ますます酔って記憶をなくします

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)

ますます酔って記憶をなくします (新潮文庫)

日本全国の酔っ払いたちによる奇跡はまだまだ続く!駅のホームで正座して爆睡。バーベキューで雑草をむさぼり食う。お金をなくさぬようブラジャーを財布代わりに。三輪車で暴走して警察に連行される。居酒屋の沢蟹を生きたままお持ち帰り。コンビニで商品のチューハイを勝手に飲む。見知らぬ家に泊まりお昼までご馳走に…お色気ネタやちょっとイイ話も満載の爆笑エピソード集。

続きを読む “ますます酔って記憶をなくします”

FinePix F550EXR開封

 みんぽすさん経由で富士フイルムのFinePix F550EXRをお借りすることができました。X100は別格として、2月末に発売になったばかりのFinePixシリーズのフラッグシップにして主力機種。スペックの全部はとても覚えきれないほどの超多機能機です。元来のFinePix好きとしてはとても気になる一台です。

IMGP1891

 まずは送られてきたパッケージを開封し、一通りカメラの操作や主な機能の確認をしてみます。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “FinePix F550EXR開封”

藤二分咲き

 桜の開花も少し遅れ気味だった今春は、藤の開花も1週間くらい遅れているようです。東京では例年ゴールデンウィーク少し前に見頃を迎えるのですが、今年は月末にずれ込みそう。
 地元江東区には亀戸天神社という藤の名所がありますが、そういえば写真を撮りに行ったことはありません。日曜日は快晴の良い天気でしたし、少し藤開花には早いのを承知で、カメラ片手に散歩がてら出かけてみました。

IMGP2017.jpg
PENTAX K-5, FA31mmF1.8AL, F1.8 Auto (1/2500sec), +0.7EV, ISO100, AWB, 鮮やか

 亀戸天神までは亀戸駅からアプローチするのが常道ですが、錦糸町駅からオリナスを通り抜けて横十間川を渡っても、それほど遠くありません。

続きを読む “藤二分咲き”

だるま鮨

 以前紹介したことのある、品川魚貝センターにあるお店です。ここはフードコート風に多くの小さな飲み屋がオープンなズペースに集まっています。その中にある日本酒がおいしいお店。店名にあるとおり、お鮨(寿司)がメインなのかも知れませんが、夜は普通の飲み屋さんになっています。

IMG_1282
 会社の同僚の一人がここの常連さんということで、久しぶりに連れて行かれました。金曜日じゃないのに日本酒かぁ… 明日はやばいな、と飲む前から思いながら。

続きを読む “だるま鮨”

フィルムで撮るFA50mmF1.4

 中古で安く手に入れたFA50mmF1.4ですが、半ば衝動買いに近かったわりには、その後飽きることなく気に入ってよく使っています。長すぎると思った焦点距離というか画角も、意外に感覚が掴みやすく気に入っています。私はやっぱり望遠寄りのほうが好きなのかも。奥が深いのは一緒だと思いますが、取っ掛かりは広角レンズよりも簡単ですからね。
 というのはさておき、このレンズは元々フィルム時代に作られたもので、もちろんいわゆるフルサイズに対応したイメージサークルを持っています。PENTAXでその画角を使い切るにはフィルムを使うしかありません。ふと思い立って、MZ-SにこのFA50mmF1.4をつけて久しぶりにフィルムで写真を撮ってみました。

IMGP0885
 気に入ってよく使っているFA31mmをK-5などデジタル一眼レフにつけた場合の、フィルム換算の焦点距離が約47mmですので、フィルムで50mmを使うのとほぼ同等。つまり画角的には使い慣れているはず。そして、きっと開放時の柔らかさも、ボケの硬さも、発色やらいろいろなことも、フィルムで撮ると味わい深い写真が撮れるに違いないと夢見て…。

続きを読む “フィルムで撮るFA50mmF1.4”

液晶のゴミ混入

 K-5 Limited Silverを手にして一ヶ月。最初に手にした個体は液晶保護ガラス内側に大量のゴミが入っていたため、販売店ですぐに新品に交換してもらいました。その後は桜の季節だったこともあって、この間は快調に良い慣らし撮影が出来ました。が、その2台目のK-5 Limited Silverにも、いつの間にか液晶にゴミが入り込んでいるのを先日発見してしまいました。
 交換してもらうときに店頭でゴミがないことを確認し、証拠写真まで撮ってあります。ということは、私が使用したこの3週間くらいの間に入り込んだものとしか考えられません。

続きを読む “液晶のゴミ混入”

はて、面妖

はて、面妖 (光文社時代小説文庫)

はて、面妖 (光文社時代小説文庫)

足利義昭を京から放逐し、織田信長が天下人となった。幕府御用絵師として将軍家に代々仕えていた狩野家では信長に絵を献上することにし、四代目を継ぐべく若手絵師の源四郎に選定を託した。源四郎は、無謀にもかつて足利義輝に注文された屏風絵を信長に献上することに決めるのだが―(「花洛尽をあの人に」)。戦国の世、歴史に埋もれた人間模様を描いた傑作。

続きを読む “はて、面妖”

2011年F1第3戦 中国GP

 春の東アジア連戦の後半戦として、中国は上海インターナショナル・サーキットで今シーズンの第3戦が行われました。ここ数年雨絡みのレースとなることが多かった中国GPですが、今年は全セッションを通してドライとなり、特に決勝の日曜日はかなり気温も路面温度も高くなったようです。
 温度が高いと言えば心配なのがタイヤ。このサーキットも特徴的なレイアウトでタイヤに厳しそうです。果たして今回のレースもタイヤ戦略がほぼ全てを決めたと言っても良さそうです。上位の三人はそれぞれ違う事情を持って、別々のタイヤ戦略をとりました。

続きを読む “2011年F1第3戦 中国GP”

カテゴリー: F1

タイヤ交換

 交換と言うより付け替えです。もう4月も中旬になってしまいましたが、遅ればせながらスタッドレスタイヤを外して、夏タイヤに戻しました。今シーズンは結局306でスキーに出かけたのは2回のみ。しかし厳冬だったため、2回ともかなりの積雪路を走りました。最終的に今冬の走行距離はたったの1,500km弱です。特に先月は給油もままならず、半月以上動かさなかったりしましたので。

IMGP0904

 タイや交換作業はこの3月により広い場所で新装開店した原工房さんでやっていただきました。ただのタイヤ付け替えとは言え、新工場への我が306入庫は初めてです。

続きを読む “タイヤ交換”

2011年春の東京スカイツリー

 建設が始まって以来、何度か写真を撮りに来た東京スカイツリーですが、先月の中旬に予定していた高さの634mに到達し、縦方向に伸びる工事は終わったようです。あとは来春の開業に向けて、設備や内装やその他の工事が着々と進んでいるようで、まだ展望台の上には大きなクレーンがくっついてる状態です。

IMGP1697.jpg
PENTAX K-5, DA21mmF3.2AL, 1/400sec, F8.0, ISO100, -0.7EV, AWB, 鮮やか

 ある程度の高さになると、東京のあちこちからその姿が見られるようになり、必ずしも近くまで行かなくても、その姿を写真に収められるようになったのですが、やはり634mの大きさをその目で実感し、写真に撮りたいと思い、またまた東京スカイツリーのお膝元の押上まで行ってみました。

続きを読む “2011年春の東京スカイツリー”