SIGMA 18-35mmF1.8 DC HSM総集編

 8月から約1ヶ月間、みんぽすさんよりお借りしていたSIGMA 18-35mmF1.8 DC HSMを使っていました。色々イベントの多い夏でしたが、標準域はほとんどこれ一本で過ごしてみました。そのスペックが示すように、非常に特徴的で面白いレンズでしたので、返却したのを機にその使い心地や性能についてまとめておこうと思います。

IMGP9293.jpg
 以下、特に本文と関係ない場合が多いですが、これまでのエントリーでは使わなかった写真を中心に貼っておきます。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “SIGMA 18-35mmF1.8 DC HSM総集編”

黒田官兵衛の足跡を追って播磨を巡る日帰りの旅

 焼肉の日を祝うため神戸に週末旅行に出かけましたが、土曜日の日中は完全にフリーということで、姫路城を見物に行ってきました。姫路と言えば今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の舞台となっている地。昨年の「八重の桜」から惰性で見ているつもりでしたが、結構引き込まれています。内容や考証や演出や役者がどうこうと言う前に、やはり戦国時代はドラマの宝庫で面白いなぁ、と。

K3PS2729.jpg
 自分の生まれ育った地元、江戸は17世紀以降の町であり、それ以前の中世の歴史はあまり残っていませんが、関西はその時代に関しては歴史ドラマと遺跡、遺構の宝庫です。ということで、自分でもいささかミーハーだな、と思いつつ、NHKの大河ドラマに便乗して姫路周辺を探索してきました。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “黒田官兵衛の足跡を追って播磨を巡る日帰りの旅”

焼肉の日2014をポッサムチプで祝う

 8月29日は焼肉の日です。この日に毎年神戸で有志によって開かれているイベントに、今年は無事に参加することが出来ました。昨年は残念ながら行けなかったので2年ぶり、そして数えてみたら6回目の参加でした。

K3PS2547.jpg

 今年の8月29日は金曜日。宴会を開くにはぴったりの日程ですが、東京から駆けつけるためにお休みを取り、神戸へと空路出かけてきました。

続きを読む “焼肉の日2014をポッサムチプで祝う”

SIGMA 18-35mmF1.8で撮る浅草散歩

 野暮用があって浅草まで出かけてきました。浅草寺にお参りするのは久しぶりです。日が長い夏のこと、午後6時を過ぎてもまだあたりは明るいです。特にテーマはないのですが、浅草寺をぶらぶらしながらSIGMA 18-35mm F1.8で写真を撮ってきました。お散歩スナップにこそこの焦点距離レンジと明るさはぴったりです。

K3PS0277.jpg
 K-3にこれ1本だけつけて他にいっさいレンズもカメラも持たなければ、それほど重さも気になりません。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “SIGMA 18-35mmF1.8で撮る浅草散歩”

SIGMA 18-35mmF1.8で富岡八幡宮例祭各町神輿連合渡御を撮ってみる

 本編に引き続き富岡八幡宮例大祭についての特別編です。先日の本編で使った写真はすべてPENTAX純正のレンズを使って撮ったものばかりですが、同時にみんぽすさんからお借りしているSIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMも使ってこのお祭を撮ってみました。

K3PS0878.jpg
 撮影位置を制限される場合はやはりズームレンズが便利ですが、このレンズは標準域にわずか2倍のズームレンジしか持っていないので、こういう場合は使いこなしがなかなか難しそうです。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “SIGMA 18-35mmF1.8で富岡八幡宮例祭各町神輿連合渡御を撮ってみる”

USB DOCKで18-35mm F1.8 DC HSMのピント調整をやってみる

 SIGMAの18-35mmF1.8をみんぽすさんからお借りしたわけですが、その荷物には実はUSB DOCKも同梱されていました。これもまた最近のプロダクトライン制になった新しいSIGMAレンズの大きな特徴のひとつです。レンズをパソコンに直接つなぎ、色々なことができてしまうと言う、これまたSIGMAならではの製品です。

IMGP8786.jpg
 私が借りたのはKマウント版ですので、USB DOCKも当然Kマウント仕様。パソコン側はWindowsだけでなく、もちろんMacにも対応しています。とりあえずどんなものか使ってみました。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “USB DOCKで18-35mm F1.8 DC HSMのピント調整をやってみる”

唯一無二の大口径標準ズーム SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

 みんぽすさんより、ずっと気になっていたレンズをお借りすることが出来ました。それがこれ、SIGMAの18-35mm F1.8 DC HSMです。大口径ズームと言えばF2.8がせいぜいのところですが、このレンズはなんと全域F1.8。これぞSIGMAの真骨頂、他にはない唯一無二のスペックをもつレンズです。APS-C専用ですがちょうど良い、まさに標準域をぴったりカバーする2倍ズームです。

IMGP8740.jpg

 売れない上に造るのに手間がかかるKマウント版はもしかしたら出ないかも?と心配していましたが、先々月にようやく発売になりました。単焦点レンズ並の明るさを手に入れたズームとなれば鬼に金棒。APS-C一眼レフにとって究極の標準レンズとなるのでしょうか?

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “唯一無二の大口径標準ズーム SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM”

Kマウントの望遠を追い求めると結局ここに行き着く:PENTAX SMC DA★300mm F4 ED [IF] SDM

 新しいレンズを買いました。昨年末以来、AFが強化されたK-3が発売されたり、長年待たされ続けたAFテレコンバーターが発売になったり、Kマウントを取り巻く環境では、今頃になってこのDA★300mmを活用する環境が整いつつあります。サンヨンと呼ばれるこのスペックのレンズは、フィルム時代から各メーカーがそろえてきた定番望遠レンズのひとつ(PENTAXの場合サンヨンゴだったりしましたが)。APS-C一眼レフではフルサイズ換算で460mm相当の画角となる、立派な超望遠レンズです。

IMGP8334.jpg
 超望遠域にあって単焦点であるというストイックさから、いったいどうやって使えば良いのか?と心配になり、なかなか手を出せずにいたレンズですが、私なりにいくつか(超)望遠ズームを使ってきた経験では、結局のところ300mmが一本あれば大抵のことは出来るのではないかと思えるようになってきました。

 ということで、今年のF1日本GPのメインレンズはこれに決めました。となれば早く手に入れて練習しなくてはなりません。

続きを読む “Kマウントの望遠を追い求めると結局ここに行き着く:PENTAX SMC DA★300mm F4 ED [IF] SDM”

2013年F1第15戦 日本GP観戦記:決勝

 土曜日編からの続きです。明けて日曜日はやはり快晴。気温はぐっと下がって秋の空気です。3日とも快晴に恵まれるのはこれで3年連続。決してこの時期の天候が安定しているわけではなく、うまいこと台風と台風の狭間になるという強運ぶりでした。F1ファンには晴れ男、晴れ女が大勢を占めているのかもしれません。

IMGP7357.jpg
Red Bull Renault RB9, Sebastian Vettel /PENTAX K-30, SIGMA APO50-500mmF4.5-6.3 DG OS HSM, 1/125sec, F10, ISO200, -0.3EV, AWB

 さて、日曜日に予定されているセッションは決勝のみ。それも午後三時にスタートです。それまではサポートレースやらいろいろなイベントがありますが、総じて暇でゆったりと過ごせる時間になります。

続きを読む “2013年F1第15戦 日本GP観戦記:決勝”

2013年F1第15戦 日本GP観戦記:FP3&予選

 昨日の金曜日編からの続きです。明けて翌日は土曜日。相変わらずの晴天ですが少し風に涼しさが混ざってくるようになりました。宿泊している名古屋を早朝に出て鈴鹿サーキットへの到着は午前8時。ちょうどゲートオープンと同時です。この日は午前中に60分だけのフリー走行3回目と、午後にはいよいよスターティング・グリッドを決める公式予選が行われます。観客は昨日金曜日より一段と増えています。

IMGP6283.jpg
Caterham Renault CT03, Giedo van der Garde /PENTAX K-30, SIGMA APO50-500mmF4.5-6.3 DG OS HSM, 1/500sec, F8, ISO100, -1EV, AWB

 午前中は遠征をして西コースの一番端、スプーンコーナーまでいってみることにしました。午後は戻ってきて再びヘアピンを狙います。最も移動距離の長い一日。グランドスタンド裏のGPスクエアからスプーンコーナーまでは道のりにして3km以上、時間にして30分以上かかります。日頃運動不足の体には堪えます。

続きを読む “2013年F1第15戦 日本GP観戦記:FP3&予選”