酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

Peak Designの青いアンカーが超格好イイ!:銀一60周年記念アンカーリンクス LIMITED COLORを手に入れる

 ピークデザインと言えば、2010年にクラウド・ファンディングで資金を集めて起業した、カリフォルニアの小さなベンチャー企業でしたが、カメラクリップに始まり、ストラップやバッグなど、写真を撮る人の立場になって細かいところまでこだわり抜いた独自のアイディアとデザインが受け、今や日本でも写真撮影用品のブランドとして、認知度も上がり人気が出てきていました。かくいう私もちょうど2年前からストラップを使い始めて以来、すっかりその使い心地に魅了され、それまで続けてきた理想のストラップを探す旅は終了することができました。

 さて、そんなピークデザインの製品は大手カメラ量販店やAmazonなどなど、どこでも買うことが出来るようになっていますが、日本国内の総代理店は「銀一」となっています。ことしになってから発生した第3世代アンカーのリコール受付も、日本向けは銀一が窓口になっていました。

 その銀一が今年創業60周年を迎える記念して、なんとPeak Designとコラボしてアンカーリンクスのキットに特別仕様版を用意し、日本国内のみ限定販売されることになりました。

f:id:hisway306:20181101223222j:plain
 「特別仕様」で何が変わったかと言えばアンカーの色です。通常品は第一世代から一貫して赤縁取りがされていたのですが、銀一60周年記念モデルは青くなっています。なにこれカッコイイ!

銀一60周年記念アンカーリンクス LIMITED COLOR

 先月末に以下のニュースをたまたま見つけました。
 一応ピークデザインの新製品という扱いですが、銀一60周年記念の限定品であるとされています。ピークデザイン自体はアメリカ始め世界中で販売していると思いますが、この限定品は日本国内のみの販売とのこと。これは希少です!

 限定カラー商法に弱い私は、もちろんそのまますぐにポチってしまいました。

P1020084.jpg
 で、ポチってから思い出したのですが、このブルーの限定アンカーは今年3月のCP+ですでに展示され発売が予告されていました。ただしその後ワイヤーの細い第3世代アンカーに問題が見つかり、急遽第4世代にモデルチェンジした上、回収交換プログラムが行われるなどした影響で、この限定品も発売がかなり遅れてしまったようです。

 ちなみに本家銀一ではすでに売り切れています。今後在庫が復活するのかどうか分かりません。「限定数売り切れました」とあるので、このまま販売終了なのかも。

 11月4日夕方時点では、Amazonにはまだ在庫があります。ヨドバシ.comも同様に在庫は十分にあるようです。

開封!

 さて、発売日の11月1日に早速現物が届きました。実物はどの程度格好イイか見てみましょう。

f:id:hisway306:20181103165735j:plainf:id:hisway306:20181103165747j:plain
 箱はこんな感じ。分かりづらいですがちゃんとパッケージの写真もブルーのアンカーになっています。そして「銀一60周年記念」のメッセージが日本語で入っています。

f:id:hisway306:20181103165820j:plain
 フィリップ式の蓋を開けるこうなっています。裏側の商品説明も日本語になっているのはスペシャル版故でしょうか?

f:id:hisway306:20181103165904j:plain
 フリップを開いたところにはアンカーとアンカーハウジングが一つずつしか見えていませんでしたが、実際にはアンカーが4つにアンカーハウジングが2つ入っています。

f:id:hisway306:20181103170218j:plain
 と言うことで、中身を取り出してみるとこうなっています。青いスペシャルカラーのアンカー(もちろん第4世代仕様)が4つに、普通のストラップをPeak designシステム化するためのアンカーハウジングが2つ。

 私はストラップ自体もすでにPeak Designの製品しか使っていないので、実はアンカーハウジングは必要ありません。ただ単に青いアンカーの方が欲しかっただけです。ハウジングの方はしまっておきます。

K-1に付けてみる

 次に早速カメラに取り付けてみましょう。

 が、その前に...
f:id:hisway306:20181103170515j:plain
 手持ちの通常仕様のアンカーと並べて見ました。赤い方が通常仕様。青い方が特別仕様。違いは色だけです。赤い方は使用中のものなのでワイヤーがヨレヨレになっていますが、傷んでいるわけではありません。

f:id:hisway306:20181103165621j:plain
 で、アンカーはK-1改にこんな感じで取り付けていました。ワイヤーが太い第4世代は三角環を通すしかありません。

f:id:hisway306:20181103170927j:plain
 これを青いアンカーに付け替えるとこんな感じです。うん!格好イイ! まー、見慣れない色で珍しいというのがほとんどだとは思いますが(^^;

f:id:hisway306:20181103171300j:plain
 SLIDEを取り付けるとこんな感じ。SLIDEも昨年暮れに第3世代になって、私もアッシュ(グレー)を持っていますが、青いアンカーにはやはりこちらでしょう。第2世代のSLIDEのサミット・エディションです。

f:id:hisway306:20181103171459j:plain
 第3世代もこの色を復活させて欲しいです。もちろん付属のアンカーは青で。

f:id:hisway306:20181103170741j:plain
 ちなみにK-1改/K-1 Mark IIの場合、もう一方のアンカーはグリップ側ではなく、ボディ底面にプレートを介して取り付けてあります。フルサイズ一眼レフのような重量級のカメラは、こうした方がたすき掛けしたときの収まりが良くなります。

 ちなみにプレートはデュアルプレートPL-D-2を使っています。

【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン デュアルプレート PL-D-2

【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン デュアルプレート PL-D-2

 アルカスイス互換で三脚にもワンタッチで取り付けられるし、普通にカメラを机の上に置いたときの座りも良いです。

f:id:hisway306:20181103171658j:plain
 リストストラップのカフもこんな感じになります。

 ということで、珍しさもあってなんだかこの青いアンカーがとても気に入ってしまったので、全て売り切れてしまう前にもう1セット(4本)買い足しておこうかと思っているところです。

使わないアンカーが増えていく...

 ただでさえ余っていたアンカーが、今回また青いアンカーだけ購入したことにより、さらに使うあてのない在庫が増えてしまいました。

f:id:hisway306:20181103171905j:plain
 こんな状態です。今年夏にリコールとなった第3世代のアンカーが丸々余ってしまったので一気に増えてしまいました。pd製品使ってるとこうなっていくのはまぁ仕方ないところかも。

Peak Design関連エントリー