酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

ドライブ

夕暮れの江川海岸で海上電柱列と夕日と富士山と工場夜景と星景写真を撮る

昨夏に初めて訪れた千葉県木更津市の江川海岸を再訪してきました。ここは海に延びる電柱列が有名な撮影スポットなので、季節を問わずたくさんの人が訪れています。電柱列は東京湾に面して南東を向いているので、夕方から日の入り前後がベストな時間帯です。 …

遅ればせながら裏磐梯猫魔スキー場で大雪の今シーズンの滑り初めをする

昨年末から北日本や日本海側の各地で大雪が降っているというニュースが連日伝えられていますが、多すぎる雪もスキー場にとっては恵みとなっているはずです。それなりの豪雪地帯にあるスキー場でも、例年は12月に入ってから一部オープンし、クリスマス頃まで…

富士五湖と新倉山浅間公園と田貫湖を巡ってひたすら美しい富士山の姿を撮る

新年はおめでたい感じの写真から始めることにしましょう。と言っても、実は撮ってきたのは年末のことなのです。(関東地方は)晴天続きの年末中にあって、特に雲ひとつない快晴となったとある日、朝から車を走らせて富士山方面へ向かってみました。 中央道を…

新幹線を撮りに行こう!:東京・品川〜新横浜〜小田原間の有名撮影ポイントをハシゴする

ピリッとよく空気が冷えた快晴の休日、ふと思い立って新幹線を撮りに行ってきました。初めて新幹線を撮ってみたのは2年前のやはり年末でしたが、この時期はそういう気分にさせる何かが私の中にあるのでしょうか? 確かに最近「鉄分」が足りてないなぁ、と思…

原岡桟橋の電柱列と富士山の夕暮れに再挑戦!...しかし電球は点灯しなかった

養老渓谷で滝めぐりと紅葉狩りをしたあと、そのまま帰るには少し惜しい時間と天気だったので、少し房総半島南部をドライブすることにしました。養老渓谷から山道を下り、鴨川に抜けて外房の綺麗な海岸線沿いにプジョー308を走らせていたのですが、遙か水平線…

関東地方で最も遅くまで紅葉が楽しめる養老渓谷で紅葉狩り&滝めぐり

北海道から東北、日本海側の各地では大雪のニュースが流れてきていますが、東京周辺もまるで冬がもうやってきたかのような寒くて良いお天気の日が続いています。そんな天候のせいもあって、例年よりやや早めに進行している各地の紅葉ですが、関東地方の中で…

400年以上前に廃城となった関東有数の山城の遺跡:太田金山城跡を散策する

百名城スタンプを始めてから、自分の「城」の好みというものを強く意識するようになってきました。改めて意識していろいろな城跡を見て回るようになると、単に「百名城」と言っても、実に様々なタイプの城跡があるものだと実感します。 そんなことを思うよう…

日本三大イルミネーションの一つに選ばれた「あしかがフラワーパーク 光の花の庭」を見に行く

ハロウィンが終わり、都内では気の早いところにすでにクリスマスツリーがお目見えしたりしています。これから冬に向けては日が暮れるのも早くなるし、クリスマスやお正月などのイベントに合わせてあちこちでイルミネーションが行われる季節でもあります。 LE…

台風迫る大雨のなか開催されたFrench Blue Meeting 31eと見頃を迎えた車山の紅葉

年に一度10月の車山高原で開催されるFrench Blue Meetingに2年ぶりに行ってきました。今年で31回目を数える、日本におけるフランス車乗りの祭典ですが、わたしは2000年の第14回からずっと皆勤していたのですが、昨年になって中央道をたった200km走って行くモ…

会津若松で七日町通りを散策し飯盛山で白虎隊の悲劇に思いを馳せる

会津若松城編からの続きです。お城を後にするとちょうどお昼ごはんの時間帯だったので、食べるところを探しつつ市内を散歩することに。ネットで調べてみると会津若松市内にはレトロな建物が残る七日町通りというところに面白そうなお店が並んでいると言うこ…

戊辰戦争から150年を迎える鶴ヶ城を会津若松まで見に行く

今年は大政奉還から150年目、つまりは明治維新から150年目の節目の年です。私は時々読書感想文やTwitterなどで書いてきたように、明治維新について広く信じられている歴史とは、軍事クーデターの結果政権を手に入れた明治新政府が、自らの正当性を確立するた…

天城越えのあとは河津七滝で滝めぐりをする

前回の天城越え編からの続きです。無事に旧天城トンネルを抜けて旧道を下り、現国道414号線に戻った後は、もう少しだけ南に向かって走ります。修善寺あたりからひたすら上り続けていた道は天城峠を越えたことで、急な下り坂に変わり、下田の手前の河津町に入…

九十九折り浄蓮の滝 風の群れ天城隧道 あなたと越えたい天城越え

お盆休み中の東京地方はずっと雨続きで、夏空はどこかへ行ってしまいました。せっかく1週間ずっと休みなので、どこか絶景ポイントとか行ってみようかと思っていたのですが、この天気ではどこかに出かける気力もありません。しかしお盆の帰省ラッシュも一段落…

大谷石採掘場跡の幻想的で巨大な地下神殿の迫力に圧倒される

暑い日が続いた7月の東京では、なぜか梅雨明けが宣言された頃からむしろ天気が悪くなり、雨こそあまり降らないものの、毎日どんよりと曇りの日が続いています。それでも気温も湿度も高くてあまり外をウロウロする気になれないし、夏休みシーズンとあって週末…