今年もニセコの素晴らしいディープパウダーを楽しみつつ変わりゆく街の姿に少し戸惑う

 今年もこの季節がやってきました。毎年飽きずに繰り返していること、何度も訪れている場所はたくさんありますが、中でも1月中のニセコ行きは1年の中でもっとも楽しみにしている年中行事のひとつです。今回も昨年の秋口から計画を立て、航空券やホテルを予約し、インフルエンザの脅威を何とかかわしつつ、迎えた1月の最終週。年明け早々有給休暇を5日も使ってまるまる1週間休みをとり、5泊6日という日程で出かけてきました。

 以前は普通の国内旅行並みに2泊3日で行っていたのですが、次第に1泊ずつ延ばすようになり、とうとう5泊という贅沢をするようになったのですが、その目的は「天候待ち」と「体調調整」です。冬の北海道のなかでも特に豪雪地帯のニセコ周辺は、雪嵐になることもあれば、晴れの日がずっと続くこともあります。理想は前夜にがっつりと大雪が降って、翌朝から晴れ渡るというパターンなのですが、わずか2泊ならもちろんのこと、5泊してもそんなベストなコンディションにあたる保証はありません。

 ならば少しでも良い条件で滑りたいということで、ガイドさんにお願いし、スキー場エリア外に出てバックカントリーの真似事をするようになって早5年。それでも飽き足らず、昨年からは「ニセコワイスCATツアー」に参加するようになりました。このツアーは1日あたり12人限定で、他の誰も足を踏み入れないワイスホルンを滑りまくるというもの。しかも登りはCATを利用するので、自分の足でハイクアップする必要もないという、至れり尽くせりなツアーです。

IMG_1815.jpg
 この地域のシンボル的存在でもある蝦夷富士こと羊蹄山はこの時期雲に隠れがちで、あまりその姿を見せることはありません。この美しい火山はスキー場があるアンヌプリやイワオヌプリ、そしてワイスホルンとともにこの一帯に上質な雪を降らせる重要な役目を果たしているそうです。

 今回その姿は初日のニセコへ向かうバスの中から見えただけでした。でも、わざわざここを訪れるスキーヤー&ボーダーにとっては、姿を見せてくれるよりも雪を降らせてくれる方がずっとありがたいです。

続きを読む “今年もニセコの素晴らしいディープパウダーを楽しみつつ変わりゆく街の姿に少し戸惑う”

長崎&佐賀で100名城スタンプを集めつつ美味しいものを食べる旅:2日目(吉野ヶ里遺跡〜佐賀城〜島原城)

 長崎&佐賀旅1日目からの続きです。唐津の夜は、お酒も食事も美味しすぎてちょっと飲み過ぎたかな?と思っていましたが、旅の高揚感のおかげか意外にスッキリした目覚めの朝を迎えました。

 前日はとても良いお天気で青空が広がっていましたが、この日は一転してどんより曇り空… どころかお昼前早々に雨が降ってくるようです。しかし主な目的は城巡りですから、雨でも曇りでも、それはそれで遺構の風情を楽しむという意味でアリではないかと思います(強がり)。

 さてこの日の行程は前日にも増して強行軍で、まずは佐賀県内の100名城残り二つ、吉野ヶ里遺跡と佐賀城を見たあと、長崎県にもどって島原城まで行かなくてはなりません。100名城スタンプはそぞれのお城の営業時間内にしか押せないので、タイムリミットは決まっていますし、そもそも夜には東京に帰らなくてはなりません。

 机上の計画ではいけそうなのですが、実際どうなのか?自信がないまま唐津を出発しました。

IMGP1898.jpg
 3城を巡るだけでも一杯一杯なのに、その合間にどこかで佐賀牛も食べなくては! あー忙しい忙しい…

続きを読む “長崎&佐賀で100名城スタンプを集めつつ美味しいものを食べる旅:2日目(吉野ヶ里遺跡〜佐賀城〜島原城)”

長崎&佐賀で100名城スタンプを集めつつ美味しいものを食べる旅:1日目(平戸城〜名護屋城〜唐津)

 年末へのカウントダウンが始まる12月中旬、またもや思いつきで旅に出ることにしました。先月は高知に行きましたが、今月はさらに遠く… と言うわけではないのですが、何となく九州まで行ってみたいと言うことで、長崎行きの航空券を取りました。じつは生まれてこのかた四十有余年、なぜか九州に上陸したことがなく、今回が九州初体験となります。

 と言うことで、まずは羽田から長崎空港に飛ぶことだけを先に決めて、そこから旅程を組み立てていきます。長崎と言えば見所も行きたいところもいくらでも思いつきますが、今回は100名城スタンプを重点的に集めることにしました。目指す城は長崎県とお隣の佐賀県にある計5城です。

 一泊二日で5城を回るとなると、移動が中心となるまさに「スタンプラリー」となりますが、たまにはそういう旅も楽しそうです。そして移動が多い旅は意外にお腹も空くと言うことで、ベタながらも長崎と佐賀の代表的な名物もしっかり味わってくることにしました。

IMGP1741.jpg
 短い旅でしたが、見たものも食べたものも盛りだくさんなので、旅レポは2回に分けることにしました。まずは前編と言うことで一日目の行程を振り返りたいと思います。

続きを読む “長崎&佐賀で100名城スタンプを集めつつ美味しいものを食べる旅:1日目(平戸城〜名護屋城〜唐津)”

現存天守12城の中で唯一本丸御殿も残っている高知城をじっくり見物する

 高知の旅では四万十川の美しい風景と、坂本龍馬の足跡に加えて、もう一つ行かなくてはならない目的の場所がありました。それは高知市街のほぼ真ん中に位置する高知城です。四国の南部は戦国期には長宗我部氏が支配していた地域ですが、豊臣家とともに長宗我部氏は滅び、代わりに掛川からやってきた山内氏が江戸時代を通して明治維新までずっと支配してきた土地です。

 高知城はその土佐藩初代藩主 山内一豊が、それまであった小さな城をベースにして新たに建てたもので、最後の藩主となった16代 山内豊範の時代に至るまで土佐藩の中心拠点として使われていました。天守を含む主要な建物は、江戸時代中期に一度火災により焼失してしまいましたが、その後再建され、現在に至るまで天守のみならず、本丸御殿や追手門など多くの建物が現存しています。

 日本全国で天守が残っている城跡は12城ありますが、本丸御殿が残っているのは高知城だけ。維新にも深く関わった土佐という土地で、廃城令による取り壊しも免れ、太平洋戦争の空襲からも逃れることができ、幾多の地震や台風などの自然災害にも耐え、約300年経過した現在に至るまで奇跡的に残っている城と言えると思います。

IMGP1260.jpg
 そんな貴重な遺構である高知城は、もちろん日本100名城に選ばれています。ですからスタンプを押してこなくてはなりません。それがこの高知の旅の最終目標です(^^;

続きを読む “現存天守12城の中で唯一本丸御殿も残っている高知城をじっくり見物する”

没後150年を迎えた坂本龍馬の生まれ育った高知でその足跡を見て回る

 高知の旅の続きです。四万十川ドライブと時間的には前後してしまうのですが、高知と言えば当然見ておかないといけないところが四万十川以外にもあります。

 今から約150年前のこと、1867年(慶応3年)の暮れに大政奉還が行われ、翌1868年(慶応4年)には王政復古し、夏から秋にかけては戊辰戦争が起こるなど、この数年はいわゆる「幕末」と言われる時代のクライマックスを迎えました。さらに1868年の途中では元号が慶応から明治に改元され、いわゆる明治維新が完成した年なので、今年は「明治維新150年」などと言われているわけです。

 その明治維新については色々な物語があり、様々な人物伝が語られているわけですが、中でも一番人気と言っても良いのが土佐出身の「坂本龍馬」ではないかと思います。司馬遼太郎氏が書いた「竜馬がゆく」は特に有名ですが、それ以外にもいろいろな作家が書き、映画にもドラマにもなってきた幕末期の伝説的な人物です。

 しかしながら、私は読んできた本が偏っていたせいか、司馬遼太郎氏とは反対に、いわゆる「反薩長史観」と言われる考え方に共感してします。その流れで「坂本龍馬」という人物についても、世間の人気とは反対に、非常に穿った見方をずっとしていました。その辺の詳しい話はさておくとしても、どんな立場から見たとしても、幕末物語のなかで欠くことができない人物であることに変わりはありません。

IMGP0963.jpg
 彼が活躍したのは土佐藩を出てからのことですが、その故郷である土佐、現在の高知にはいろいろと坂本龍馬が幼少期を過ごした足跡が残っているはずです。高知へ行くからにはそれを見てこないわけにはいきません。

続きを読む “没後150年を迎えた坂本龍馬の生まれ育った高知でその足跡を見て回る”

日本最後の清流に青空が映る! 高知の四万十川で沈下橋のある風景を巡る

 11月の中旬、ふと思い立って高知に2泊3日の旅に出かけてきました。坂本龍馬の銅像を見るとか、百名城スタンプを押すとか、高知へ行ってやりたいことの目当ては色々あったのですが、その中の一つが四万十川の沈下橋巡りです。

 日本三大清流の一つでもあり、さらには「日本最後の清流」と言えば四万十川を指すくらいに、その美しい川の風景は有名です。自然の織りなす風景だけではなくそこに沈下橋が合わさった独特の川の風景は是非この目で見て、写真に撮ってみたいと思っていました。

 宿泊した高知市街から四万十川まではおよそ100kmの距離があります。レンタカーを借りて早朝に高知を出発し、丸一日かけてのドライブとなりました。しかも、日頃の行いが良いのか、当日は雲一つない、風もほとんど無い最高の秋晴れとなりました。

 折しも全国的に紅葉の最盛期でもありましたが、四万十川流域の多くは気候のせいか植生のせいか分かりませんが、あまり紅葉する場所ではないようです。むしろ今の時期でも綺麗な青々とした里山が見られました。

IMGP1177-Pano-Edit-2.jpg
 クネクネと曲がりくねり、比較的流れが穏やかな場所では、川とは思えない凪いだ水面が水鏡となり、美しい青空が映り込む風景は本当に素晴らしいです。

続きを読む “日本最後の清流に青空が映る! 高知の四万十川で沈下橋のある風景を巡る”

白子駅周辺で飲み食いしてきたもの:30回目の鈴鹿 2018F1日本GP観戦記(番外編)

 鈴鹿のF1日本GP観戦記番外編です。東京を出発して鈴鹿に向かったのは木曜日。それから現地に4泊して、東京に帰ってきたのは祝日の月曜日です、毎年この食事に関する番外編は書いていますが、今年も色々開拓してきたので、備忘録として記録しておこうと思います。

 鈴鹿サーキットへのアクセス方法は色々ありますが、公共交通機関を利用した場合の一番メジャーな方法は、近鉄の白子駅から三重交通のシャトルバスに乗るというルートです。以前は現地泊と言ってもなかなか鈴鹿周辺には空いてるホテルは見つけられず、名古屋から通ったこともありましたが、ここ数年は白子駅近くに定宿を見つけてそこに泊まっています。

 と言っても宿は夕食無しのほぼ素泊まりですから、毎晩サーキットから帰ってきてから一休みした後、夕飯を求めて日が暮れた白子駅周辺の街へ、美味しい食事やお酒を出してくれそうなお店を探して繰り出してきました。

f:id:hisway306:20181004181017j:plain
 地元の通い慣れたお店も良いですが、見知らぬ街をウロウロしながら自分の嗅覚で飛び込んでみるのも楽しいものです。当たりの店ならもちろんですが、外れだったとしても(A^^;

続きを読む “白子駅周辺で飲み食いしてきたもの:30回目の鈴鹿 2018F1日本GP観戦記(番外編)”

ヤキニクの日を祝う会2018 第2回目:元町の「くにきや」で正統派神戸牛焼肉を食べまくる

 前回からの続きです。ポッサムチプでの第1回に続き、翌日曜日には第2回のヤキニクの日を祝う会が開かれました。しかも開催時刻は午後12時。そうです、ランチとして焼肉を食べるのです。前日夜のめくるめくポッサムチプの宴会から、まだ12時間ちょっとしか経っていません。

 三宮のホテルを予約したとき、当然のように何も考えず朝食バイキング付きプランにしてしまったのですが、よく考えたらこの日程では朝食は不要でした。いや、朝ご飯なんか食べている余裕は(胃袋には)ありません!

 今年は観光は完全に諦め、少しでも体を休めるためにチェックアウトギリギリまでゴロゴロと朝寝をし、そして少しでもお腹を空かせるために、真夏の神戸の街を三宮から元町まで徒歩で移動します。

P1030729.jpg
 ということでやってきました「炭火焼肉 くにきや」さん。ここも毎年必ず訪れている神戸牛焼肉の名店です。

続きを読む “ヤキニクの日を祝う会2018 第2回目:元町の「くにきや」で正統派神戸牛焼肉を食べまくる”

ヤキニクの日を祝う会2018 第1回目:兵庫のポッサムチプで近江牛&神戸牛の超贅沢焼肉を食べ尽くす!

 さて、もうこの記事を書くのは何回目でしょうか? 毎年毎年8月の末に神戸に通うようになって十余年。今年は記念日本番の8月29日(ヤキニクの日)が週ど真ん中の水曜日となってしまったのですが、主催の方が多くの人が遠方からも参加できるようにと、焼肉の日を目前に控えた土日にも宴会を設定してくれました。

 と言うことで、今年も焼肉の日を祝うために神戸まで行ってきました。せっかく関西に行くので例年は城廻りを中心に物見遊山がてら日程を組むのですが、今年はいろいろあって1泊2日で焼肉を食べるだけという強行軍の旅となってしまいました。

 でも良いのです。東京では食べられない美味しい焼肉を食べるためなら、飛行機に乗って出かけていくだけの価値は十分にあります!

P1030638.jpg
 初日は8月25日の土曜日、夕方6時から年に一度のおなじみとなった兵庫の「やきにく ポッサムチプ」で2018年ヤキニクの日を祝う第1回目の宴会が開かれました。

続きを読む “ヤキニクの日を祝う会2018 第1回目:兵庫のポッサムチプで近江牛&神戸牛の超贅沢焼肉を食べ尽くす!”

瀬戸内海に浮かぶアートの島「直島」には不思議な時間が流れていた

 JALの「どこかにマイル」を利用した香川県は高松への旅に関して、うどんめぐり編史跡巡り編を既にエントリーしましたが、わずか一泊二日の短い旅の思い出はこれだけではありません。二日目には高松港からフェリーに乗って瀬戸内海に浮かぶ島へ渡ってみることにしました。最初は小豆島を考えていたのですが、色々調べているうちに小豆島よりも直島のほうに行ってみたくなりました。

 直島は人口わずか3,000人ちょっとの小さな離島で、位置的には岡山県玉野市からはわずか3km、香川県高松市からは13kmほどの距離がありますが、区分的には香川県に属しています。

 この島には進研ゼミでおなじみの地元企業(岡山に本社があります)ベネッセが色々出資するなどして、かなり立派で特徴的な美術館があるそうです。それを中心にここ30年ほどの間に独特の観光開発が行われ「アートの島」としてとても人気があるそうです。

KONE0748.jpg
 アートと離島? 一体どんなところなのでしょうか? 早速行ってみましょう!

続きを読む “瀬戸内海に浮かぶアートの島「直島」には不思議な時間が流れていた”