読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

スキー用にADIXXION GC-XA2を買ってみる

カメラ スキー ガジェット

 さて、今年もスキーシーズンがやってきました! 各地のスキー場には順調に雪が積もっているようです。今シーズンは板を始めスキー用品の多くを新調したのですが、ついでに勢いで最近はやりの動画専用カメラ、いわゆるアクションカムも導入することにしました。

K3PS0950.jpg

 アクションカムと言えばGoProが有名で、スキー場でもよく見かけるようになってきました。素人のへっぽこスキーを記録しても見せられるような迫力ある映像は撮れませんが、自己満足はできます。それを言ったらスチルだって同じですしね。

ADIXXION

 初心者はとりあえずGoProを買っておけば間違いない、とは思ったのですが、HD HEOR3は友人が先にを買ってしまったので何か他のものを... と探して目に付いたのがJVC Kenwood製のADIXXON GC-XA2でした。

K3PS0942.jpg
 そのまま店頭にディスプレイできそうな個性的なパッケージです。しかし下の箱にはほとんどなにも入っていません。スペース効率は悪そう。

K3PS0943.jpg
 中身はこんな感じ。本体と充電池、USBケーブルとフレキシブルマウントです。これ以外に数枚の紙片が入ってるだけです。

K3PS0945.jpg
 筐体ははじめから防塵防滴仕様でハウジングは必要ありません。サイズは74x53x35mmで重量は電池込みで135gです。HD HEOR3のように4Kは対応していませんが、AVC/H.264で1080/60pまで対応しています。ビットレートは公開されていませんが、1080/60pで22Mbpsのようです。音声はAAC128kbps、本体の内蔵マイクはモノラルです。

 レンズは2.5mm/F2.4で対角線画角は152°とかなりワイド。センサーはサイズ等よくわかりませんが、約800万画素の裏面照射CMOSとのことです。スマートフォンなどで使われてるようなやつかと思われます。

K3PS0947.jpg
 電池の充電はUSBケーブルを使って本体で行います。ACアダプタは同梱されていないので、PCに繋ぐかまたはiPhoneなど他のACアダプタを流用する必要があります。記録メディアはSDカード。HDMI出力も付いています。

K3PS0949.jpg
 ハウジング不要な点に加えてGoProと大きく違うのは、本体にカラー液晶が付いていること。いわゆるライブビューおよびポストビュー(再生)が可能ですが、電池の消費が心配。それよりもこの液晶表示のおかげでメニュー操作がわかりやすいのが利点です。

K3PS0948.jpg
 操作ボタン類は全て上面に集められています。電源スイッチと録画ボタンは大きくてグローブをしていても操作しやすそう。

IMG_4442IMG_4443
 もちろんWiFiに対応しており、スマートフォンからライブビューを見ながらのリモート撮影などが可能です。ソフトはADIXXION Syncという専用ソフトがiOS、Andoroid用のそれぞれ用意されており、無料でダウンロードできます。私はiPhone5SなのでもちろんiOS版をダウンロードしました。カメラとのWi-Fi接続も色々な機種でやってきたので慣れてきました。

ヘルメットマウント

 さて、どうやって滑っている途中に動画を撮影するかという問題ですが、純正はじめ各種のマウントキットが販売されています。

K3PS0962.jpg
 付属のフレキシブルマウントに取り付けてみるとこんな感じ。このままヘルメットに貼り付けても一応OKですが、ちょっと格好とか使わないときのことなどを考えてもうちょっと何とかした方が良さそうです。

K3PS0944.jpg
 ADIXXON GC-XA2は本体に2カ所も三脚ねじ穴があり、取り付け方法の自由度はかなり高くなっています。スキーの場合はヘルメットに取り付けるのが一般的ですが、このGC-XA2にはゴーグルマウントというアクセサリが用意されています。これがなかなかシンプルで良さそうだったので、同時にこのアダプタも買ってみました。

K3PS0959.jpg
K3PS0957.jpg
 2つのプラスチックでゴーグルバンドを挟むだけ、という簡単な構造。2つのプラスチック板は小さなねじで固定するという、驚愕の仕様になっていました。固定はしっかりできますが、まさかカメラの付け外し時にいちいちこのねじを取らないといけないとしたら、かなり実用性は低いと言わざるを得ません。

K3PS0958.jpg
 とりあえず、マウントはゴーグルに固定したまま、カメラ側を回してねじ込んだり、取り外ししたりすることはできるようです。取り付け時は筐体の側面全体がマウントに接触するので、そこそこしっかりと固定できて位置決めも問題なさそうです。しばらくこれで運用してみようかと思います。

K3PS0956.jpg
 さて、ヘルメットとゴーグルにセットしてみるとこんな感じになります。ここでもう一つ問題発覚。実際にかぶってゴーグルをセットすると、この写真とはやや違って、ゴーグルのバンドはヘルメットではなく耳当ての位置まで降りてきます。そうなるとカメラは水平が傾いてしまうのです。装着時に水平になるよう、ヘルメットマウントの下側に足をつけるなどして、調整する必要がありそうです。その辺は追々考えていきたいと思います。

ついでにスチル用のカメラも...

 ADIXXION GC-XA2は動画だけでなく静止画モードもついています。が、切り替えはメニューを呼び出す必要があって面倒。ヘルメットにつけたまま手探りで操作することは出来ません。

K3PS0965.jpg

 なので静止画用のカメラは別途必要です。昨シーズンまで使っていたOptio W90は売却済みなので、(宣言通り)新たに最新のWG-3GPSも導入してしまいました。

 これでスキーの準備は万端整いました。明日から早速初滑りに出かけてこようと思います!なので撮影画像&動画はまた後日アップする予定です。