所がいくつかあります。

IMGP3875.jpg
 特にどうってことない写真ばかりですが、せっかく撮ったので記録として何枚か厳選してまとめておこうと思います。なので、今年の桜エントリーはこれが最初で最後(の予定)です。

続きを読む “平成最後の桜見物&撮影は地元の隠れた名所を散歩する:仙台堀川公園〜木場公園〜大横川〜品川”

PENTAX LXで一ヶ月前に撮った季節外れの紫陽花写真をデジタル化してみる

 約一ヶ月半前にフィルムで撮った紫陽花の写真をようやく現像して見ました。いえ、正確に言うと現像済みで放置してあったフィルムをようやくデジタル化して仕上がりを確認してみました。今時好きでわざわざフィルムで撮っておきながら、そんなぞんざいな扱いをしていたのにはわけがあります。それは、このフィルムは丸々一本失敗写真に違いないと分かっていたから。

 と言うのも、約一ヶ月前に久々にフィルムを使ってみようと思い立って、買い置きしてあったPROVIA 100FをPENTAX LXに入れて、意気揚々と紫陽花を撮りに行ったまでは良いのですが… きっちり一本撮りきって帰ってきてLXから取り出してみたら、なぜかそのフィルムはPROVIAではなくて普通のネガフィルムだったのです。しかも感度はISO400。ポジではなくてネガだったこと自体もショックですが、感度も違うので露出も合ってない… ということで、まともに写ってないだろうと諦めて放置していたものです。

K1M23609-Edit.jpg
 でもそうは言ってもせっかく撮った写真ですから、無かったことにするものもったいないと思い、台風が接近するとのことで引きこもりを決めていた週末、暇に任せてようやく仕上がりを確認し、デジタル化してみることにしました。

続きを読む “PENTAX LXで一ヶ月前に撮った季節外れの紫陽花写真をデジタル化してみる”

待望の雨到来!早くも見頃を迎えた紫陽花を撮りまくる

 先週末に「東のあじさい寺」こと松戸の本土寺まで行ってきましたが、紫陽花はまだ3分咲きくらいでした。見頃を迎えるまであと2週間くらいかかるかな?などと暢気なことを思っていたら、先週中からテレビの情報番組ではやたらに鎌倉の紫陽花情報をやっていて、それによるとこの週末が最盛期!とのことでした。ちょっと煽りすぎじゃないか?という気もしたのですが、通勤途中に見る街角の紫陽花も、たしかにこの一週間で急に開花が進み、見事な姿を見せるようになりました。

 桜と違って紫陽花は比較的長い期間楽しめる方だと思うのですが「今週末が一番の見頃!」と連呼されると、ちょっと気になります。鎌倉とはほんの少し気候が違うかもしれないと思いつつ、やはり週末は紫陽花巡りで予定を埋めることにしました。

 天気予報によると土曜日は晴れ、日曜日は雨との対照的な天気とのこと。紫陽花は晴れでも雨でも絵になるので、これはむしろ好都合です。ということで、晴れて暑くなった土曜日は少し遠出をして、千葉県は佐倉市にある川村記念美術館の庭園へ、そして雨が降って寒くなった日曜日は近所で三歩圏内にある木場公園へ行って見ることにしました。

K1M22797.jpg
 以下、前回同様に紫陽花の写真がずらっと続きます。

続きを読む “待望の雨到来!早くも見頃を迎えた紫陽花を撮りまくる”

梅雨入り直前つかの間の快晴の下「小岩菖蒲園」で満開になった花菖蒲を撮りに行く

 東京では連日暑い日が続いています。これまでは湿度が低く乾いた空気で気温が高いなりにそれでも過ごしやすかったのが、5月下旬からは次第に湿気を感じるようになり蒸し暑くなってきました。季節の進み方が早い今年の春ですが、梅雨入りまではあと一息というところです。こういう気候になってくると、真っ先に気になるのは紫陽花の開花ですが、その前に見頃を迎える花があるのを思い出しました。それが花菖蒲です。

 菖蒲と言えば水を張って年中通してしっかり管理された菖蒲田で咲くものなので、桜や紫陽花のように街角のあちらこちらでふと見かけると言うことはあまりありません。我が家周辺の公園にもいくつか菖蒲田はあるのですが、中でも一番のお気に入りは江戸川河川敷に作られた江戸川区営の小岩菖蒲園です。

 昨年は色々とタイミングを逃し訪れていなかったので約2年ぶりと言うことになります。先の週末は特に朝からスッキリ快晴の青空が広がり、河川敷はさぞかし気持ちよかろうと言うことで、麦わら帽子を引っ張り出し、日焼け止めを塗って、熱中症対策をした上でカメラを持って散歩がてらでかけてみました。

K1M22329.jpg
 果たして、花菖蒲はほぼ満開状態で最高の見頃を迎えていました!

続きを読む “梅雨入り直前つかの間の快晴の下「小岩菖蒲園」で満開になった花菖蒲を撮りに行く”

PENTAX K-1 Mark IIの初撮りは例年より一週間早く開花した「あしかがフラワーパーク」の大藤を撮りに行く

 今年の冬はとても寒くて雪も多く、どちらかというと厳冬だったはずなのに、3月になってから急に気候が変わり、桜の開花が早まったのを皮切りに、その後も春や初夏の訪れを告げるあらゆる花の開花が早まっています。その流れで、例年ならゴールデンウィーク中に見頃を迎える「国営ひたち海浜公園」のネモフィラや「あしかがフラワーパーク」の大藤も、一週間から二週間ほど開花と見頃が早まっており、ゴールデンウィークには見頃は終わってしまいそうという勢いです。

 ここ数年この時期は大混雑するのを承知で、ネモフィラと大藤の両方を必ず巡っていましたが、連休が使えないとなると今年は日程的に厳しい感じなので、どちらかひとつ取るとしたら… ネモフィラは諦めて大藤を撮りに行くことにしました。圧巻度合いという意味ではこっちの方が私はやはり好きです。

 話は変わって今から2年前にPENTAX K-1が発売されたとき、手に入れてまず最初に撮りに行ったのは「あしかがフラワーパーク」の大藤でした。そして今年は4月20日の金曜日にPENTAX K-1 Mark IIが発売されたわけですが、発売日当日に手に入れたK-1 Mark IIを持って翌日土曜日に「あしかがフラワーパーク」へ向かい、やはり大藤の撮影でシェイクダウンを行うことにしました。

K1M20143.jpg
 例年ライトアップ狙いで夜に訪れていましたが、今年は明るい太陽と青空の下で撮ってみたいと思い、朝一番の開園時間狙いで出かけてきました。

続きを読む “PENTAX K-1 Mark IIの初撮りは例年より一週間早く開花した「あしかがフラワーパーク」の大藤を撮りに行く”

都心のオアシス 浜離宮恩賜庭園のコスモスはまだ咲いていなかった

 これまでだいたい季節の草花は写真を撮ってきたつもりでいたのですが、今年はふと気付けばいつの間にか真夏から秋の空気に入れ替わり、ひまわりの季節も彼岸花の季節もあっという間に過ぎ去ってしまいました。

 何となく夏の間は天気が不安定だったりして気が乗らないことが多く、写真を撮りに行くチャンスを見失っていたところですが、ここらでリハビリしなくてはと、センサークリーニングから戻ってきたばかりのPENTAX K-1を持って、近場に出かけてみました。

 向かった先は過去に何度も訪れたことのある浜離宮恩賜庭園です。秋になると入り口すぐそばの広大な花壇がコスモスで埋め尽くされてるはずです。東京でのコスモスの時期と言えば。もう少し遅くて11月ごろのような気もしますが、昨年は9月の中旬のまだ暑い時期に訪れたら結構咲いていた記憶があったし、先々週出かけた福島県内は道端のコスモスが綺麗に咲いてるのをあちこちで見たこともあって、そろそろ良い感じかも?と期待して出かけてみることにしました。

KONE0091.jpg
 しかし結論から言いますと、キバナコスモスはほぼ終わりかけていたのに対し、普通のコスモスはまだ咲き始めで見頃にはほど遠いという、何とも中途半端な状況でした。

続きを読む “都心のオアシス 浜離宮恩賜庭園のコスモスはまだ咲いていなかった”

フジクロームVelvia 50で亀戸天神の藤まつりを撮ってみる

 ちょっと季節外れになってしまいましたが、ゴールデンウィーク中には地元の藤の名所、亀戸天神に行ってきました。先日はフィルムスキャナーを導入し、フィルムもたくさん買い込んでやる気満々になっていたこともあって、いつものPENTAX K-1ではなくてPENTAX LXにリバーサルフィルムを詰めて持ち出してみました。

 幸いお天気の良い日でしたので、スッキリした青空が広がっています。そして藤の微妙な紫色はリバーサルフィルムではどのように写るのでしょうか?

 実は亀戸天神に訪れたのは5月2日のこと。その日のうちにフィルム1本撮りきって、そのまま錦糸町のヨドバシカメラへ現像に出したのですが、リバーサルフィルムを現像するラボは既に連休に入っているらしく、仕上がったのは1週間以上経った5月10日のことでした。ネガだったらどうだったのかは分かりません。

170502_007-Edit.jpg
 その結果こうして完全に旬を外した記事を書くことになるわけですが、まぁそういうノンビリした感じも、今となってはフィルムの楽しみの一つだなぁと前向きに受け取っています。

続きを読む “フジクロームVelvia 50で亀戸天神の藤まつりを撮ってみる”

何度見ても圧倒される美しさ!あしかがフラワーパークの奇蹟の大藤を今年も見に行く

 今年もこの季節がやってきました。日本全国に藤棚の名所は数あれど、大きさという点で言ったらあしかがフラワーパークの大藤に敵うものは恐らくありません。樹齢は約150年、二本の木からなる大藤棚は1,000平方メートルの広さがあるそうです。その藤棚の真下に入るとどこを見回しても一面の紫色の世界。ここに通うようになって5年目ですが、いまだにその圧巻の姿に再開すると、思わず言葉を失ってしまいます。

 東京地方ではJR東日本のポスターでも紹介されていたりして、ひたち海浜公園のネモフィラとともに、ゴールデンウィーク中に最盛期を迎える花の名所として有名になっています。今年の連休はお天気も良くて混雑必至でしたが、覚悟の上で行ってきました。

KONE5652.jpg
 ライトアップされた姿がまた特に素晴らしいので、夜が狙い目なのですが、久々に太陽の下でも見てみたいと思い、今回は日暮れより少し早めに着くように出かけてみました。

続きを読む “何度見ても圧倒される美しさ!あしかがフラワーパークの奇蹟の大藤を今年も見に行く”

東京の満開宣言は早すぎる? K-1とK-mとQ-S1でようやく咲き始めた近所の桜を撮る

 先週末はまだ一輪も咲いていなかった近所のソメイヨシノですが、一週間経ってどうなったのか? またもや散歩がてら偵察に行ってきました。4月ともなれば例年花見の最盛期を迎えているはずで、場合によっては既に終わってることもあり得ます。しかし今年は東京に開花宣言が出されてから早10日。この日曜日には東京の桜は満開になったと発表されましたが、都心から10kmと離れていない江東区内の桜は、まだまだ見頃に達していない様子です。

 土曜日は雨が上がった後も雲がしつこく残り、空はスッキリしません。しかも寒気が上空に入ってるとかで、気温も4月とは思えない寒さです。日曜日になって何とか晴れたものの、スッキリ快晴というわけではなく、何となく雲が多いです。このまま花見の最盛期は来週末に持ち越しとなりそうです。

 一気に咲いて一気に散ってしまうのもあっけないですが、こうして焦らされるのもなんだか落ち着かないですね。一方で長く桜を楽しめると思えばいいことなのかも知れません。

IMGP0964.jpg
 さて今回はいつものK-1だけではなく、ちょっと気分転換のためにいつもと違うカメラも使ってみようと思いつき、友人からお古をもらったまま試し撮りしていなかったK-mと、最近は飲み食いの席でしか使っていない、Q-S1を持ち出してみることにしました。

続きを読む “東京の満開宣言は早すぎる? K-1とK-mとQ-S1でようやく咲き始めた近所の桜を撮る”

PENTAX LXによる初撮影で慣れないフィルムの扱いに苦労する

 PENTAX LXを衝動買いした翌日、さっそくLXにフィルムを詰めて散歩に出かけてきました。雨が上がり急激に晴れ間が覗いてきた冬の午後は、まだ早い時間なのに太陽が低いせいでどこか夕暮れのような光に包まれています。そして、乾燥しきっていた地面にも水たまりが出来て、ひんやりした空気もどこかしっとりしています。この絶妙な雰囲気はフィルムにぴったりかも?

 ということで、向かったのは特に撮るものの当てもない時にふらふらと出かける近所の公園です。一回の撮影で数百枚とか平気で撮るデジタルの流儀に慣れ切った身としては、36枚撮りフィルムなんてすぐに使いきると思っていました。

img006-3.jpg
 シャッターを切るペースは確かに予想した通りで小一時間で1本撮りきってしまったのですが、そのずっと前段階で予想もしなかったトラブル(自業自得)に見舞われて、フィルムを2本も無駄にしてしまいました。1本は不可抗力、もう1本は自業自得というか、低レベルな失敗によって。フィルムって難しい…。

続きを読む “PENTAX LXによる初撮影で慣れないフィルムの扱いに苦労する”