色とりどりの襤褸をまとった美しい舟がゆく世界観に引き込まれる「11 (Eleven)」など最近読んだ本3冊

 ここ最近(と言っても4月以降に)読んだ本の感想文です。今回も結局時代小説ではなく、ネット上の話題になった記事に関連して紹介されていた本の中から、雑食気味に興味を持ったものを余り深く考えず買って読んでみました。

 今まで読んだことのない分野の本を読むのは、とても新鮮で気分の良いものですが、今回紹介する3冊のうちの最初の2冊は特に、今まであまり使ったことない脳と心の一部を強く刺激されたような、強烈な印象が残りました。まるではじめて時代小説に触れたときのように、小説を読む面白さを再発見した気がします。

 ただしどちらも、決して美しくて感動的な物語ではありません。むしろその逆で、心がザワザワとして不快なものに触れているのに、気になってやめられない… と言った感じです。こういうのは中毒を起こしそうでちょっと怖い気がします(A^^:

理屈ではなく肌で感じるSF&ホラー小説短編集:11 (Eleven)/津原泰水

11 eleven (河出文庫)

11 eleven (河出文庫)

百年に一度生まれ、未来を予言するといわれる生き物「くだん」。鬼の面をした怪物が「異形の家族」に見せた世界の真実とは(「五色の舟」)―各メディアでジャンルを超えた絶賛を受け、各種ランキングを席巻した至極の作品集がついに文庫化!津原泰水最高傑作短篇との呼び声が高い「五色の舟」を始め、垂涎の11篇を収録。文庫版オリジナル、著者による自作解題も併録。

続きを読む “色とりどりの襤褸をまとった美しい舟がゆく世界観に引き込まれる「11 (Eleven)」など最近読んだ本3冊”

冤罪を晴らすためにJリーグと戦ったとあるサッカー選手の物語「争うは本意なら」など:冬の間に読んだ本3冊

 年明けからこの冬の間に読んだ本の記録です。前回の読書感想文エントリーで「久々に時代小説に復帰した」みたいなことを書いたそばから、今回はまた時代小説ではないジャンルのものに手を出してみました。

 私は美しい言葉と文章で書かれた空想の世界(=フィクション)が大好きな一方で、基本的にリアリティのあるドキュメンタリーも好きなのだろうと思います。時代小説というのは往々にして、その両方の要素を兼ね備えているものですが、それぞれの要素を個別に突き詰めた読み物にも最近は強く興味を惹かれます。

 さて、最初に紹介する一冊は現代物のドキュメンタリーで、タイトルにも書いたとあるサッカー選手のお話です。もう一つはちょっと風変わりな社会学の本。これもある意味ドキュメンタリーかも。そして残りの1冊は現代物の小説です。

争うは本意ならねど 日本サッカーを救った我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール:木村 元彦

我那覇和樹を襲った、日本サッカー史上最悪の冤罪事件。沖縄出身者として初の日本代表入りを果たした彼のキャリアは、権力者の認識不足と理不尽な姿勢により暗転した。チームやリーグと争いたいわけではない。ただ、正当な医療行為が許されない状況を何とかしなければ。これは一人の選手と彼を支える人々が、日本サッカーの未来を救った苦闘の記録である。覚悟と信念が宿るノンフィクション。

続きを読む “冤罪を晴らすためにJリーグと戦ったとあるサッカー選手の物語「争うは本意なら」など:冬の間に読んだ本3冊”

直木賞を受賞した「宝島」など年末年始から年明けにかけて読んだ小説3冊

 ほぼ半年から一年に一回ペースになってしまった読書感想文です。今回も3冊取り上げてみたいと思います。ここ2年くらいはそれまでほとんど読むことがなかった新書的なものやらドキュメンタリーなどを意識的に読んできましたが、今回は初心に返って小説ばかり読んでみました。

 まず最初はミーハーにも先月発表された第160回直木賞受賞作です。その作品は、戦後まもなくのアメリカ占領下の沖縄を舞台にしにているという点にとても興味を惹かれ、受賞作決定のニュースを見ながら俄然読んでみる気になりました。直木賞や芥川賞みたいな販促イベントには乗せられないぜ! と通ぶってる場合でもなく、興味が沸いた本は何でも読んでみる雑食主義ですから(A^^;

 それに加え、しばらく遠ざかっていた時代物小説(≠歴史小説)も2作読んでみました。やっぱり時代小説はいろいろと想像を掻き立てられるし、読んでいて心が落ち着くし、読後感も良いので大好きです。

アメリカ占領下で逞しく生き抜くウチナンチュの物語:宝島/真藤順丈

第160回直木賞受賞 宝島

第160回直木賞受賞 宝島

英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり―同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩!!

続きを読む “直木賞を受賞した「宝島」など年末年始から年明けにかけて読んだ小説3冊”

今夏の読書記録:偶然出会ったインターネットの記事をきっかけに興味を引かれて読んでみた本三冊

 久々の読書感想文です。今回取り上げた本は三冊ですが、全てに共通するのは、暇つぶしでうろついていたインターネット上でたまたま目にした記事で紹介されていた本であるという点です。というか、それらの記事は全てその本を紹介するため、著者自身が登場するの半ば広告のような記事だったのですが、いずれも読ませる内容となっていて、つい記事の末尾にあるアマゾンのリンクを踏んでしまうと言う、とてもよく出来たものでした。

 いずれも7月から8月にかけて読んでいたもので、本当は読み終わってからすでに1ヶ月近く経っているのですが… このエントリーを書くのにすごく時間がかかってしまいました。言いたいことはあるはずなのに、上手くまとめられそうになくてしばらく放置していたものです。

 特に最初に紹介する「はじめての沖縄」は難しいテーマでとても複雑な感想をもたらした本です。そして是非紹介したいという気持ちは強いのに、その伝えたいこと正確に文章に落とし込むのは非常に難しいことだと思います。そして結局上手くまとまったとは思いません。

 でも、せっかく書いた下書きものを捨ててしまうのももったいないので、誤読される可能性はそのまま飲み込んで、ここらで公開してしまうことにしました。

ウチナーンチュとナイチャーの間にある境界線と非対称性:はじめての沖縄/岸政彦

はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)

はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)

はじめて沖縄に出会い沖縄病になって、勝手なイメージを沖縄に当てはめ、押しつけていた20代。本書はそんな著者の、やむにやまれぬ思考が出発点になって書かれた、切実な「沖縄論」です。この本には、初めて沖縄に行く人のための基本的な情報、その歴史や文化、そして観光名所の解説はありません。社会学者として沖縄をテーマにし、沖縄の人びとの話を聞き取りながらも、「ナイチャー」である自身が「沖縄」について語りうる言葉を探し続けて右往左往するのはなぜなのでしょうか。芥川賞・三島賞候補になった著者が描く、個人的かつ普遍的な、沖縄への終わることのない旅。著者による写真も多数収録。

続きを読む “今夏の読書記録:偶然出会ったインターネットの記事をきっかけに興味を引かれて読んでみた本三冊”

北海道の山々に思いを馳せて読んだ対照的な二冊 ほか最近読んだ本

 久々の読書感想エントリーです。ここ1年以上書いていませんでしたが、その間も本はずっと読んでいました。最近は時代小説以外も読むようにしていたのですが、久々にちょっと記録をつけておきたいな、と思える本に何冊か巡り会ったので、読書カテゴリーを復活させることにしました。以前のような長文ではなく、自分の読書記録として一言ずつ… と思って書き始めたら、結局以前同様の長文になってしまいました。まぁ、推敲に時間をかけて短くするのも手間なので、書いたままにしておこうと思います。

 さて、今回のテーマは「北海道の山」です。いえ、結果的にそうなっただけで、それを意識して選んだわけではありません。一冊はその素晴らしさが書かれており、もう一冊は怖さが書かれています。

ニセコパウダーヒストリー:ひらふスキー場発達史刊行委員会

ニセコパウダーヒストリー―ひらふスキー場リフト開業50年

ニセコパウダーヒストリー―ひらふスキー場リフト開業50年

  • 作者: ひらふスキー場発達史刊行委員会
  • 出版社/メーカー: ひらふスキー場発達史刊行委員会
  • 発売日: 2011/11
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る

レルヒ中佐がニセコにスキーを伝えて100年。そしてニセコにスキー場が出来て50年。ニセコのスキーの幕開けは、1912年にレルヒ中佐が、スキーを携えて倶知安にやって来たことに始まります。2011年12月のひらふスキー場開設50周年の節目に久米家、ニセコの歴史とレルヒ中佐をはじめとしたニセコにおけるスキーの先人達の足跡をたどります。

ニセコひらふ おもしろ歴史ブログ

続きを読む “北海道の山々に思いを馳せて読んだ対照的な二冊 ほか最近読んだ本”

奈良に行く前に読み直しておくべきだった:「天平の甍」など最近読んだ本4冊

 最近の読書記録です。行ってきたばかりの旅先に関係する小説を読み直す、というのは、最近お気に入りの旅の思い出を追体験する方法です。3月に沖縄旅行から行ってから「太陽の子」を読み直したのに続き、先月末に初めて奈良を訪れたのをきっかけにして、奈良に関する小説を思い出し、改めて読み直して見ることにしました。

天平の甍:井上靖

天平の甍(新潮文庫)

天平の甍(新潮文庫)

天平の昔、荒れ狂う大海を越えて唐に留学した若い僧たちがあった。故国の便りもなく、無事な生還も期しがたい彼ら――在唐二十年、放浪の果て、高僧鑒真を伴って普照はただひとり故国の土を踏んだ……。鑒真来朝という日本古代史上の大きな事実をもとに、極限に挑み、木の葉のように翻弄される僧たちの運命を、永遠の相の下に鮮明なイメージとして定着させた画期的な歴史小説。

天平の甍 (新潮文庫) | 井上 靖 | Kindleストア | Amazon

続きを読む “奈良に行く前に読み直しておくべきだった:「天平の甍」など最近読んだ本4冊”

沖縄旅行の余韻に浸りながら読んだ本と聴いた音楽

 3月上旬に行ってきた沖縄旅行の余韻にいまだに浸っています。沖縄を訪れるのは初めてではなかったし、そもそも普通に観光地を回ってきただけなのに、なぜか今回の旅行は特に楽しくて、印象が強く残り、その「沖縄の思い出」を忘れまいとしているところです。

 そのために音楽はとても手頃で、iTunesを探せば沖縄民謡とそれをベースにした楽曲はたくさん見つかります。それらを片っ端からiPhoneにダウンロードして毎日聴きつつ、そう言えば、沖縄を舞台にした有名な小説もあったよな… とAmazonで探して買ってみました。

太陽の子:灰谷健次郎

太陽の子 (角川文庫)

太陽の子 (角川文庫)

ふうちゃんは、神戸生まれの女の子。おとうさんとおかあさんは沖縄出身で、神戸の下町で琉球料理の店「てだのふあ・おきなわ亭」を営んでいる。やさしい常連さんたちに囲まれて明るく育ったふうちゃんだが、六年生になった頃、おとうさんが心の病気で苦しむようになる。おとうさんの病気の原因は何なのか?ふうちゃんは、「沖縄と戦争」にその鍵があることに気づきはじめる…。戦争は本当に終わっているのだろうか。なぜおとうさんの心の中でだけ戦争は続くのか?今、日本人が本当に知らなくてはならないことがここにある。

太陽の子 (角川文庫) | 灰谷 健次郎 | 文庫 | Amazon

続きを読む “沖縄旅行の余韻に浸りながら読んだ本と聴いた音楽”

最近読んだ本5冊:新海誠、宮部みゆき、佐伯泰英、宇江佐真理

 ここ最近の読書記録です。相変わらず時代小説が好きなのですが、そうじゃないものも時々読むようになってきました。紙の本なら絶対買わないものも、電子書籍だと気軽に買ってしまうのが原因でしょう。私の個人的体験だけを見れば、電子書籍は購買へのハードルを下げ、読者の裾野を広げる効果はあると思うんですけど、いまだその辺も論争が絶えません。まぁ、縦書きの活字を読む限りにおいて、電子書籍は読書体験の質としては紙に遥かに及ばないと、思っていますけど。好きな本は出来れば紙で読みたいです。

 さて、特に今回は昨夏以来話題沸騰の流行りものに手を出してみました。いまさら感満載ですがそこから始めましょう。

君の名は。:新海誠

小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが―。出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督みずから執筆した原作小説。

小説 君の名は。 (角川文庫) | 新海 誠 | Kindleストア | Amazon

続きを読む “最近読んだ本5冊:新海誠、宮部みゆき、佐伯泰英、宇江佐真理”

最近の読書記録:髪結い伊三次と鼠と反知性主義

 ここ3ヶ月ほどすっかり読書記録をつけるのをサボってしまいました。しかし読書をしていなかったわけではなく、それなりにいつものペースで読んでいました。このまま読書カテゴリーをフェードアウトさせるのも勿体無いので、約3か月分まとめてここで記録しておこうと思います。

 この間読んでいたのは宇江佐真理さんの「髪結い伊三次シリーズ」の続きと、赤川次郎さんの「鼠シリーズ」最新刊、そしてやや毛色が変わって森本あんり氏の「反知性主義」といったあたりです。

DSC_4095
 ちなみに最近はすべてKindle版を買ってPaperwhiteで読んでいます。とても便利でもはや紙の本には戻れない、と思う一方で、実感として紙の本を買っていたときより本を読むモチベーションが下がったな、と思います。感想文を書かなくなった理由もその辺にありそうです。何ででしょうね?

続きを読む “最近の読書記録:髪結い伊三次と鼠と反知性主義”

毎月20日はカメラ雑誌の発売日!

 毎月20日はカメラ雑誌の発売日です。ネットが普及した今の時代、写真やカメラに関する様々な情報は、雑誌を買わなくても手に入るようになりましたが、今でも多くの写真やカメラ関係の雑誌が発行されているところを見ると、紙媒体の需要は引き続きあるのでしょう。新機種情報の即時性はともかく、写真はやはり印刷されてなんぼというところが重要なのかもしれません。

  実のところ私自身カメラ雑誌を買わなくなってかなりの年月が経ちます。が、今月は全て買い集めようと思っています。

アサヒカメラ 2016年 05 月号 [雑誌]

アサヒカメラ 2016年 05 月号 [雑誌]

 やはりなんと言ってもアサヒカメラ。内容は比較的硬派で高尚ですが、中学生の頃から読んでいました。いや、見ていた、と言った方が良いのかも。
 ふむふむ、今月は祭り特集ですか。夏はお祭りの季節ですからね。今年も地元のお祭りでお神輿の写真を撮ってみたいです。

続きを読む “毎月20日はカメラ雑誌の発売日!”