USBスピーカーとUSBハブを追加してiMacを快適に!

 27インチのiMacを使うようになってもう3年ほどが経ちます。Late 2012からLate 2014に昨年買い換えていますが、中身は色々変わっているものの外形、外観、外部I/Fはまったく同じまま。このiMacは筐体のデザインも美しいですし、機能面でも性能面でもオールインワンのパソコンとしては非常に完成度が高く、とても気に入っています。

f:id:hisway306:20160110211447j:plain
 これまでは外付けHDDをつなげてる以外は、本体には何も付け足さず素のままで使ってきたのですが、今頃になってふとした思いつきにより、さらに快適にするために周辺機器を二つほど付け足してみることにしました。

続きを読む “USBスピーカーとUSBハブを追加してiMacを快適に!”

年末年始はiMacとiPhone/iPadでテレビを見よう!

 WindowsからMacに移行して間もなく3年が経ちますが、今ではすっかりMacバンザイ!派に転向し、パソコンを使ってプライベートでやることは全てMacのほうが快適に出来ると思っています。ただし一つだけWindows時代にやっていたことでMacでは出来ずに諦めていたことがあります。それが今回のタイトルにもあるテレビ視聴&録画。いえ、全く方法がない訳ではなかったのですが、いろいろ制限が多くWindows時代に当たり前に出来ていたことが、Macでは出来ないと言うことが多々ありました。

K3II9274.jpg
 その辺は需要の問題でもあると同時にOS Xのポリシーも関係していると思われます。しかし先日ふとネットを彷徨っていると、これはもしかして使えるかも?と思えるMac用のテレビチューナーを発見しました。それが今回紹介するピクセラのPIX-DT195と言う製品です。その場ですぐにAmazonに飛んで衝動的に購入していました。

続きを読む “年末年始はiMacとiPhone/iPadでテレビを見よう!”

iMac用に新しいMagicな入力デバイスx3を導入する

 先日アップルから新しいiMacシリーズが発表され即日発売となりました。21.5インチモデルに4Kパネルが採用されRetina化されたのが目玉ですが、27インチの5K RetinaもSkylakeプラットフォームとなり、正常進化型のマイナーアップデートしています。さらに今回は本体の仕様だけでなく、キーボード、マウス、トラックパッドが新しくなっていたりします。

スクリーンショット 2015-10-17 10.38.43
 すでにiMac 5K Late 2014を持っている私としては、本体については当然スルーなのですが、新しい入力デバイス群についてはちょっと興味があります。

続きを読む “iMac用に新しいMagicな入力デバイスx3を導入する”

高速大容量外付けHDD WD Mybook Duo 8TBを導入する

 デジタルカメラによる撮影では、これまで基本的にJPEG撮りしかしていなかったのですが、ちょっと思うところあって最近はRAW撮りメインに切り替えています。RAWで撮りためていくと問題になるのがHDDの容量です。過去に撮った写真を調べてみると、2013年に撮った写真のファイル容量は約200GB、昨年は約400GB、今年は9月が終わった時点で既に450GBとなっています。年々撮影枚数が増えている上に、RAWとなると年1TBという時代も近いかもしれません。

 選別後のOKカットはFlickrにあげているので、本来はそれだけ取っておけば良いのかもしれませんが、量が増えると整理する時間も足りなく、明らかな失敗カットは捨てているものの、どちらとも判断の付かないほとんどのカットは、使い道がないと分かっていても捨ててしまうのもなんだか忍びなく、とりあえずそのまま保存してる状態です。

DSCF9066.jpg
 そんな写真ファイルの倉庫用に、これまでは外付けの3TBのディスク2台(1台はバックアップ用)を使っていたのですが、これが残り容量が1TBを切り、あと1年持つかどうか怪しくなってきたので、先を見越してさらに大容量のHDDを導入することにしました。

続きを読む “高速大容量外付けHDD WD Mybook Duo 8TBを導入する”

5.5インチとローズゴールドの誘惑:iPhone 6s Plusへ機種変更

 携帯電話を機種変更しました。昨年発売されたiPhone 6/6 Plusはぐっとこらえてスルーし、さらにその前のiPhone 5sへの機種変更から今月でちょうど2年経過したところです。新機種はiPhone 6s Plusの128GB。色は迷うことなくローズゴールドにしてしまいました。おじさんなのに(^^)

DSCF9007.jpg
 予約開始日にネットの混雑を乗り越えてドコモ・オンラインショップで予約。量販店やドコモショップの店頭ではなく自宅受け取りにしたところ、発売開始からちょうど1週間で届きました。

続きを読む “5.5インチとローズゴールドの誘惑:iPhone 6s Plusへ機種変更”

Kindle Paperwhiteで電子書籍専用端末デビュー

 先の週末にふとした思いつきでKindle Paperwhiteを買いました。電子書籍を読むことに特化した専用端末なわけですが、いざ買おうと調べてみると、Paperwhiteだけでなく、無印のKidleと高解像度ディスプレイを積んだVoyageという3種類もラインナップされていて、どれを買うべきか一瞬迷ってしまいました。

K3PS7900.jpg
 シリーズ中で唯一200gを超えていることが気にはなったのですが、フロントライトは必須で高解像度は要らないということで、一番売れ筋と思われるPaperwhiteにしておきました。以下、開封報告およびファーストインプレッションです。

続きを読む “Kindle Paperwhiteで電子書籍専用端末デビュー”

Mac OS Xの写真アプリとiCloudフォトライブラリを使ってみる

 先日OS Xが10.10.3にアップデートされるとともに、標準の写真管理アプリが一新されました。長らく多くのMacユーザーが愛用してきた「iPhoto」が更新停止され、その名も「写真」というアプリに切り替わったのです。ついでにRAW現像など高度な写真管理・現像用の純正アプリ「Aperture」も更新停止となり、これも建前上は「写真」に移行しろと言うことになっているようです。

スクリーンショット 2015-05-04 14.52.38.jpg
 遅ればせながら私も新しい「写真」アプリを触ってみましたので、感想をまとめておきたいと思います。

 それにしても「写真」とはいかにも芸のない名前です。分かりやすすぎるくらいに分かりやすいですが。しかしただ写真と書くと、データとしての写真なのか、アプリ名の写真なのか訳が分からなくなりそうなので、アプリ名を指す場合はカッコ付けで表記したいと思います。

続きを読む “Mac OS Xの写真アプリとiCloudフォトライブラリを使ってみる”

70インチ大画面でiPadを使ってみる

 映画やテレビをあまり見ない私が、BenQの超短焦点プロジェクタW1080ST+をお借りしてやってみたかったのは、iPadの画面とか大画面で映してみるとなんか面白いかも?ということです。例えばLightroom mobileを通して写真を映してみるとか(スライドプロジェクタって昔ありましたよね?)、iTunesライブラリに入っている動画を見てみるとか、その他諸々映してみると楽しそう!

IMGP9477.jpg
 ということで、何が出来るとか出来ないとか、下調べもほとんどせず、あまり深く考えず、気軽な気持ちでやってみることにしました。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “70インチ大画面でiPadを使ってみる”

超短焦点プロジェクタで70インチの世界を体験する

 珍しくカメラではないものをみんぽすさんからお借りしてみました。というのは、先月発売されたばかりのBenQ製プロジェクタW1080ST+という製品で、超短焦点レンズを搭載したホームユースのプロジェクタです。

IMGP9446.jpg
 わずか1.5mの距離から100インチの当社が可能というプロジェクタで、部屋が狭い日本の住宅事情(=我が家)にはぴったりです。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “超短焦点プロジェクタで70インチの世界を体験する”

iPhone5sでLightroom mobileを試してみる

 5月にiPad版のLightroom Mobileがリリースされ、デスクトップ版のLightroomとの同期ができるようになった(要Creative Cloudでサブスクリプション契約)わけですが、モバイル端末とデジタルカメラとパソコンにおける写真の管理や編集をLightroomを通して連携し、一元管理するという点では、やはりiPhoneへの対応を待ち望んでいました。画面の大きなiPadは写真を見たり整理したり、編集するのには向いていますが、やはりいつどもどこにいても必ず持っていて、ネットワークにぶら下がっている端末であり、かつカメラでもあるiPhoneは、いまや欠かせない存在だからです。

K3PS6915.jpg
 iPad版の発表時点ですでにアナウンスされていたことですが、ようやくiPhone版のLightroom Mobileがリリースされました。

続きを読む “iPhone5sでLightroom mobileを試してみる”