K-1発売から3周年! PENTAXファン感謝デーでオリジナルホットシューカバー2019年版をもらう

 もう1週間以上前のことになりますが、4月19日夕方から4月21日の日曜日にかけて、リコーイメージングスクエア東京において「PENTAXファン感謝デー」なるイベントが開催されました(その一週間前には大阪でも行われました)。これは「ペンタックスブランド100周年に向けての特別イベントかなー?」と思っていたら、どうやら昨年も同様のイベントは開催されたとか。

 ん?そうだったっけ? 行けなかったにしても開催されたなら覚えていても良さそうなものですが、なぜか全く記憶にありません…。どうしたことでしょう?

 それはさておき、このイベントの具体的内容はと言えば、カメラやレンズの無料点検とか、アウトレット品の即売会みたいなものがあるらしく、ちょっと興味を引かれます。あと、来場者プレゼントとして「オリジナルホットシューカバー」なるものがもらえるとか。

 無料でもらえるグッズは是非もらっておこうではないかと言うことで、最終日の20日の午後に時間を作って、新宿までちょっとだけ出かけてきました。

DSC_8275.jpg
 折しも4月末はK-1記念日でもあります。Kマウント初のフルサイズデジタル一眼レフとして、K-1が発売されたのはちょうど3年前の4月28日のことでした。K-1の3歳のお祝いに新しいホットシューカバーを取り付けてあげることにしましょう。

続きを読む “K-1発売から3周年! PENTAXファン感謝デーでオリジナルホットシューカバー2019年版をもらう”

もうすぐ100周年を迎えるPENTAXブランドとRICOH製品だけ見てきたCP+2019見物記

 先週の木曜日から日曜日まで、毎年恒例のCP+がパシフィコ横浜で開催されていました。経済ニュースでは「スマホに押されて縮小を続けるカメラ市場」みたいな斜陽業界として扱われがちですが、そんな伝統的カメラ業界によるコンシューマ向け展示会としてのCP+は、ひどい混雑が話題になる程度には盛り上がり、実際今年も天候が悪かったわりに過去最高の入場者数を記録したそうです。めでたい、めでたい。

 さて、そんなCP+に私も行ってきたわけですが、今回は色々とあって金曜日の夕方のみ、滞在時間はわずか1時間半ほどしかありませんでした。ミラーレス機を中心に多くの新機種が発表または発売された直後とあって、注目の製品には事欠かなかったわけですが、新製品はいずれ店頭で触れるし、そもそもあまり興味の沸く製品がなかったのでバッサリ割愛し、問題の(?)リコーイメージングブースだけ見てきました。

f:id:hisway306:20190301162701j:plain
 なので、このレポートには参考になりそうな情報は何もなくて、私個人のかなりいい加減な見物記録および独り言となっています。

続きを読む “もうすぐ100周年を迎えるPENTAXブランドとRICOH製品だけ見てきたCP+2019見物記”

最新のドラム式洗濯乾燥機でスキーウェアを洗濯してみる

 前回に続いて洗濯ネタです。だいたいの家事は嫌いなんですが洗濯大好きなんですよね。ということで、新しい洗濯機を買ったら洗濯してみたいと思ってた、ちょっと特殊な衣類や大物がいくつもあります。いずれも古い洗濯機でもやろうと思えば出来たはずなんですが、やはり最新の洗濯機はいろいろなモードが付いているし、情報も多いし、さらには乾燥まで一気に出来てしまうと言うことで、仕上がりまでの時間と作業内容が見通せるというところが、俄然やる気を掻き立てます。

 で、季節的にもまず早急にやってみなくてはと思っていたのがスキーウェアの洗濯です。はい、昨シーズンを終えてからクローゼットにしまったまま、クリーニングに出しそびれていました…。なので今シーズン使う前に是非とも洗っておきたい、と思っていました。

 スキーウェアは防寒と防水性能が重要で嵩張るものですし、普通はあまり家庭で水洗いするものではありませんが、クリーニング代もそれなりにしますし、汚れ具合に応じて自宅で洗濯できたらこんなに楽なことはありません。

 スキーウェアの洗濯方法についてはWEBにいろいろな情報が出ています。少しずつ違うことを言っていたりして、これと要った正解はないのかも知れませんが、それはウェアの素材や構造にもよるので当然のことです。

f:id:hisway306:20190102134155j:plain
 ですから、以下の内容はあくまでも「私が使っているスキーウェアの場合」という但し書きがつきますので、ご注意ください。

続きを読む “最新のドラム式洗濯乾燥機でスキーウェアを洗濯してみる”

ドラム式洗濯乾燥機を長く使うために欠かせない日々のメンテナンス

 昨年11月に買ったななめドラム式の洗濯乾燥機ですが、先日の2018年振り返り記事でも書いたとおり、今やこれなしでは生活できないと思えるくらいに頼り切っています。天気や時間にかかわらず洗濯してフカフカに乾燥出来るのは本当に便利。とりあえず1ヶ月分しか見ていませんが、乾燥機をガンガン使っても電気代はほとんど変わらず。水道代はさすがに節水型のドラム式だけあって目に見えて減ったように思います。

 しかしドラム式洗濯乾燥機は、家電としては珍しいくらいに日々のメンテナンスが欠かせない機械でもあります。今まで使っていた普通の縦型洗濯機では、たまにゴミ取りフィルタを掃除したり、半年に一回くらい槽洗浄しておくだけでしたが、それに比べると遙かに手間がかかるということで、その面倒くささが購入時の一番の心配点でもありました。

 そのドラム式洗濯乾燥機を長く故障なく使うために欠かせないメンテナンスのキーワードは「ホコリ取り」です。特に乾燥機を使用した後は必ず枚買いフィルターの清掃をしないといけません。さもないとゆくゆくは故障につながり、修理に大変な手間がかかってしまうのだとか。

f:id:hisway306:20181123134109j:plain
 それがどうにも面倒に思えてずぼらな自分に出来るだろうか?と思っていたのですが、さすがに家電としていろいろ工夫されてきたのか、実際やってみると「思ったよりもずっと簡単だな」というのが現時点での感想です。

 備忘録も兼ねてその清掃作業のキーポイントをまとめておきたいと思います。

続きを読む “ドラム式洗濯乾燥機を長く使うために欠かせない日々のメンテナンス”

世間の流れに逆らいミラーレスから一眼レフへ回帰した一年:2018年を振り返る

 年末恒例の今年一年の振り返りリエントリーです。昨年2017年については「縮小と停滞」というキーワードでまとめましたが、このブログ的には2018年もその流れはずっと続いています。その一端としてあらわれているのがエントリー数の減少です。2018年に更新した記事はこの記事を入れて123となり、前年比で2割減となりました。それについては思うところがあるのでまた最後に触れたいと思います。

 さて、記事数の減少とは裏腹に、今年はいろいろ脈絡のない買い物をしまくってしまいました。最終的に良いところに落ち着いたとは思うのですが、振り返ってみるとどうも買い物運はあまりなかった一年では無いかと思います。

 特にカメラ関係で言うと、特徴的な出来事と言えばタイトルに書いたとおりで、世の中のミラーレス化への流れに逆らって、一眼レフに固執する結果となったことが大きいです。しかもKマウントから浮気してFマウントに手を出してしまったというのは、私的には大きな出来事でした。

f:id:hisway306:20181229152228j:plain
 ということで、↑この写真は今年買った主なカメラとレンズです。何でこうなったんだろう? という経緯を反省する意味を込めて、2018年の振り返りをしておこうと思います。

続きを読む “世間の流れに逆らいミラーレスから一眼レフへ回帰した一年:2018年を振り返る”

老眼が進んでもコンタクトレンズを諦めない! 遠近両用の「生感覚レンズ」を試してみる

 老眼が進行して遠近両用の眼鏡をかけるようになって早7年。その眼鏡は度が進むにつれて作り直しているうちに、今年とうとう3本目となりました。しかもとうとう「遠近両用」ではなく「中近両用」にしたりして、確実にそして急速に目の老化は進行しています。この老眼は40代になってからの私個人にとって、生活習慣やリズムを大きく乱す、健康上の一大問題となっていました。

 老眼が無視できなくなるまでは、視力矯正には主に使い捨てコンタクトレンズを使っていました。技術の進歩により使い捨てコンタクトレンズにも遠近両用タイプが出たりしたので、一時期はそれも試してみたのですが、やはりコンタクトレンズで矯正できる範囲は限られており、最近はすっかりコンタクトレンズの使用は諦めて眼鏡のみに頼っていました。

 でも! やはりコンタクトレンズを使いたいと思うことが時々あります。スキーをする時はもちろん、夏場でも太陽が眩しくてサングラスをしたいと思うこともあるし、暑い夏にはなるべく身につけるものを最小限にしたいところ。汗をかくと眼鏡も鬱陶しくなります。そして一番眼鏡に不便を感じるのは写真を撮るときです。ファインダーはなるべく目を密着して覗きたいですよね?

f:id:hisway306:20181225152558j:plain
 ということで、久しぶりにコンタクトレンズ屋さんに出向いて、最新の遠近両用コンタクトレンズの状況を聞いてきました。その結果、前回試したものよりもさらに老眼の矯正力が高まったという最新の遠近両用コンタクトレンズに再挑戦してみることにしました。

続きを読む “老眼が進んでもコンタクトレンズを諦めない! 遠近両用の「生感覚レンズ」を試してみる”

初めてのななめドラム洗濯乾燥機 パナソニックNA-VX9900L を導入した顛末記

 洗濯機を買い換えました。これまで我が家にあった洗濯機は15年ほど前に買った、ごく普通の縦型全自動洗濯機です。ほぼ毎日回していましたが、一度も故障することもなくずっと働き続けてくれました。

 …と書き出すと、とうとう壊れてしまったかのようですが、実はそうではありません。今月になっても相変わらず健気にきちんと洗濯してくれていました。異音もせず壊れそうな気配を微塵も見せていないのですが… そろそろこれも潮時かな、とこちらが根負けした感じです。

 というのも、今年の夏場に洗濯物に付くうっすらとした生臭さが気になり始めたところで、しばらくサボっていた洗濯槽クリーニングをしてみたところ、ちょっと引くくらいの石けん滓などが出てきました。しかも、それが何度かやっても無限に出てくるかのような状態なのを見て、買い換えたい…と思ったのでした。

 となれば、思い立ったが吉日。衝動買いには慣れています。早速洗濯機を買うことにしよう!

 今買うなら当然ななめドラム式の洗濯乾燥機だろ!ということで、各社のWEBを見てカタログを集めていろいろ研究。本当は日立のビッグドラムを第一候補にしていたのですが、色々あって(後述します)パナソニックの今年モデル最上位機NA-VX9900Lにしました。

続きを読む “初めてのななめドラム洗濯乾燥機 パナソニックNA-VX9900L を導入した顛末記”

独自ドメインを使用したはてなブログでSSL配信がようやく可能になった!

 この記事は私個人の備忘録です。また希に「はてなブログ」でブログを書いてる方に有用な情報があるかも知れませんが、通常読んでいただいてる皆さん、たまたま検索で流れ着いてきた方には、ほぼ役立つ情報はありませんのでご了承ください。

 このブログが使用している「はてなブログ」では、昨年9月頃にHTTPS化の方針が発表されましたが、その後当初のスケジュールからは大幅に遅れて、今年の2月になってからようやく「はてな」が提供するドメインのHTTPS化が始まりました。そして今週になってからようやく独自ドメインを取得しているブログについても、HTTPS化することができるようになりました。

 本ブログも水曜日の夜からHTTPS配信に切り替えています。現時点で2015年以降の記事はおおむね「安全な接続」となっていることは、私の環境においては確認できました。それ以前の古い記事はまだ表示崩れがあったり「安全な接続」ではなかったりしている場合がありますが、順次修正していく予定です。

 さてHTTPS化に当たっては、すでに公開済みのコンテンツにいろいろと修正を加えなくてはならず、いろいろと手間がかかりました。必要な修正とはひとえに「混在コンテンツの解消」=「非セキュアな外部リソースの解消」にあります。以下、具体的に行った作業をまとめておきたいと思います。

f:id:hisway306:20180614211958j:plain
 と言っても、今後二度とやることはないはずなので、もう忘れてしまっても良いのですが、、結構大変だったので記録を残しておきたいと思います。

続きを読む “独自ドメインを使用したはてなブログでSSL配信がようやく可能になった!”

東京のビールフェスといえば日比谷公園! ヒビヤガーデンのMARTINIガーデンラウンジで昼シャンパン&ビールを楽しむ

 まだ5月だというのに東京では連日夏日どころかもうすぐ真夏日に届きそうな暑い日が続いています。冬好きの私としては夏を乗り越えるにはビールでも飲まないとやってられません。銀座松坂屋や数寄屋橋ニユートーキヨーなど、古き良き昭和の残り香がするビアガーデンは東京からどんどんと消えてしまいましたが、代わりに新しい小洒落たビアガーデンが出来るとともに、期間限定のビールフェスもあちこちで数多く行われるようになってきました。やっぱり暑い夏には屋外でプハァ〜とビールを飲みたいですよね。

 さて、東京でビールフェスと言えば日比谷公園を真っ先に思い出します。私の思い出で言えば、今から10年ほど前、元祖(日本版の)オクトーバーフェストが行われていたのがここ日比谷公園でした。もちろん当時から大人気でそれなりに混んでいましたが、その後数年のその人気はうなぎ登りとなり、会場内に入るのも困難なほどの異常な状態を一度経験してからは、気持ちが折れてすっかり足が遠のいていました。

 そんな思い出のある日比谷公園ですが、いまでもオクトーバーフェストは行われている一方、それに先駆けてこの5月後半には「ヒビヤガーデン」なるビールフェスが行われています。様々な種類の海外クラフトビールが飲めるというだけでなく、会場内の一角にはマルティニがスペシャルブースを出店しており、ゆったりしたソファ席が用意されていると言うではありませんか。

K1M21861.jpg
 混雑した中で「袖すり合うも…」という感じで見知らぬ酔っぱらい達の中にまみれるのも楽しいですが、大人らしくゆっくりとソファに座り、テントの下で優雅にビールを飲むのも乙なものではないか?ということで、今回は有料座席付きのビールフェスなるものを楽しんできました。なんたる贅沢!

続きを読む “東京のビールフェスといえば日比谷公園! ヒビヤガーデンのMARTINIガーデンラウンジで昼シャンパン&ビールを楽しむ”

さらに老眼が進行したので「遠近両用」を諦めて「中近両用」眼鏡を新調する

 眼鏡を新調しました。私は30代後半からはっきりと老眼を自覚するようになり、初めて遠近両用眼鏡を作ったのが6年前。それからもジワジワと老眼は進行し再び見えづらくなってきたので、新しく遠近両用眼鏡を作り替えたのが2年前のこと。この眼鏡も4年くらいは使えると思っていたのですが、残念ながらその目論見は外れてしまいました。

 今年に入ってから、眼鏡をかけているとあらゆる場面で見づらさを強く感じるようになり、ほぼ遠近両用眼鏡としては役に立っていないような状況。日中のほとんどの時間、パソコンのディスプレイ(ノート型だけでなく据え置き型も)を眺めてることになるのですが、それらが良く見えないストレスに苛立ち、さらには久々に慢性的な頭痛を引き起こすようになっていました。

f:id:hisway306:20180419220146j:plain
 これはたまらんと言うことで、視力を測り直してみると、近視と乱視はほぼ変わっていないものの、やはり老眼は一段と進んでいるとの結果が出ました。そしてパソコン仕事が多いなら「遠近」ではなく「中近」にしたらどうですか?という提案を受けて、試してみることにしました。

続きを読む “さらに老眼が進行したので「遠近両用」を諦めて「中近両用」眼鏡を新調する”