想い雲

想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)

想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)

土用の入りが近づき、澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませていた。そんなある日、戯作者・清右衛門が版元の坂村堂を連れ立って「つる家」を訪れる。澪の料理に感心した食道楽の坂村堂は、自らが雇い入れている上方料理人に是非この味を覚えさせたいと請う。翌日、さっそく現れた坂村堂の料理人はなんと、行方知れずとなっている、天満一兆庵の若旦那・佐兵衛と共に働いていた富三だったのだ。澪と芳は佐兵衛の行方を富三に聞くが、彼の口から語られたのは耳を疑うような話だった―。書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第三弾。

続きを読む “想い雲”

2011年F1第8戦 ヨーロッパGP

 1国1レース開催が原則のF1GPにおいて、毎年ワイルドカード的に曖昧な地名を冠して行われるヨーロッパGP。以前はドイツで2回目のレースが行われていましたが、ここ数年はスペインで行われています。本物のスペインGPがカタロニアで開催されたのはつい1ヶ月前のこと。今回はバレンシア市街地コースでレースが行われました。
 これはやはりスペイン人ドライバーにして2年連続チャンピオンとなったフェルナンド・アロンソの存在によるものと思われます。もちろんドイツで行われていたときはミハエル・シューマッハがいたためでしょう。だとすると、また数年後にヨーロッパGPはドイツへ戻ってしまうのかも知れません。
 それはさておき、あまり面白いレースにならないと不評のバレンシア市街地コース。今年のレギュレーションを持ってすればこのコースもオーバーテイクショーで目が離せなくなるかと思えば、やっぱり今年もイマイチ見所にかける退屈なレースとなってしまった、というのが正直な感想です。

続きを読む “2011年F1第8戦 ヨーロッパGP”

カテゴリー: F1

すみや

 久しぶりのしゃぶしゃぶを食べました。お店は亀戸にあるすみやです。埼玉県の川口に本店があり、亀戸は支店のようです。なお、綾瀬にももう一つ支店がありです。が、たかがチェーン店とは侮れないような素晴らしいお肉が用意されています。この日は友人に誘われて、色々あった後の気晴らしにぱーっと行こうということで誘って頂きました。
IMG_1640
 亀戸駅から徒歩10分ほど。天神様へ向かう道中にお店はあります。すでに予約済みなのですぐに席に通してもらえました。節電中なためか妙に暗いテーブル席へ。注文したのはもちろん食べ放題コース。しかも「極上銘柄和牛コース」です。

続きを読む “すみや”

ナノ一眼 PENTAX Q

 何でしょうねぇ、これ。変なカメラがPENTAXから発表されました。以前から超小型センサーを使用した超小型ミラーレス機を作っているという噂はあったのですが、まさか本当に出てくるとは。その名は”PENTAX Q“。特徴は何といっても「小さいこと」です。サイズは98×57.5×31mm…と、具体的な数字を並べるよりも分かりやすい写真が、WEBにたくさんアップされています。

pentaxq_hand_800

 例えば上の写真*1。手のひらに乗る、どころかすっぽり収まります。この人の手が特別大きいのかもしれませんが。これ以外にも、厚み以外はiPhone4よりも小さいとか、高性能なコンパクト機よりも小さいとか、キーホルダーにちょうどいい大きさだとか(下の方に写真貼りました)。それがありふれたコンパクトカメラではなく、レンズ交換式の本格的なシステムカメラだというのだからすごいです。これは正しくAuto110の再来と言えるのかも。

 まだWEB情報を色々見てるだけの段階なのですが、とりあえず思ったことを書き留めておきました。

続きを読む “ナノ一眼 PENTAX Q”

2011年F1第7戦 カナダGP

 今更ですが、一応観戦はしたという記録だけ。

 途中大雨のために2時間にわたって中断し、最終的に4時間を超えるレースとなった今年のカナダGP。地上波放送では中断中に放送終了時間を迎え、ダイジェスト版再放送もなくそれっきりとなってしまいました。幸いCSを録画したディスクを知人から頂くことができ、ようやく今頃になってチェッカーフラッグまでレースを見ることができました。
 結果は早々に知っていたし、レース内容も噂には聞いていたのですが… 「なんじゃこりゃ?」というのが、観戦後の正直な感想です。

続きを読む “2011年F1第7戦 カナダGP”

カテゴリー: F1

DA40mmとDA70mmで撮る梅雨の木場公園

 不純な動機で手に入れてしまったDA40mmF2.8 Limited SilverDA70mmF2.4 Limited Silverを持ってようやく写真を撮りに出かけてみました。と言っても時間がなかったので、撮影地は近所の木場公園です。折しも梅雨の真っ最中とあって、雨が降っていなくてもじめじめしていて空もスッキリと晴れ渡りません。でも、それはそれで光が柔らかくて良いこともありますし、梅雨らしさを上手く撮れるようになりたいものです。

IMGP4103.jpg
PENTAX K-5, DA40mmF2.8, F2.8 AUTO (1/125sec, ISO100, AWB), 鮮やか

 梅雨の季節にカメラを向けたくなるものと言えばやっぱりアジサイでしょう。もっといっぱい咲いてるかと思ってたのですが、見つけるのに意外に苦労しました。しかもまだ咲きかけ。これはこれで綺麗ですけど。

続きを読む “DA40mmとDA70mmで撮る梅雨の木場公園”

DA40mmF2.8 Limited Silver

 ということで、DA Limited Silverをコンプリートしました。DA21mmF3.2ALは発表と同時に予約して発売日に入手。DA70mmF2.4は先日キャンセル品が放出されたのを見つけて思わず入手。ここまで来たらあと1本… は時間の問題だったのですが、意外に早くまたまたキャンセル品放出を発見し、DA40mmも手に入れてしまいました。

IMGP1391

 全世界でそれぞれ500本ずつの限定品で、即日予約完売したりして入手難と言われていた割りには、その後カメラ店のWEBを注意深くチェックしていれば、意外にぽろぽろと出てきているようです。実は人気ないのか、500本というのはウソで、たくさん流通しているか? いずれにしろ手に入れられてめでたしめでたし。銀色限定商法に釣られてしまったのだから、とことんつきあうしかありません。

続きを読む “DA40mmF2.8 Limited Silver”

トランジスタ技術 2011年7月号

トランジスタ技術 (Transistor Gijutsu) 2011年 07月号 [雑誌]

トランジスタ技術 (Transistor Gijutsu) 2011年 07月号 [雑誌]

まもなくアナログ放送の電波が止まります.そして,デジタル放送が当たり前の時代になります.知らず知らずのうちに私たちの生活に浸透してきたデジタル放送を実現し支えているのは,画像/ 音声の圧縮,多重化,伝送,変調など,たくさんの最新テクノロジです.特集では,特にエンジニアとって常識になるであろう,デジタル放送のコモンセンスをQ&A形式で整理しました.

続きを読む “トランジスタ技術 2011年7月号”

雪山冥府図

雪山冥府図―土御門家・陰陽事件簿〈5〉 (光文社時代小説文庫)

雪山冥府図―土御門家・陰陽事件簿〈5〉 (光文社時代小説文庫)

信楽の陶工に嫁いだおきぬは生来の男好き、淫蕩な男漁りや色恋沙汰の果てに、幼子を棄て京に出奔する。父に育てられた息子の輪蔵は、絵師になるため京に上るが、先斗町遊廓の張見世で客を引く母と出逢う―。衝撃の結末が待つ表題作ほか全六編。欲望・嫉妬・憎悪・絶望…、人の心に巣くう魔物と対峙する陰陽師・笠松平九郎らの叡智と情けが、京に生きる人々を救う。

続きを読む “雪山冥府図”

RealSSD C300 F/W:0007へアップデート

 RealSSD C300の新しいファームウェアが先々月にリリースされていたことに気がつきました。リビジョンナンバーは一つだけ進んで0007となっています。リリースノートによると、アップデート内容は以下のようになっています。

  • Improved product reliability.
  • Resolved performance anomaly which resulted in brief, intermittent pause in drive response time for some users.

Support Pages | DRAM & SSD Drive Support | Crucial.com

 これによると、信頼性の改善と特定ユーザーで発生するプチフリーズのような現象を改善した、ということです。前回は一気にリビジョンナンバーが+4されましたがが、今回は内容的に+1に相当する程度のマイナーチェンジ、と言ったところでしょうか。

 私の環境では元々プチフリーズのような現象もなく、快適に動いているのですが、やはり新しいファームウェアが出たとなると、アップデートしないわけにはいきません。と言うことで、懲りずに今回もアップデートを行いました。

続きを読む “RealSSD C300 F/W:0007へアップデート”

カテゴリー: PC