酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

酷暑を乗り切るにはやっぱり焼肉!:新小岩の「炭火焼肉 慶州苑」でホームの味を確かめる

 先日の大阪出張で関西の高レベルな焼肉を食べてきて「やっぱり焼肉は関西に適わない...」と言ったばかりですが、その後戻ってきた東京で猛暑日が続く中、夏バテ症状を少しでも改善するために、地元の焼肉屋さん「慶州苑」に行ってきました。ここは永年通っている心の故郷的なお店です。

 下町にある何でもない普通の焼肉屋さんなのですが、他でどんなに美味しい焼肉を食べても、結局はここに帰ってきてしまいます。その美味しさは飛び抜けていないかもしれないけど、私にとっては「原器」とも言える焼肉の基準でもあります。ですから、たまにはちゃんと自分のホームポジションを確認しなくてはなりません。

P1030149.jpg
 なんて変な理屈を並べてみたものの、要するに「焼肉食べたい」ということです。思い立ったらすぐ行けるホーム焼肉店バンザイ!

P1030086.jpg P1030090.jpg
 さて、焼きはじめる前にまずはおつまみを揃えます。焼肉にキムチとナムルは欠かせません。

P1030088.jpg
 さて、そんな中普通のキムチとは別にこんな試作品を特別に出してくれました。見た目通りトマトのキムチです。これがうまい!超うまい! トマトの甘さと酸っぱさが辛さに良く溶け合っています。定番になれば良いのに。

P1030092.jpg
 さて、生ものはセンマイ刺しくらいしかないので割愛し、さっそく焼いてしまいましょう。もちろんタン塩から。やや!今回は盛り付けが凝っています。厚手のいい肉が入ったときはこうしてバラ状に盛り付けられてきます。ただでも美しいタンがさらに美しい!

P1030096.jpg
 片面をほどよく焼いて、ひっくり返したらお好みに応じてネギを乗せ、そのままパクッと頂いてしまいます。片面焼いてるうちに火はだいたい通っているので裏面はそんなにじっくり焼く必要はありません。いや〜 やっぱりタンは最高です。

P1030099.jpg
 そしてやってきたのが赤身五点盛り! 4人くらいいないと食べきれない量です。上カルビ、上ハラミ、上ロースなどなど。良いお肉がたっぷり。野菜もたっぷり。

P1030102.jpg
 ほら、炭火で焼いたらより美しくなってきました。こんな色艶のお肉が美味しくないわけがありません。

P1030104.jpg  P1030106.jpg
 しかもただのタレだけではなく、こんな薬味まで用意されています。一応これも試作品で特別に出してくれたものです。赤い方は見たまんま。ただしコチジャンとは違ってもっとシンプルな辛み。緑のキュウリを刻んであるやつのほうがむしろきついかも。

 これを焼いた赤身のお肉と一緒に食べると超美味いです。いえ、実は昔流行った「食べるラー油」ばりに、そのままご飯のおかずとしてもイケるくらいに旨味が豊富です。

P1030109.jpg
 例えばこんな感じ。ほんのちょっとで十分... というかこのくらいじゃないと逆に辛くて無理。いやいや、肉の旨味が引き立ちます。

P1030115.jpg
 脂の多いお肉もしっかり焼いて...

P1030123.jpg
 ごはんに載せて赤い方と一緒に食べるともう絶品です。暑さも吹き飛びしばし夏バテなんて忘れてしまいました。こんなに美味い食べ物は他にはありません。

P1030111.jpg
 となると、合うお酒はやっぱりこの辺でしょうか。慶州苑のこの何でもないマッコリがまた美味しくて、脂の多い焼肉に良く合います。

P1030127.jpg
 それからニンニク焼きもはずせません。生のおろしニンニクをラーメンに山盛りかけて食べたら、腸内細菌が全滅して激しい腹痛になり入院してしまった、という人の話を読んだばかりだったので、ちょっとドキドキしながら食べました。

 しっかりバターで焼けば大丈夫なはず。そしてホロホロに柔らかくなったところで胡麻塩につけて頂きます。いやいや、これは本当に夏バテ退散に効きそう。ニンニクパワーもさることながら、塩のミネラルも直接摂取ですから。

P1030128.jpg
 そして焼き物の〆は白ホルモン三種盛りへ。ホルモン、マルチョウ、ミノだったかな?

P1030145.jpg
 プリプリとした大粒のマルチョウが特に大好きです。焼き加減が難しいですが、脂が落ちすぎてしぼんでしまう前に食べてしまいましょう。美味い!

P1030148.jpg
 脂の多い美味しいホルモンはすぐに炎が上がってしまいます。これ、ブログ写真的には絶好のシャッターチャンスですが、早く消火しないとお肉は台無しになってしまいます(A^^;

P1030134.jpg
 白ホルモンで〆と書いたはずですが、ちょっと物足りずに焼き物を追加することにしました。となると基本中の基本、やっぱり並カルビですよね。これを焼いて...

P1030135.jpg
 サンチュにご飯とともに乗せて、ついでにニンニクと薬味も合わせてクルッと巻いて一口で頂いてしまいましょう。なんとも贅沢な食べ方!超美味いです。これで元気にならないわけがない!

P1030151.jpg
 今度こそ〆ということで、さっぱり口直しに「玉子スープ」と...

P1030157.jpg
 「焼肉屋さんの牛めし」を頂きました。これニンニクとお肉たっぷりで、なので「さっぱり」ではなくむしろ「がっつり」系です。しかしこれは旨味の塊で、ちょっと尋常ではない美味しさです。

 ということで、久々の地元慶州苑の焼肉を堪能しました。単に美味しいお肉があるだけではなく、色々工夫が凝らしてあり、メニューも豊富でとても良い焼肉屋さんです。夏バテで食欲も減退気味だったはずなのに、この日は猛烈に食欲が刺激されて、自分でもビックリするくらいたくさん食べてしまいました。

 残念ながらこの焼肉による夏バテ対策効果は、この異常な暑さの前にあまり長持ちせず、すでにまた体調が悪くなってきました。また近いうちに食べに行かなくては!


関連エントリー