雨上がりは飛行機撮影の絶好のチャンス! 成田空港近くのさくらの山で翼端渦を狙う

 飛行機の写真を撮るには晴れてる日を狙うことがほとんどだと思います。スカッと晴れた青空を背景に光を一杯に浴びて飛んでいく機体が一番美しいですから。でも写真的には少し背景に雲があった方が面白くなったりもするわけで、つまるところ空にカメラを向ける以上、光線状態や天候は飛行機撮影にとっては非常に重要なファクターを占めています。そういう意味では、雨の日は飛行機写真的にはオフシーズン… かと思えば実はそんなことはありません。

 飛行機写真の大家と言われる方々の素晴らしい作品を見ていると、やはり凡人には思いつかないようなシチュエーションで撮られたものが多く、中でも悪天候を逆手に取ったような作品は少なくありません。そう、雨こそ絶好の撮影チャンスであるわけです。とはいえ、私自身はやはり良く晴れた日にしか空港へは行ったことがありませんでいした。

DSC_1074-Edit.jpg
 先週の日曜日はちょうど朝まで降っていた激しい雨が上がり、午後には一機に晴れに転じるという予報が出ていました。せっかく手に入れたNikon D500で今までと同じような写真を撮っても面白くないと思い、敢えて雨の中クルマを成田に向けて走らせ、天気の変わり目を狙ってみることにしました。

続きを読む “雨上がりは飛行機撮影の絶好のチャンス! 成田空港近くのさくらの山で翼端渦を狙う”

動体撮影のために結局のところNikon D500とAF-S Nikkor 200-500mm F5.6を手に入れるに至った顚末

 これまでPENTAX機で頑張って飛行機やらF1やら動体を撮ってきました。AFや連写速度にいろいろ不安はあるものの、うまく工夫すればそこそこ使えるし、歩留まりが悪いなりに、偶然にもピタッと当たったときの絵はさすがPENTAX!と言えるものなので、なかなかやめられませんでした。もちろんそう言った使いこなし自体を楽しんでいた、と言う面もあります。

 でも… そろそろ飽きてきた(疲れてきた?)んですよね、PENTAX機で頑張るのに。もっと格好付けたこと言うなら「天井にぶち当たった」気がしています。いえ、カメラとしての能力はもっともっと引き出せる余地があることは分かっています。それこそ写真家の洲崎秀憲さんがKシリーズで撮った見事な飛行機の写真には驚嘆します。でも、さすがに凡庸なアマチュアがそのレベルに到達することは困難です。

 ならば、アマチュアとしては素直に道具に頼るしかありません。ですから飛行機やF1を撮るために大好きなPENTAX機にこだわるのはやめて、もっと動体撮影に特化したカメラを使ってみようと思うようになりました。やっぱり適材適所ですよね。

KONE2804.jpg
 ということで、その「適材」を手にするまでいろいろな紆余曲折があったのですが、最終的に行き着いたのはNikon D500です。APS-Cの動体スペシャルとしては今のところこれが一番間違いない… と思います(※個人の意見です)。

続きを読む “動体撮影のために結局のところNikon D500とAF-S Nikkor 200-500mm F5.6を手に入れるに至った顚末”

北海道の山々に思いを馳せて読んだ対照的な二冊 ほか最近読んだ本

 久々の読書感想エントリーです。ここ1年以上書いていませんでしたが、その間も本はずっと読んでいました。最近は時代小説以外も読むようにしていたのですが、久々にちょっと記録をつけておきたいな、と思える本に何冊か巡り会ったので、読書カテゴリーを復活させることにしました。以前のような長文ではなく、自分の読書記録として一言ずつ… と思って書き始めたら、結局以前同様の長文になってしまいました。まぁ、推敲に時間をかけて短くするのも手間なので、書いたままにしておこうと思います。

 さて、今回のテーマは「北海道の山」です。いえ、結果的にそうなっただけで、それを意識して選んだわけではありません。一冊はその素晴らしさが書かれており、もう一冊は怖さが書かれています。

ニセコパウダーヒストリー:ひらふスキー場発達史刊行委員会

ニセコパウダーヒストリー―ひらふスキー場リフト開業50年

ニセコパウダーヒストリー―ひらふスキー場リフト開業50年

  • 作者: ひらふスキー場発達史刊行委員会
  • 出版社/メーカー: ひらふスキー場発達史刊行委員会
  • 発売日: 2011/11
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る

レルヒ中佐がニセコにスキーを伝えて100年。そしてニセコにスキー場が出来て50年。ニセコのスキーの幕開けは、1912年にレルヒ中佐が、スキーを携えて倶知安にやって来たことに始まります。2011年12月のひらふスキー場開設50周年の節目に久米家、ニセコの歴史とレルヒ中佐をはじめとしたニセコにおけるスキーの先人達の足跡をたどります。

ニセコひらふ おもしろ歴史ブログ

続きを読む “北海道の山々に思いを馳せて読んだ対照的な二冊 ほか最近読んだ本”

開店前から行列必至!足立区鹿浜の「スタミナ苑」に3時間並んで絶品焼肉にありつく

 浅草で粋にさっぱりとした「どぜう鍋」を食べた翌日、やっぱり夏バテ防止には焼肉でスタミナをつけなくては!ということで、こってり脂とタンパク質たっぷりな焼肉を食べに行ってきました。目指すはその名も夏バテ防止にぴったりな「スタミナ苑」です。

 東京の端っこ、足立区は鹿浜の住宅街にありながら、焼肉好きの間では全国的に超有名店です。予約は一切取らないため、当日とにかくお店に押しかけるしかありません。なので人気のある週末には、開店前から行列ができます。

P1020678.jpg
 実はこの「スタミナ苑」に訪れるのは今回で2回目。前回もかなり並んだ記憶がありますが、今回はどんなものでしょうか? どんより曇り空で風が涼しい日曜日、午後4時半の開店に対し1時間は並ぶ覚悟で、午後3時半には鹿浜のお店の前に到着しました。

続きを読む “開店前から行列必至!足立区鹿浜の「スタミナ苑」に3時間並んで絶品焼肉にありつく”

本格的な暑さを迎える前から夏バテ対策!浅草の「どぜう飯田屋」でスタミナをつける

 東京の名物と言えば色々ありますが、江戸の昔から続く下町の味覚として欠かせないのが「どぜう鍋」です。東京三大どぜう店の一角を占めていた江東区は高橋の「伊せ喜」が廃業してからずいぶん経ちますし、今となっては食べられるお店も限られている珍味の部類に入る料理です。

 そんな中、浅草の少し外れで合羽橋に近い「飯田屋」は、昔から変わらず営業している「どぜう鍋」専門店です。初夏から夏にかけてこの時期になるとなぜか食べたくなるという意味では鰻に近いような気もします。実際に栄養面で夏バテ防止に効果があるのかどうかは分かりませんが、少なくとも気分的な面での効果は絶大。スタミナがついてどんな酷暑も乗り切れるような気分になってきます。

 飯田屋に前回訪れたのは2年前。やはり梅雨真っ盛りの今ぐらいの季節でした。今年は5月と6月の気候が入れ替わってたんじゃないかというような状態ですが、ともかく私はすぐに夏バテしやすい体質なので、自覚症状が出る前に「どぜう鍋」を食べて対策をすることにしました。

P1020527.jpg
 さて、久しぶりの「どぜう鍋」を堪能しましょう!

続きを読む “本格的な暑さを迎える前から夏バテ対策!浅草の「どぜう飯田屋」でスタミナをつける”

PEUGEOT 308SW納車から早くも一年が経過!:12ヶ月点検整備内容とこの1年の振り返り

 タイトルの通りなのですが、まだ買ったばかりでピカピカの新車気分が抜けていないPEUGEOT 308SWが、気がついてみたらもうすぐ納車一年を迎えます。登録日は昨年6月のニクの日(=29日)で、納車は7月1日でした。

 まったくトラブルはなくて至って快調なのですが、この1年でそこそこ距離も走って「メンテナンスを受けろ」という警告(メーターパネルとMy PEUGEOTアプリ上に表示される)がしつこいことに加え、先月にちょうどリコールが発表されたこともあるので、ちょっと早いですが12ヶ月点検に出してきました。

K1M23019.jpg
 ということで、12ヶ月点検の結果と、この一年のPUEGEOTライフを簡単に振り返っておきたいと思います。

続きを読む “PEUGEOT 308SW納車から早くも一年が経過!:12ヶ月点検整備内容とこの1年の振り返り”

独自ドメインを使用したはてなブログでSSL配信がようやく可能になった!

 この記事は私個人の備忘録です。また希に「はてなブログ」でブログを書いてる方に有用な情報があるかも知れませんが、通常読んでいただいてる皆さん、たまたま検索で流れ着いてきた方には、ほぼ役立つ情報はありませんのでご了承ください。

 このブログが使用している「はてなブログ」では、昨年9月頃にHTTPS化の方針が発表されましたが、その後当初のスケジュールからは大幅に遅れて、今年の2月になってからようやく「はてな」が提供するドメインのHTTPS化が始まりました。そして今週になってからようやく独自ドメインを取得しているブログについても、HTTPS化することができるようになりました。

 本ブログも水曜日の夜からHTTPS配信に切り替えています。現時点で2015年以降の記事はおおむね「安全な接続」となっていることは、私の環境においては確認できました。それ以前の古い記事はまだ表示崩れがあったり「安全な接続」ではなかったりしている場合がありますが、順次修正していく予定です。

 さてHTTPS化に当たっては、すでに公開済みのコンテンツにいろいろと修正を加えなくてはならず、いろいろと手間がかかりました。必要な修正とはひとえに「混在コンテンツの解消」=「非セキュアな外部リソースの解消」にあります。以下、具体的に行った作業をまとめておきたいと思います。

f:id:hisway306:20180614211958j:plain
 と言っても、今後二度とやることはないはずなので、もう忘れてしまっても良いのですが、、結構大変だったので記録を残しておきたいと思います。

続きを読む “独自ドメインを使用したはてなブログでSSL配信がようやく可能になった!”

待望の雨到来!早くも見頃を迎えた紫陽花を撮りまくる

 先週末に「東のあじさい寺」こと松戸の本土寺まで行ってきましたが、紫陽花はまだ3分咲きくらいでした。見頃を迎えるまであと2週間くらいかかるかな?などと暢気なことを思っていたら、先週中からテレビの情報番組ではやたらに鎌倉の紫陽花情報をやっていて、それによるとこの週末が最盛期!とのことでした。ちょっと煽りすぎじゃないか?という気もしたのですが、通勤途中に見る街角の紫陽花も、たしかにこの一週間で急に開花が進み、見事な姿を見せるようになりました。

 桜と違って紫陽花は比較的長い期間楽しめる方だと思うのですが「今週末が一番の見頃!」と連呼されると、ちょっと気になります。鎌倉とはほんの少し気候が違うかもしれないと思いつつ、やはり週末は紫陽花巡りで予定を埋めることにしました。

 天気予報によると土曜日は晴れ、日曜日は雨との対照的な天気とのこと。紫陽花は晴れでも雨でも絵になるので、これはむしろ好都合です。ということで、晴れて暑くなった土曜日は少し遠出をして、千葉県は佐倉市にある川村記念美術館の庭園へ、そして雨が降って寒くなった日曜日は近所で三歩圏内にある木場公園へ行って見ることにしました。

K1M22797.jpg
 以下、前回同様に紫陽花の写真がずらっと続きます。

続きを読む “待望の雨到来!早くも見頃を迎えた紫陽花を撮りまくる”

松戸のあじさい寺「本土寺」で開花し始めの紫陽花を撮る

 今週に入って関東地方もようやく梅雨入りしました。春も初夏も早めにやってきたわりに、梅雨前線は平年よりも少し早かっただけのようです。しかし紫陽花はそんな梅雨本番の訪れを待たずに、5月末からあちこちで開花が進んでいるという情報を聞きつけ、まだ梅雨入り直前で真夏のように晴れ上がった先週日曜日に今年最初の紫陽花見物&撮影に出かけてきました。

 紫陽花はその辺の街角にも一杯咲いていて、毎年それだけでも十分に愉しむことが出来るのですが、今回は紫陽花の名所と言われるところにも行ってみようと言うことで、東京のすぐ東隣、千葉県は松戸市にある「あじさい寺」こと「本土寺」に行ってきました。東京近郊の「あじさい寺」と言えば鎌倉の明月院を筆頭に、西には高幡不動尊などもありますが、この松戸の本土寺も約1万株の紫陽花があるとのことで、最盛期は素晴らしい景色が見られるそうです。

 首都高速湾岸線から、先の土曜日に開通したばかりの東京外環道を経由して松戸まではひとっ走りです。本土寺周辺は駐車場も少なくて混雑するので、少し離れたコインパーキングに停めて炎天下を少し散歩してきました。

K1M22610.jpg
 しかし結果から言うと、先週末時点ではまだまだ咲き始めたばかりで、「あじさい寺」という風情にはほど遠い感じでした。ちょうど今週になって梅雨に入ったことですし、シトシト降る雨の中、これから1〜2週間こそが見頃なのではないかと思います。

続きを読む “松戸のあじさい寺「本土寺」で開花し始めの紫陽花を撮る”

梅雨入り直前つかの間の快晴の下「小岩菖蒲園」で満開になった花菖蒲を撮りに行く

 東京では連日暑い日が続いています。これまでは湿度が低く乾いた空気で気温が高いなりにそれでも過ごしやすかったのが、5月下旬からは次第に湿気を感じるようになり蒸し暑くなってきました。季節の進み方が早い今年の春ですが、梅雨入りまではあと一息というところです。こういう気候になってくると、真っ先に気になるのは紫陽花の開花ですが、その前に見頃を迎える花があるのを思い出しました。それが花菖蒲です。

 菖蒲と言えば水を張って年中通してしっかり管理された菖蒲田で咲くものなので、桜や紫陽花のように街角のあちらこちらでふと見かけると言うことはあまりありません。我が家周辺の公園にもいくつか菖蒲田はあるのですが、中でも一番のお気に入りは江戸川河川敷に作られた江戸川区営の小岩菖蒲園です。

 昨年は色々とタイミングを逃し訪れていなかったので約2年ぶりと言うことになります。先の週末は特に朝からスッキリ快晴の青空が広がり、河川敷はさぞかし気持ちよかろうと言うことで、麦わら帽子を引っ張り出し、日焼け止めを塗って、熱中症対策をした上でカメラを持って散歩がてらでかけてみました。

K1M22329.jpg
 果たして、花菖蒲はほぼ満開状態で最高の見頃を迎えていました!

続きを読む “梅雨入り直前つかの間の快晴の下「小岩菖蒲園」で満開になった花菖蒲を撮りに行く”