読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

最近読んだ本5冊:新海誠、宮部みゆき、佐伯泰英、宇江佐真理

ここ最近の読書記録です。相変わらず時代小説が好きなのですが、そうじゃないものも時々読むようになってきました。紙の本なら絶対買わないものも、電子書籍だと気軽に買ってしまうのが原因でしょう。私の個人的体験だけを見れば、電子書籍は購買へのハード…

最近の読書記録:髪結い伊三次と鼠と反知性主義

ここ3ヶ月ほどすっかり読書記録をつけるのをサボってしまいました。しかし読書をしていなかったわけではなく、それなりにいつものペースで読んでいました。このまま読書カテゴリーをフェードアウトさせるのも勿体無いので、約3か月分まとめてここで記録して…

宇江佐真理さんの代表作「髪結い伊三次捕物余話」シリーズを読み始める

幻の声―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2000/04メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 41回この商品を含むブログ (32件) を見る紫紺のつばめ―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカ…

突然の訃報に接し途方に暮れる: 深尾くれない / 宇江佐真理

私の大好きな作家さんの一人、宇江佐真理さんが先週の土曜日に亡くなられたそうです。まだ66歳という若さで、作家としては脂が乗り始めるところだったのに...。とても残念でなりません。 2年半前には同様に大好きだった北原亞以子さんが亡くなって、自分でも…

タイムマシンが登場する時代小説:通りゃんせ/宇江佐真理

通りゃんせ作者: 宇江佐 真理出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2010/10/02メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (3件) を見る 平凡な25歳のサラリーマン、大森連はツーリングに出かけた先で道に迷い、滝の裏に…

きれい事だけではない小さな幸せの物語:酒田さ行ぐさげ/宇江佐真理

酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁 (実業之日本社文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2014/08/05メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 日本橋の廻船問屋の番頭・栄助の前に現れたのは、以前同じ店で働いていた愚図でのろまの権助…

悪人は出てこない人情捕物帖:古手屋喜十 為事覚え/宇江佐真理

古手屋喜十 為事覚え (新潮文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/02/28メディア: 文庫この商品を含むブログを見る お江戸は浅草のはずれ、田原町で小さな古着屋を営む喜十。恋女房のおそめと二人、子がいないことを除けば日々の暮らし…

人情時代小説の良いとこ取り:ほら吹き茂平/宇江佐真理

ほら吹き茂平 (祥伝社文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2013/07/24メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 深川の茂平は大工の棟梁を引いて隠居の身。生来の仕事好きには、ひまでひまで仕方ない。そんな茂平、いつの頃からか「ほら吹…

寂しい写楽

寂しい写楽 (小学館文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/02/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 寛政の改革令に反旗を翻した浮世絵板元の蔦屋重三郎は歌舞伎役者の大首絵刊行を試みる。喜多川歌麿の離反にあい、絵師…

富子すきすき

富子すきすき (講談社文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/03/15メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 夫の吉良上野介が内匠頭に斬りつけられた日から歯車は少しずつ狂っていった。赤穂浪士の討ち入りで上野介を喪った富…

深川にゃんにゃん横丁

深川にゃんにゃん横丁 (新潮文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/02/26メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 7回この商品を含むブログ (5件) を見る お江戸深川にゃんにゃん横丁。長屋が並ぶこの場所は、その名のとおり近所の猫の通り道…

おちゃっぴい

おちゃっぴい―江戸前浮世気質 (文春文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/01メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 札差し・駿河屋の娘お吉は十六、蔵前小町。鉄火伝法が玉に瑕。人呼んでおちゃぴい。浅草寺に向かって、…

笑顔千両

笑顔千両―ウエザ・リポート (文春文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2010/09/03メディア: 文庫 クリック: 3回この商品を含むブログ (2件) を見る 台所の片隅で小説を書きながら、夕食の支度が気になる私。大工の亭主は今日も汗まみれで…

夕映え

夕映え〈上〉 (時代小説文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 角川春樹事務所発売日: 2010/06メディア: 文庫 クリック: 4回この商品を含むブログ (4件) を見る 夕映え〈下〉 (時代小説文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 角川春樹事務所発売日: 2010/0…

十日えびす

十日えびす (祥伝社文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2010/04/14メディア: 文庫 クリック: 4回この商品を含むブログ (3件) を見る 錺職人の夫が急逝し、家を追い出された後添えの八重。実の親子のように仲のいいおみちと日本橋に引っ越…

おぅねぇすてぃ

おぅねぇすてぃ (新潮文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/04/24メディア: 文庫購入: 1人 この商品を含むブログ (5件) を見る 明治五年。函館の商社で働きながら、英語通詞を夢見る雨竜千吉。彼に心を残しつつ、家の事情で米国人に嫁…

アラミスと呼ばれた女

アラミスと呼ばれた女 (講談社文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/04/15メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 12回この商品を含むブログ (3件) を見る いきなり結論めいたことを書いてしまいますが、この小説にはやられました。痺れま…

大江戸怪奇譚 ひとつ灯せ

ひとつ灯せ―大江戸怪奇譚 (文春文庫)作者: 宇江佐真理出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2010/01/08メディア: 文庫 クリック: 5回この商品を含むブログ (6件) を見る キングの怪奇な小説のあとに読んだのは、宇江佐真理さんの書く怪奇小説です。宇江佐真理さ…

聞き屋 与平 江戸夜咄草:宇江佐真理

聞き屋与平 江戸夜咄草 (集英社文庫) 作者: 宇江佐真理 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/03/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 宇江佐真理さんの文庫版新作が出ていたので迷わずお買い上げしてしまいました。タイトルやらなんやら、雰…

ひょうたん:宇江佐真理

ひょうたん (光文社時代小説文庫) 作者: 宇江佐真理 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2009/03/12 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (11件) を見る 江戸は本所の六間堀から伸びる小さな掘留の五間堀に、小さな古道具屋、鳳来堂…

春風ぞ吹く:宇江佐真理

春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る (新潮文庫) 作者: 宇江佐真理 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2003/09/28 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (14件) を見る またまた宇江佐真理さんの小説を読んでみました。この本は以前に読んだ「無事、こ…

蝦夷拾遺 たば風:宇江佐真理

蝦夷拾遺 たば風 (文春文庫) 作者: 宇江佐真理 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2008/05/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る 北海道出身の宇江佐真理さんは以前から"蝦夷"と呼ばれ松前藩が統治していたていた時代の北海道を題材にした…

涙堂 琴女癸酉日記:宇江佐真理

涙堂 琴女癸酉日記 (講談社文庫) 作者: 宇江佐真理 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/08/12 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (16件) を見る 江戸時代の風俗を描いた時代小説としては何とも欲張りで豪華な設定の小説です。八丁堀の町…

無事、これ名馬:宇江佐真理

無事、これ名馬 (新潮文庫) 作者: 宇江佐真理 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2008/04/25 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (13件) を見る とても心温まるホッとする物語でした。文庫の新刊として本屋さんに並んでいたのです…