酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

ボジョレー祭り2011

 先週の木曜日、今年もめでたくボジョレー・ヌーボーが解禁となりました。もはや年中行事、季節の風物詩と言っても良いのかも。当日韓国出張に行っていた同僚に聞いてみると、ソウルではボジョレーのボの字もなかったとのこと。新ワインでこんなお祭り騒ぎをするのは日本だけなのかも知れません。いや、それも広い日本のごく一部の人達だけかも。

DSCF0541.jpg

 この季節、友人宅で毎年ボジョレー祭りが開かれます... と言うのは超ローカルな、本当にごく一部の年中行事。しかし記録をたぐると去年は色々あって開催されていないようなので、今年は2年ぶりのボジョレー祭りとなりました。2年前と言えば史上最高と言われた2009年です。今年はそれに匹敵すると言われています。どのくらい美味しいのでしょうか?

 ということで、今年集まったボジョレー・ヌーボー(またはボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー)は、上の写真にある7本プラス後から追加された1本の合計8本。これを延べ7人(うち1人は一口だけ、2人は途中参加)で飲み干しました。以下、ズラッとワインの写真が続きます。

DSCF0544.jpg

 もちろん美味しいお食事付き。友人夫妻の手作りです。トーストにイクラが乗っていたり、柿が生ハムで巻かれていたり、手軽でワインに合いそうなおつまみからスタートです。

DSCF0543.jpg

 カーヴ・ド・ジュリエナス。本場フランスのボジョレーヌーボー公式コンテストで金賞を取ったそうです。うん、美味い!

DSCF0548.jpg

 これがボジョレーか?と言うような渋いラベルのドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ。こちらも定番のボジョレーヌーボーで人気のある名品のようです。うん、美味い!

DSCF0549.jpg

 そして3本目はこの透明瓶に入っていました。ジョルジュ・デュブッフ。こちらも人気の定番中の定番だとか。うん、美味い!

 と、「美味い」ばかり連発していますが、私はあまりワインに舌が肥えていないので、一つ一つの味わいを覚えていないというか、覚えていても美味く文字で表現できませんので、この辺でご勘弁を。でも、今年のボジョレーヌーボーは全体的に、フレッシュな軽さとその反対の重さのちょうど中間くらい。ジュースみたい、というフルーティさではないのですが、とても飲みやすくてさっぱりしていました。

DSCF0552.jpg

 洒落たラベルにそのものずばり、ボジョレー・ヴィラージュ。ヌーボーと堂々と書かれたドミニク・ピロン。ググっても2011年ものの情報がほとんど出てきません。レア品だったのでしょうか? これもすごく美味い!

DSCF0559.jpg
 ただボジョレーヌーボーを飲み続けていたわけではありません。合間合間に美味しい料理も出てきました。これはお酒のおつまみ定番の鶏の唐揚げ。なぜだか猛烈に美味いです。赤ワイン向きの料理かどうかなんてことは、ボジョレーヌーボーにはあまり関係ありません。何でも美味しく食べられます。

DSCF0564.jpg
 同じ唐揚げ粉で揚げた豚の唐揚げ。珍しいですよね、これ。考えてみれば海老の唐揚げとかありますし、お肉も何でも唐揚げになりそうなのに。でも、これイマイチでした。鶏の唐揚げが美味すぎるようです。

DSCF0553.jpg

 再びボジョレーヌーボーです。購入者曰く、ラベル買いしたという一本。シャルル・ニノ Selected by ローランス・ダネル。こちらの銘柄は昨年のボジョレー公式コンクールで金賞を取ったもので、今年も当然大人気。女性醸造家が手がけたワインだそうです。いやいや、美味い!

DSCF0561.jpg

 はい、こちらは私が買っていった一本。ドメーヌ・カラのノンフィルター。成城石井専売のようです。はい、もちろん錦糸町駅の成城石井で買いました。これが一番渋みがあって重かったかも。うん、美味い!
 ちなみに、最初に買い物に行った駅前にあるデパ地下のお酒コーナーには、なぜか一切ボジョレーヌーボーは売っていませんでした。かといって、何か品揃えに確固たるポリシーがあるような売り場でもありません。ブームはともかく、季節ものに無関心なお店というのは酒屋として終わってるかも。腹が立ったとかではなく、何かお酒を買おうと思ったときに、まず二度と行こうという気にならないですから。ボジョレー解禁直後にボジョレーを扱ってないようなところには。

DSCF0582.jpg

 そしてお次はセレクシォン・カーヴ・ド・ジュリエナス。あれ?1本目と名前が同じですね。でもラベルは違う。種類が違うのでしょうか?なんてことは当日は気づかずに飲み干してしまいました。こっちも美味い!

DSCF0572.jpg

 そして最後はエリック・パルドン・エ・フィス。こちらもコンクールの常連ブランドのようです。ラベルが渋いですね。もちろん、美味い!

DSCF0577.jpg
 そして最後にこの日のメインディッシュ。ウニのクリームパスタ。今まで食べたパスタの中で一番美味しかったです。ウニ万歳。これ、明太子系以上にもっと世の中のパスタの定番になっても良いのに。ウニが高すぎるのかな? 贅沢な逸品でした。

DSCF0596.jpg
 と言うことで、8本全部飲みきりました。もちろん一晩で。今年もとても美味しいボジョレーヌーボーでした。来年もまた楽しみにしたいと思います。