RAW記録ができてGPSが使いやすい防水コンパクトカメラ:OLYMPUS TG-5を手に入れる

 スキー用のカメラを新調しました。今回新たに手に入れたのはオリンパスのTG-5です。これは私にとって初のオリンパス製カメラです。これまで使っていたのはPENTAX WG-3 GPSというカメラで、Optio W60以来使い続けて3代目のペンタックス製防水カメラでした。これもまだまだ使える状態なのですが、TG-5に惹かれるところがあって買い換えてしまいました。

 普通のコンデジ販売が壊滅状態の中にあって、一時期活況だった防水コンデジは、アクションカメラとの立ち位置が微妙に被るようになってしまったのか、最近はまた元気がないように感じます。防水コンデジ機を毎年更新してきたリコーイメージングもGPS入りのハイエンドは2015年のWG-5 GPS以降更新されないまま終了し、現在はミドルクラスのWG-50だけが販売されています。

 そんな中一人気を吐くのがオリンパスで、TOUGHシリーズのハイエンド新型としてTG-5を昨年秋に発売しました。これがニッチになってしまった防水コンデジを欲しがる層には大受けで、しばらくは高値止まりした上、なかなか手に入らない状態が続いていたようですが、年末には値段も落ち着いてきたようです。

f:id:hisway306:20180108170629j:plain
 さて、このカメラのどこが良いのか、なぜ買ってしまったのか語っていくことにしましょう。

続きを読む “RAW記録ができてGPSが使いやすい防水コンパクトカメラ:OLYMPUS TG-5を手に入れる”

4年ぶりに東京に降った大雪が生み出した白銀の景色を撮る

 一昨日の1月22日は寒気が流れ込んだところにわりと強力な南岸低気圧がちょうど良いコースを通過したために、東京都心でも積雪が20cmに迫るかという大雪となりました。これだけの雪が東京で降るのは2014年の2月に2周連続で降ったとき以来です(多分)。

 滅多に雪が降らないところに積もるほどの雪が降るとなると、そわそわとして喜び勇んで外に飛び出すのは、犬と子どもとカメラマンと相場が決まっています。

 残念ながら今回は平日だったこともあって、日中は出勤していたのですが、電車が止まりそうと言うのを口実に、超早引きをして家路につき、普通は一刻も早く家に帰りたいところを、わざわざ遠回りをして写真を撮りつつ帰ってきました。こんなこともあろうかと、カメラを持ってきていたのです(コンデジですけど)。

 ということで、4年ぶりの東京の雪景色を貼っていきたいと思います。そんなに真剣に撮ったわけではなく、歩きながら適当に撮っただけです。場所は都立木場公園なので、「東京の雪景色」と言いつつ、東京らしさがほとんど無いことに後になって気がつきました。

SnowDaze496614501
 やはり大混乱しているのを承知で、渋谷とか新宿とか丸の内とか、そういう東京らしいところに繰り出すべきだったのかも。それは次回への反省としたいと思います。いずれはまた同じような大雪は振るでしょうから。それはもしかしたら来月のことかも知れません。

続きを読む “4年ぶりに東京に降った大雪が生み出した白銀の景色を撮る”

BUFFALOのIPv6対応ルーター WXR-1900DHP3の設定を最適化し接続の安定化を図る

 昨年末に我が家のインターネット回線をIPv6化しました。BIGLOBEが提供する「IPv6オプション」を利用し、IPv6 IPoEだけでなくIPv4サイトに対してもMAP-E接続をすることで、PPPoE接続を迂回し混雑時間帯の速度低下を回避することができました。

 それから約一ヶ月、年末年始の混雑期間も難なく乗り越え、基本的にとてもインターネットライフは快適になったのですが、ちょっとした問題も発生していました。

 と言うのは、IPv4サイトへの接続がいつの間にかできなくなるという現象がこの一ヶ月の間に何度か発生し、しかも自動復帰せずにそのたびに再接続作業が必要となっていました。これはちょっと面倒です。

f:id:hisway306:20180121172557j:plain
 ネットの口コミ情報を見ていると、内容は具体的ではないものの「BUFFALOのルーターは不安定である」みたいな話もちらほらあって、「それってこの接続の不安定さのことなのかな?」と思っていたところなのですが、同時にネット上には「設定を見直すことで不安定さは改善できる」という情報も見つけることができたので、それに従って改善策を試してみることにしました。

続きを読む “BUFFALOのIPv6対応ルーター WXR-1900DHP3の設定を最適化し接続の安定化を図る”

PEUGEOT 308SWに搭載したカーナビ Panasonic CN-ZU510DXAの地図データをアップデートしてみる

 カーナビの地図データを最新の2018年版に更新してみました。私のPEUGEOT 308SWに搭載したカーナビゲーションは、Panasonic製のCN-ZU510DXAという型番の製品で、これは自動車用品店等で販売される汎用品ではなく、PEUGEOT 308のi-Cockpitに合わせて作られたPEUGEOTディーラー専売品です。

 しかし型番からも明らかなように、中身はPanasonic製のStrada Z500Dとほぼ同等であり、地図データやファームウェアのアップデートなども、PEUGEOTディーラーで行うのではなく、Panasonicから汎用品と同じようにアップデータが配布・販売されています。

 カーナビで地図データと言えば、その昔はCDにはじまり、DVD、HDDと進化してきて、今はフラッシュストレージに入ってるのが当たり前になっています。CN-ZU510DXAは「SDカードナビゲーション」と呼ばれているとおり、地図データは内蔵ストレージではなくSDカード内に保存されています。

 ですから地図データのアップデートとはすなわち、SDカード内の地図データのファイルを書き換えることに他なりません。
 
f:id:hisway306:20180120141620j:plain
 2018年板の新地図データが発売されたのはつい先日の年明け直後のこと。私がPEUGEOT 308SWを買ったのは昨夏ですから、ナビの中(のSDカード)に入っていた地図データは2017年版でした。まだそれから1年しか経過しておらず、それほど大きな道路状況の変化はないため、実際のところ地図データを更新する理由はあまりありません。それよりも「ただやってみたかった」というのが一番の大きな理由と目的です。

続きを読む “PEUGEOT 308SWに搭載したカーナビ Panasonic CN-ZU510DXAの地図データをアップデートしてみる”

夕暮れの江川海岸で海上電柱列と夕日と富士山と工場夜景と星景写真を撮る

 昨夏に初めて訪れた千葉県木更津市の江川海岸を再訪してきました。ここは海に延びる電柱列が有名な撮影スポットなので、季節を問わずたくさんの人が訪れています。電柱列は東京湾に面して南東を向いているので、夕方から日の入り前後がベストな時間帯です。

 まったく同じ場所でも季節が違えば太陽の位置や気候などなど、見える風景は意外なくらいに変化しています。特に江川海岸は潮干狩りができるとあって、潮の満ち引きによっても大きく景色が変わります。前回撮影後にとある友人から「江川海岸に行くなら潮目を事前にチェックしろ」とのありがたいアドバイスを頂いていました。

 昨夏に訪れた時はほぼ満潮の時間帯で、風も強く海面はさざ波が立っていましたが、今回は逆に日没前後は引き潮とのこと。しかも穏やかな冬の晴天で風も強くありません。海面のリフレクションが撮りやすい条件が整いそうということで、前回とはまたひと味違った海上電柱列が撮れるのではないか?と思い、午後になってから車を走らせ出かけてきました。

 さらに江川海岸が有名ポイントとなっている理由は、電柱列の向こうに君津沿岸の工場夜景が広がっていることも大きいと思います。さらに電柱列とは方向が違いますが、晴れていれば東京湾を挟んで富士山もよく見えますし、さらに都心よりは星もたくさん見えるはず!

KONE7710-Edit.jpg
 ということで、夕暮れから日没後にかけての江川海岸は撮影対象に事欠きません。カメラ一台では足りない~!と嬉しい悲鳴を上げながら、いろんなものを撮って遊んできました。

続きを読む “夕暮れの江川海岸で海上電柱列と夕日と富士山と工場夜景と星景写真を撮る”

遅ればせながら裏磐梯猫魔スキー場で大雪の今シーズンの滑り初めをする

 昨年末から北日本や日本海側の各地で大雪が降っているというニュースが連日伝えられていますが、多すぎる雪もスキー場にとっては恵みとなっているはずです。それなりの豪雪地帯にあるスキー場でも、例年は12月に入ってから一部オープンし、クリスマス頃まではなかなか全面オープンは難しいというのが常ですが、今年は半月ほど前倒しで雪が降り始め、11月には一部オープン、12月初めには全面オープンというスキー場も珍しくありませんでした。

 さて、そんなスキーヤー&スノーボーダーには願ってもない状況が訪れた今シーズンですから、早く降った雪とともに早く始動できれば良かったのですが、私の場合は実質的に1シーズンのブランクがあったこともあって、結局年明けになって初滑りに出かけることができました。

 今回は軽い足慣らしと言うことで、泊まりではなく日帰りにしたのですが、少し無理をして早朝4時に東京を出発し、東北道を経て一路福島県を目指します。この時点で具体的にどのスキー場に行くかは決めておらず、とりあえず大ざっぱに磐梯山周辺のどこかへ… という計画性のかけらもない状態でした。まぁ、それは珍しいことではなくいつものことなのですが(A^^;

P1060022.jpg
 インターチェンジからも近くて便利な「猪苗代・ミネロ」か「アルツ磐梯」あたりが、有力候補だったのですが、車中でゲレンデ情報を見ていると盛り上がってきてしまい、結局のところより多くの雪を求めて磐梯山の北斜面にある猫魔スキー場まで足を伸ばしてみることになりました。 

続きを読む “遅ればせながら裏磐梯猫魔スキー場で大雪の今シーズンの滑り初めをする”

四ッ谷三丁目にある一見さんお断りの会員制日本酒バーで新春の「通風鍋」祭りを堪能する

 年末年始は怠惰にダラダラと過ごしていまい、胃腸もすっかりなまってしまいました。このままでは社会復帰ができない!と危機感を感じ、年明け早々1月4日になって新年初飲みに出かけてきました。と、大げさなことを言うまでもなく、要はただの新年会なわけですが、今年は派手にパーッといこう!と言うことで、いつもとは少し毛色の違うお店へ行ってきました。

 というのはタイトルにも書いたとおりで、そのお店は関西を中心に数多くの日本酒を揃えた日本酒バーなのですが、誰でも気軽に入れるわけではなく、紹介者を必要とする会員制となっています。私は会員でも何でも無いのですが、友人がお店の人と知り合いと言うことで、宴会メンバーに混ぜてもらうことができました。

P1010537.jpg
 普段はお酒に合う料理を個別に提供しているそうですが、この日は新年特別営業と言うことで、料理は通風鍋を含めた5品のコース、そしてなんと日本酒は飲み放題という、お正月とお盆が一緒に来たような状態でした。

続きを読む “四ッ谷三丁目にある一見さんお断りの会員制日本酒バーで新春の「通風鍋」祭りを堪能する”

新年撮り初めはインターバル合成による東京湾岸の星空撮影に挑戦

 大晦日に書いた昨年の振り返り記事の中で、2017年ベストショットとして福島で撮った星景写真を選びましたが、それらの星空写真を見返していて久々に星空撮影に挑戦してみたくなりました。と言っても街灯りにまみれた都内では、肉眼でオリオン座が見えれば良い方で、写真を撮るにしても出来ることは限られています。

 明るい都会で星空を撮るひとつの方法がインターバル撮影結果の比較明合成です。インターバル撮影と多重露光の合わせ技であり、これを使うと明るい町灯りの中でも、点像としてはほとんど見えない暗い星も、軌跡にすることでそれなりに写し込むことが出来ます。
 
 この手法はインターバル撮影が出来るカメラであれば、合成作業は後からPhotoshopなでも出来ますし、あるいは最近のカメラならカメラ内で合成作業まで出来る機種も珍しくありません。PENTAXの場合はK-3以降で概ねサポートされており、もちろんK-1にも「インターバル合成」という名前の機能が搭載されています。

KONE7553-Edit-2.jpg
 以前にK-3でやったことがありますが、K-1でも「インターバル合成」をやってみることにしました。撮影地は東京ゲートブリッジ脇にある若洲海浜公園です。

続きを読む “新年撮り初めはインターバル合成による東京湾岸の星空撮影に挑戦”

2017年締めくくりの肉の日は小岩ビリエットの皮付き豚バラポルケッタの食べ放題で満腹になる

 もう昨年の話になってしまいましたが、12月29日は1年の締めくくりとなる肉の日でした。最近は肉の日となれば小岩にあるトラットリア、ビリエットへ肉料理を食べに行くのが恒例となっています。ということで、2017年の肉納めももちろんビリエットへ行ってきました。

 さて、肉の日のビリエットでは毎月趣向を凝らしたスペシャルな肉料理が用意されます。12月はポルケッタという話は少し前から聞いていたのですが、それが想像を遙かに上回る素晴らしく格好いいものでした。

f:id:hisway306:20171229180129j:plain
 正式名称は「沖縄産皮付き豚バラ肉のポルケッタ年末スペシャルバージョン」です。じっくりと低温で時間をかけて焼き上げたというそのポルケッタは、こんな素晴らしい色艶! まるで漫画に出てくるような「肉」の姿でしたが、決して原始的な料理ではなく大変に手が込んだものです。

続きを読む “2017年締めくくりの肉の日は小岩ビリエットの皮付き豚バラポルケッタの食べ放題で満腹になる”

富士五湖と新倉山浅間公園と田貫湖を巡ってひたすら美しい富士山の姿を撮る

 新年はおめでたい感じの写真から始めることにしましょう。と言っても、実は撮ってきたのは年末のことなのです。(関東地方は)晴天続きの年末中にあって、特に雲ひとつない快晴となったとある日、朝から車を走らせて富士山方面へ向かってみました。

 中央道を西に向かうその道中から、朝日を浴びた美しい富士山が見えています。本気の富士山愛好家&写真家たちにとっては、この朝日に浮かぶ富士山こそがハイライトなのかも?と、早起きしなかったことを少し後悔しつつ、それでも青空の下の富士山はさぞ美しかろうと、期待しながら先を急ぎます。

 有名な絶景スポットから、知る人ぞ知る穴場まで富士山ビュースポットは色々あると思いますが、今回はベタに「湖と富士山」をテーマに、富士五湖を全て巡ってみることにしました。さらに勢い余って6個目の湖、田貫湖まで足を伸ばしてきました。

KONE7431.jpg
 なので以下、ずっと同じような富士山写真が続きます(A^^;

続きを読む “富士五湖と新倉山浅間公園と田貫湖を巡ってひたすら美しい富士山の姿を撮る”