酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

F1

砂漠のナイトレース:F1 2015 第4戦 バーレーンGP

F1

レースから一週間が過ぎてしまいましたが、ようやく録画観戦することができましたので、感想を書き留めておきたいと思います。バーレーンGPは政情不安から2011年は開催されなかったのですが、その後は表向き何事もなかったかのように行われています。中東の…

今年も火種はくすぶり続ける:F1 2015 第3戦 中国GP

F1

春先のレースとしてすっかり定着した中国GPが上海インターナショナル・サーキットで開催されました。ティルケデザインの現代的なレイアウトはともかく、豪華なパドックとグランドスタンド、コース上に覆い被さるように造られたメディアセンターの建物は、中…

少年の夢が叶う日:F1 2015 第2戦 マレーシアGP

F1

F1の第2戦目はこれもまた毎年恒例となっているマレーシアはクアラルンプール郊外にあるセパン・インターナショナル・サーキットで開催されました。熱帯の気候の下、高温多湿で時にスコールに見舞われるマレーシアのレースは、F1マシンにとってもドライバーに…

パワーユニットの完成度が分けた明暗:F1 2015 開幕戦 オーストラリアGP

F1

今年もF1のシーズンがやってきました。開幕戦は例年通り、オーストラリアはメルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われました。ケータハムが完全に破綻し、今シーズンの参戦は10チーム20台。しかしマルシアは未だチーム再建過程にあって、準備が間に…

勝者も敗者もともに有終の美を飾る:F1 2014 最終戦 アブダビGP

F1

短いようで長かったF1シーズンもとうとう最終戦を迎えました。新興国サーキットの中ではひときわ豪華な設備を誇る、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットがその舞台です。日没直前にスタートし、チェッカーは日暮れ後に迎えるという、トワイライトレースも…

チャンスは1度だけ:F1 2014 第18戦 ブラジルGP

F1

インテルラゴスで行われるブラジルGPと言えば、シーズン最後のレースであり、悪天候でチャンピオンが決定する緊張感に溢れ、その結果荒れたレースになる、という刷り込みが私にはあります。恐らく同世代のF1ファンには共通の認識だろうと思います。実際にイ…

18台の寂しいグリッドとポール to 2位の憂鬱:F1 2014 第17戦 アメリカGP

F1

ロシアGPからアメリカGPまでの3週間、F1界は大きな動きがありました。いや、私が小林可夢偉ファンだからそう見えるだけで、実際のF1界にとっては、最下位グリッドの弱小チームが消えていくのは「良くあることの一つ」に過ぎないのかもしれません。 そうは言…

オリンピック跡地に造られたサーキット:F1 2014 第16戦 ロシアGP

F1

もう1週間前のことになってしまいましたが、今年初開催となるロシアGPが開催されました。遅くなりましたが一応観戦記を書いておこうと思います。 韓国GPの代わりにカレンダー入りしたとはいえ、日本GPとの連戦となりました。いかに物流が発達した世の中とは…

F1を撮って分かったPENTAX K-3の動体追従性能と最適設定

先日エントリーしたとおり、今年も鈴鹿サーキットでF1マシンの写真を撮ってきました。モータースポーツの撮影は特にカメラの動体追従性能、特にオートフォーカスの性能が非常に重要となります。中でもF1は4輪レースの最高峰ですので、撮影の難易度も最高峰で…

PowerShot G7 Xで撮る鈴鹿のグランプリ・ウィークエンド

日本GP観戦記の番外編です。ちょっとしたスナップ撮影用に今回は試用させて頂いているキヤノンのPowerShot G7 Xを持って行きました。以下、主にG7 Xで撮影してきた、台風迫り来る鈴鹿サーキットの日本GPウィークエンドの様子をまとめておきます。 あまりちゃ…

雨と暗さとの戦い:F1 2014 第15戦 日本GP 観戦記(後編)

フリー走行編からの続きです。土曜日の午後、公式予選までは気温がやや高いながらも秋晴れの良いコンディションでした。しかし日曜日は一転して予報通りに朝から雨模様。台風が近づく中、確実に天気は下り坂です。そんな中、午後3時からのレースがまともに行…

嵐の前の静けさ:F1 2014 第15戦 日本GP 観戦記(前編)

今年もF1日本GPを生で観戦するために鈴鹿サーキットへ行ってきました。カレンダー中屈指のドライバーズ・サーキットと言われると同時に、マシンの総合力も試されるトラックでもあります。レギュレーションによりすっかり様変わりした今年のF1マシンが鈴鹿を…

世界最速の耐久レース:F1 2014 第14戦 シンガポールGP

F1

初開催から7年目にして、もはやF1カレンダー中の名物レースとなりつつあるシンガポールGPが開催されました。その特徴はなんと言っても大都会のど真ん中、公道を使ったナイトレースであるという点。その幻想的な風景はゲームや映画の画面の中で見ていた、空想…

ヒールとヒーローの明と暗:F1 2014 第13戦 イタリアGP

F1

ついこの間始まったばかりと思っていたヨーロッパラウンドも今回のイタリアGPで最後です。舞台はミラノ郊外にあるモンツァ・サーキット。言わずと知れたフェラーリのホームグランプリとなります。 モンツァはパーマネントのオールドコースとはいえ、カレンダ…

メルセデス激突:F1 2014 第12戦 ベルギーGP

F1

3週間の夏休みを経てF1シーズンが再開されました。後半戦最初のレースはベルギーGP。レイアウト的にも天候などの面でも難コースとして有名なスパ・フランコルシャン・サーキットがその舞台です。 シケイン形状の山登り、オールージュはテレビで見るよりも実…

メルセデス炎上:F1 2014 第11戦 ハンガリーGP

F1

ドイツGPに続き2週連続開催となったハンガリーGPは、天候の不安定要素もあって何もかもが予想通りに進まない、波乱の連続となりました。ハンガロリンクはパーマネントサーキットでありながら、モナコのように平均速度の遅い低速サーキットとして有名です。し…

退屈なコースではどんなレースも退屈になる:F1 2014 第10戦 ドイツGP

F1

ドイツGPはいつの頃からか、ニュルブルクリンクとホッケンハイムで交互に開催されるようになりました。さすがはモータースポーツ大国、というよりは自動車大国と言ったところでしょうか。 しかしドイツGPで問題なのはその両コースとも、どうにも印象が薄いの…

母国ファンの声援がかけた魔法:F1 2014 第9戦 イギリスGP

F1

F1に限らず、サッカーでも野球でもどんなスポーツ競技でも、ホームゲームというのは大きな意味を持っています。その要因のひとつが母国あるいは地元ファンの大きな声援です。もう一人のプレーヤーといわれたり、F1なら+50馬力に相当すると言われたり。2012年…

面白かったけど残念なレース: F1 2014 第8戦 オーストリアGP

F1

今年のF1レースカレンダーをよく見ていなかったのですが、今年からヨーロッパラウンドに新しいレースが追加されていました。それが先週末に行われたオーストリアGPです。場所はレッドブルリンクですが、古くからのF1ファンには旧A1リンクと言えば、何となく…

F1の未来に向けてのターニングポイント:F1 2014 第7戦 カナダGP

F1

毎年ヨーロッパラウンドの間に紛れて開催されるカナダGPがモントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われました。時差の関係でなかなかライブで観戦することが難しく、レースから1週間たってようやく録画を見ることができました。今更ですがいつも…

トラブル勃発は強すぎるチームの宿命か?:F1 2014 第6戦 モナコGP

F1

F1のカレンダー中、何もかもが特別で例外だらけでありながら、一方で「伝統のレース」であり続けるモナコGP。レース内容も非常に面白かった一方で、トラック外でも色々気になる面白いことが起こり始めたようです。タイトルに「トラブルの予感」と書きました…

そろそろ勢力図が動き始める頃:F1 2014 第5戦 スペインGP

F1

長い休みから開けて久々のF1です。ヨーロッパラウンドの開幕戦は今年もスペインGPから。言わずと知れたアロンソのホームレースですが、今シーズンは過去数年の中でも最悪の状態にあるフェラーリでいったいどんなレースを見せるのか、諦めの中にもわずかな期…

ファイナルラップ直前に突如打ち切られた前代未聞の時短レース:F1 2014 第4戦 中国GP

F1

シーズン開幕フライアウェイ連戦の最後を飾るのは中国GP。例年通り上海で開催されました。盛り上がってるのか盛り上がってないのかイマイチ分からないレースですが、終盤のアジア連戦から外されつつも、今回でもう11回目。特徴的なコースレイアウトも、すっ…

見所はチームメイト対決:F1 2014 第3戦 バーレーンGP

F1

中東バーレーンで行われた今年の第3戦は、なぜかナイトレースとなってしまいました。シンガポールのナイトレースは有名ですし、アブダビの日没を挟んだトワイライトレースも独特の風景で人気があります。三番煎じと言うわけではないでしょうが、今年からバー…

チャンピオン経験者が盛り返した:F1 2014 第2戦 マレーシアGP

F1

今シーズンの第2戦マレーシアGPがセパン・インターナショナル・サーキットで開催されました。このサーキットもすっかりおなじみとなってきました。マレーシアは自動車産業がありますし、F1だけのためにサーキットが急造された最近の新興国レースとは違って、…

予想したほどの波乱は無かった:F1 2014開幕戦 オーストラリアGP

F1

今年もF1が開幕しました。"エンジン"改め"パワーユニット"はじめ多くのレギュレーション変更があり、昨年とはまるで別物のマシンになってしまいました。醜いノーズデザインは見た目に象徴的ですが、レギュレーション変更の一番の肝はやはり"パワーユニット"…

2013年F1最終戦 ブラジルGP

F1

3月末にオーストラリアで開幕したF1の2013年シーズンもいよいよ19戦目、最終戦を迎えました。最終戦の舞台は今年もブラジルはサンパウロにある、インテルラゴス・サーキットです。ここではいくつものドラマが生まれてきました。そしてそれらのドラマの記憶に…

2013年F1第18戦 アメリカGP

F1

オースチンに建設された新サーキットで復活したアメリカGPは今年で2年目ですが、昨年はいろいろあって結局観戦しないままになってしまいました。なので、私個人的にはこのサーキットの景色を見る(もちろんテレビを通して)のは初めてです。これまた典型的な…

2013年F1第17戦 アブダビGP

F1

3月に始まった今年のF1も今回で第17戦。ドライバーおよびコンストラクターズともに前回のインドGPでチャンピオンが決まりましたが、ベッテルはどこまで記録を伸ばすのか? あるいはコンストラクターズの2位はどのチームがとるのか? または今年でF1を去るウ…

2013年F1第16戦 インドGP

F1

鈴鹿の日本GPの興奮もようやく冷めてきた先週の週末、今シーズンの第16戦インドGPがデリー近郊に建設された、ブッダ・インターナショナル・サーキットで開催されました。2011年に始まり今年で3年目となるインドGPですが、毎年開催前に政府とのゴタゴタが発生…

鈴鹿のF1日本グランプリ・ウィークエンド

F1

しつこいようですが再びF1日本GPネタです。コースを走るF1マシンの姿は、既にこれでもかというくらいお届けしましたが、鈴鹿サーキットのF1グランプリウィークエンドは実際のところどんな感じなのか?について全く飛ばしてしまいました。 しかし実際に鈴鹿サ…

2013年F1第15戦 日本GP観戦記:決勝

土曜日編からの続きです。明けて日曜日はやはり快晴。気温はぐっと下がって秋の空気です。3日とも快晴に恵まれるのはこれで3年連続。決してこの時期の天候が安定しているわけではなく、うまいこと台風と台風の狭間になるという強運ぶりでした。F1ファンには…

2013年F1第15戦 日本GP観戦記:FP3&予選

昨日の金曜日編からの続きです。開けて翌日は土曜日。相変わらずの晴天ですが少し風に涼しさが混ざってくるようになりました。宿泊している名古屋を早朝に出て鈴鹿サーキットへの到着は午前8時。ちょうどゲートオープンと同時です。この日は午前中に60分だけ…

2013年F1第15戦 日本GP観戦記:FP1&FP2

今年もF1日本GPを見に鈴鹿サーキットまで行ってきました。私にとっては1年の中でも、何を置いても行かねばならぬ重要なイベントとなりつつあります。お金はかかるし疲れるし、暑かったり雨が降ったりで、体力的にも厳しいのですが、鈴鹿サーキットのグランプ…

2013年F1第14戦 韓国GP

F1

F1シーズン終盤のアジアラウンドは、華やかなシンガポールから一転、韓国の寂れた田舎町へ移動しました。なんだかんだ言って今年で4年目となる韓国GPですが、心配された台風直撃もなく、どんより曇ってはいたものの雨が降ることもなく、何とか無事に開催にこ…

2013年F1第13戦 シンガポールGP

F1

夏のヨーロッパラウンドが終わり、いよいよ終盤戦、F1は再びアジアへとやってきます。その後半アジアラウンドの初戦は、世界有数の大都市のど真ん中で開かれる、市街地のナイトレース、シンガポールGPです。きらめく夜景の中に煌々とした明かりに照らされた…

2013年F1第12戦 イタリアGP

F1

F1の夏休みが明けたのは2週間前、スパ・フランコルシャンで行われた第11戦のベルギーGPもちゃんとテレビで観戦したのですが、いろいろあって観戦記が書けないまま、この日曜日には早くも第12戦イタリアGPが開催されました。スパはとても見応えのあるコースで…

2013年F1第10戦 ハンガリーGP

F1

3週間のインターバルを置いて久しぶりに開催されたF1の舞台はハンガリーの首都、ブダペストの郊外に位置するハンガロリンク。常設サーキットとしてはカレンダー中でも最も平均速度の遅い低速サーキットです。そのコースレイアウトに加え、コース幅も狭いこと…

2013年F1第9戦 ドイツGP

F1

タイヤ問題に揺れたイギリスGPからわずか一週間後。いえ、正確にはイギリスGPでタイヤバーストが表面化したのは決勝日でしたので、事実上ドイツGPのセッションが始まるまでは5日しかありませんでした。 何がどうなってそうなったのかは分かりませんが、ドイ…

2013年F1第8戦 イギリスGP

F1

伝統のイギリスGPと言えば、伝統のシルバーストーン。一時期は開催が危ぶまれたこともありましたが、大改修をしてからそんな話もすっかり影を潜めました。しかしコースレイアウトは、ヨーロッパのオールドコースらしいハイスピードサーキットです。連続する…

2013年F1第7戦 カナダGP

F1

ヨーロッパラウンドが始まったばかりと言いながら、F1はいったん大西洋を渡り北米大陸へ。初夏の名物レースの一つとなったカナダGPがモントリオール市街地サーキットで行われました。荒れたレースになりやすいカナダGPですが、今回も予選がウェットコンディ…

2013年F1第6戦 モナコGP

F1

F1カレンダーの中でも特別かつ特殊なレースと言えばこのモナコGPをおいて他にはありません。伝統のオールドレースにて、そのロケーション、雰囲気、格式などなど、何もかもが特別です。中でも一番特殊なのはコースと言えるでしょう。狭くて壁に囲まれ、舗装…

2013年F1第5戦 スペインGP

F1

F1と言えば今週はホンダ復帰の話題で持ちきりです。そして噂を超えて、本日とうとう正式に2015年からマクラーレンへのホンダエンジン供給開始が発表されました。鈴鹿の日本GPが5年という長期契約更新したあたりからの既定路線ではありましたが、これでようや…

KAMUI SUPPORT

今年もF1シーズンはすでに始まっており、今週末はヨーロッパラウンドに突入しています。もちろん毎レーステレビ観戦したりネットでF1情報をあさって楽しんでいるわけですが、いつもどこかで「可夢偉がいればなぁ」と思っていたりします。で、もうすでに過去…

2013年F1第4戦 バーレーンGP

F1

もうレースから約1週間が経ってしまいましたが、一応観戦記録をエントリーしておきます。開幕からのフライアウェイ4連戦の最終レースは中東のバーレーンGP。政情不安で3年前は中止されてしまいましたが、去年に続き今年も何とか無事に開催されました。砂漠の…

2013年F1第3戦 中国GP

F1

もやもやの残る前回のレースから3週間のインターバルを置いて、第3戦の中国GPが上海インターナショナル・サーキットで開催されました。中国GPは今年で10回目だそうです。まだまだ新興国の新しいレースだと思っていましたが、もはやそれなりに歴史と経験を積…

2013年F1第2戦 マレーシアGP

F1

先週の開幕戦に続き、早くも第2戦目となるマレーシアGPがセパン・インターナショナル・サーキットで行われました。マレーシアのレースと言えば暑さと湿気、スコールとの戦いです。コンディション変化を正確に読み、正しいタイミングで正しいタイヤ選択を行わ…

2013年F1開幕戦 オーストラリアGP

F1

今年もいよいよF1が始まりました。開幕1戦目の舞台は今年もオーストラリアはメルボルンの市街地サーキットです。今シーズンはレギュレーションの大きな変更はなく、マシンもタイヤも昨シーズンの延長線上にあり、勢力図に大きな変わりはないだろうと言われて…

2012年F1最終戦 ブラジルGP

F1

ブラジルGPの1週間前に、5年ぶりとなるアメリカGPがオースチンの新しいサーキットで行われましたが、いろいろあって観戦していません。録画はしてあるのでそのうち見ようと思っています。そして1週間後のこの前の日曜日、とうとう今シーズンの最終戦となるブ…

2012年F1第18戦 アブダビGP

F1

春に行われたバーレーンGPに続き、カレンダー中で二つ目の中東のレース。まるで未来都市のようなヤス・マリーナベイ・サーキットの風景は完全に非日常の世界。さらに日没前後に行われるトワイライト・レースとしても有名で、鈴鹿のような夕日の中でスタート…