百里基地に飛来した米海軍のF/A-18スーパーホーネットと航空自衛隊の老兵F-4ファントムIIを撮りに行く

 久しぶりに百里基地へ行ってきました。百里基地と言えば航空自衛隊の老兵F-4EJ/RF-4E(J)ファントムIIが現役配備されている数少ない基地のひとつ。現在戦闘飛行隊が二つに偵察航空隊が一つ配備され、そのすべてがF-4を使用しているという意味では、そのF-4密度の高さは世界でも他に例を見ないのではないかと思います。

 しかし後継機となるF-35Aライトニングの配備も少しずつ始まっており、配備からすでに45年を過ぎたF-4は、退役まで秒読みという段階にきています。現役で飛ぶその姿を見るのも撮るのも今のうちです。

 今回約10ヶ月ぶりに百里基地まで出かけていったのはそんなF-4愛のためだけではなく、実は岩国基地に配備されているアメリカ海軍のF/A-18スーパーホーネットが、航空自衛隊との共同訓練のために百里基地に飛来したという情報を得たからです。

FXH14460.jpg
 厚木基地からF/A-18がいなくなった今、米軍のF/A-18を見て撮ることができる貴重なチャンス。F-4とF/A-18の二兎を狙うために慌てて予定を調整し、天気睨んで平日の朝早くから茨城県は小美玉市にある百里基地、別名茨城空港へと向かいました。

続きを読む “百里基地に飛来した米海軍のF/A-18スーパーホーネットと航空自衛隊の老兵F-4ファントムIIを撮りに行く”

FUJIFILM X Raw StudioとLightroom Classic CCでRAW現像によるフィルムシミュレーション再現度を確認する

 FUJIFILM Xシリーズの特徴と言えば豊富で質の高いフィルムシミュレーションが挙げられます。ペンタックスで言えばカスタムイメージ、ニコンではピクチャーコントロール、キヤノンだとピクチャースタイルなどと呼ばれる絵作り機能ですが、フィルム時代を知っている古くからの写真ファンには馴染み深いフィルムのブランド名を冠したフジフイルムのそれは、他社とはひと味もふた味も違う仕上がりで、それが故にXシリーズはJPEGで使うべき、と言われたりもします。

 でもやはりJPEGは所詮JPEGですからRAWの情報量の豊かさとは比べるべくもありません。なので最終的にはやはり自分なりの仕上げをしたいとか、露出やホワイトバランス、ノイズなどなど、失敗作もあとから何とか救おうと保険をかけるとするなら、やはりRAW記録は必須です。

 私が普段使用しているRAW現像ソフトはAdobe のLightroom Classic CCですが、幸いRAW現像モジュールではX-H1のRAWファイルもすでにサポートしており、しかもフィルムシミュレーションに対応したカメラマッチング・キャリブレーションも可能。それとは別にフジフイルムからは純正のRAW現像ソフトとしてX Raw Studioがリリースされており、やはりX-H1のRAWファイルからフィルムシミュレーションを再現することが出来ます。

P1020289.jpg
 ということで、今後X-H1を使用したRAW現像のワークフローを確立するために、各RAW現像ソフトでどの程度フィルムシミュレーションが再現可能なのか、あるいは仕上がりが違うとしたらどんな風に違うのか、確認してみたいと思います。

続きを読む “FUJIFILM X Raw StudioとLightroom Classic CCでRAW現像によるフィルムシミュレーション再現度を確認する”

成田空港A滑走路を間近に望む「さくらの山公園」で満開の桜と飛行機を同時に楽しむ

 さて、FUJIFILM X-H1とXF100-400mmの組みあわせを試すには、やはり最初は飛行機だろうと言うことで、さっそく空港へ出かけてみることにしました。最初は羽田の展望デッキにしようかと思ったのですが、時はちょうど桜が満開の時期。都心の桜は異常に開花が早く、そして散るのも早くて先週末の時点ですでに終わりかけていましたが、、関東地方全般的にはまだちょうど見頃ということで、ふと思いついて成田空港そばの「さくらの山公園」に行ってみようと思いつきました。

 この公園はその名前の通り、ソメイヨシノを中心に桜の木がたくさんあります。満開の頃はさぞかし綺麗だろうと思っていましたが、実際に桜の咲く時期に訪れたことはありません。ならば今年こそがチャンス! 天気も穏やかでとても良いし、飛行機も満開の桜も両方が楽しむ贅沢をしてみようではありませんか。

 晴天で桜満開となれば、当然花見目当ての人達および航空(写真)ファンで混雑するはずと予想して、早朝に出発して成田を目指します。現地到着は午前8時前でしたが、すでに駐車場は半分以上埋まり、多くの人が公園内に繰り出していました。

FXH13494.jpg
 さてテーマは「桜と飛行機」と書きましたが、別々に撮るのではなく、せっかくだから桜と飛行機を同時に、つまり同じフレームの中に入れて撮ってみましょう。そんなことが出来る場所は世界中でも成田だけかもしれません。そんな貴重なチャンスに初めて使うカメラとレンズの組みあわせはやや不安ですが、そこは挑戦あるのみです!

続きを読む “成田空港A滑走路を間近に望む「さくらの山公園」で満開の桜と飛行機を同時に楽しむ”

Xマウント唯一の超望遠ズームXF100-400mm F4.5-5.6 R LM OISはX-H1で威力を発揮するか?

 K-1を補完するサブ機にして、K-3 IIの代わりとなる連写機としてFUJIFILM X-H1を手にしたことは報告済みですが、その主目的のためには超望遠レンズが必要です。Xマウントは広角から標準、中望遠域の単焦点レンズは特に充実していますが、元々のXシリーズのコンセプトからして、やはり望遠域はやや手薄と言わざるを得ません。それでもいくつかの望遠ズームがラインナップされているわけですが、中でも一番焦点距離が長い本格的超望遠ズームとなるの唯一のレンズが XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS です。

 フルサイズ換算では約150〜600mm相当になり、さらに1.4倍または2倍のテレコンバーターにも対応しており、最大で1200mm相当まで対応可能というこのレンズは、AFの動体追従と低照度対応が改善され、そしてF11まで像面位相差が対応できるようになったX-H1と組み合わせることで、ようやくその威力をフルに発揮できるようになったのではないかと思います。

 X-H1ボディと同時に一応標準レンズとしてXF35mmF1.4 Rを先に買いましたが、本命としてはこの超望遠ズームを主に使うことを前提に考えていました。さて、X-H1とXF100-400mmの組みあわせは期待通りの威力を発揮してくれるでしょうか?

P1020285.jpg
 試用したわけでもないし、まだ十分なレビューもネットでは見当たりませんが、一抹の不安もないと言えばウソになります。でもミラーレス機が一眼レフを乗り越えるにはどうしても避けて通れない分野ですから、XシリーズにかけるFUJIFILMの本気度を信じて、自ら試してみることにしましょう。

続きを読む “Xマウント唯一の超望遠ズームXF100-400mm F4.5-5.6 R LM OISはX-H1で威力を発揮するか?”

念願のXマウント機入手! FUJIFILM X-H1 は本気で使えるミラーレス機なのか?

 前回の桜のエントリーに貼った写真の中にPENTAX K-1ではないカメラで撮った写真が混ざっていたかと思いますが、その話です。タイトルの通り、富士フイルムのXマウント最新鋭機X-H1を買ってしまいました。

 Xマウント機とは実はそこそこ縁があって、以前利用していた製品モニターサービスを通じて、初代X-Pro1以来何機種か試用させてもらったこともあり、とても馴染みがあります。借りて使ってみるたびに欲しい欲しいと思いつつ、しかしなかなか自分でXマウント機を買う機会(というか理由)がありませんでした。

 しかしいよいよそのときが来ました! ボディ内5軸手ぶれ補正と高性能なEVFと動体追従性能を改善したAFを搭載したX-H1がCP+ 2018の直前になって発売されました。

P1020143.jpg
 これはもしかして買いじゃないのか? Xマウントに多数用意されてる単焦点レンズでも手ぶれ補正が効くXシリーズのカメラが欲しかったんだろ? という内なる声に背中を押しまくられました。

続きを読む “念願のXマウント機入手! FUJIFILM X-H1 は本気で使えるミラーレス機なのか?”