見かけによらず真面目な正統派一眼レフ PENTAX K-S1発表

 数日前にリークされた写真を見て「何じゃこりゃ!」と多くのペンタックスファンがひっくり返ったK-S1なる新製品が昨日正式発表されました。新しいKマウントの一眼レフですが、K-m/K-7の時代からK-50/K-3まで引き継がれてきたエントリー/ハイパフォーマンスの2ラインとは異なるクラスの一眼レフカメラだそうです。

K-S1_1
 敢えて言うなら、K-01の位置づけが一番近いのかも。初めてその姿を見たときに「なんじゃこりゃ?」となったところも同じです。

 K-S1で真っ先に目につくのは、外装にふんだんに使われたLEDです。特にグリップ部に縦に並ぶLEDはいったい何を主張しているのでしょうか?

続きを読む “見かけによらず真面目な正統派一眼レフ PENTAX K-S1発表”

メルセデス激突:F1 2014 第12戦 ベルギーGP

 3週間の夏休みを経てF1シーズンが再開されました。後半戦最初のレースはベルギーGP。レイアウト的にも天候などの面でも難コースとして有名なスパ・フランコルシャン・サーキットがその舞台です。
 シケイン形状の山登り、オールージュはテレビで見るよりも実際はずっと急坂だそうですが、そこを全開で駆け抜けるF1マシンの姿は、シーズン通してF1の一つの風物詩でもあります。
 過去このサーキットではファンの記憶に残る、たくさんの名勝負、事件が起きました。それはこのコース特性が引き起こすことでもあり、そしてチャンピオンシップの方向性が見えてくる微妙な時期に行われることも関係しているでしょう。

 過去の例に倣い、ということではないと思いますが、今年のレースでも事件は起きました。

続きを読む “メルセデス激突:F1 2014 第12戦 ベルギーGP”

カテゴリー: F1

陸上自衛隊 富士総合火力演習 2014を体感する

 陸上自衛隊の富士総合火力演習を見に行ってきました。昨年はチケットが手に入らず、その前は平日の予行を見に行くことが出来ました。今回は一般抽選を勝ち抜いたブロガー仲間の方からお誘いを頂き、幸いにも日曜日の本番を見ることが出来ました。予行と本番では演習内容に違いはなく、一番違うのは混雑です。

K3PS2060.jpg
 予行の日の観客はスタンド席が埋まる程度ですが、本番のこの日はその前のシート席までぎっしり埋まるほど。およそ3万人の見物客が入ったそうです。実際ものすごく混んでいました。しかし幸いにも天気は曇りと晴れがめまぐるしく入れ替わるものの、雨に降られることなく、日焼けにやられるだけで済みました。

続きを読む “陸上自衛隊 富士総合火力演習 2014を体感する”

SIGMA 18-35mmF1.8で撮る浅草散歩

 野暮用があって浅草まで出かけてきました。浅草寺にお参りするのは久しぶりです。日が長い夏のこと、午後6時を過ぎてもまだあたりは明るいです。特にテーマはないのですが、浅草寺をぶらぶらしながらSIGMA 18-35mm F1.8で写真を撮ってきました。お散歩スナップにこそこの焦点距離レンジと明るさはぴったりです。

K3PS0277.jpg
 K-3にこれ1本だけつけて他にいっさいレンズもカメラも持たなければ、それほど重さも気になりません。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “SIGMA 18-35mmF1.8で撮る浅草散歩”

SIGMA 18-35mmF1.8で富岡八幡宮例祭各町神輿連合渡御を撮ってみる

 本編に引き続き富岡八幡宮例大祭についての特別編です。先日の本編で使った写真はすべてPENTAX純正のレンズを使って撮ったものばかりですが、同時にみんぽすさんからお借りしているSIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMも使ってこのお祭を撮ってみました。

K3PS0878.jpg
 撮影位置を制限される場合はやはりズームレンズが便利ですが、このレンズは標準域にわずか2倍のズームレンジしか持っていないので、こういう場合は使いこなしがなかなか難しそうです。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “SIGMA 18-35mmF1.8で富岡八幡宮例祭各町神輿連合渡御を撮ってみる”

富岡八幡宮例祭各町神輿連合渡御を水を浴びながら撮る

 夏休みまっただ中の先週、富岡八幡宮の例祭が行われました。数ある行事の中でも一番のクライマックスは氏子町会による53基の各町神輿連合渡御です。早朝に富岡八幡宮を出発し、氏子地域をぐるっと回って再び富岡八幡宮まで、丸一日かけて全ての御神輿が練り歩きます。

K3PS1297.jpg
 私の住む町も氏子地域なので御神輿を出しています。各町神輿連合渡御の日は日が昇る前から町内が大騒ぎになるので「興味ないし昼まで寝ていたい」と思っていても、そうはいきません。だったらむしろ見物客として参加しなくては!ということでカメラを持って御神輿を追いかけてきました。

続きを読む “富岡八幡宮例祭各町神輿連合渡御を水を浴びながら撮る”

USB DOCKで18-35mm F1.8 DC HSMのピント調整をやってみる

 SIGMAの18-35mmF1.8をみんぽすさんからお借りしたわけですが、その荷物には実はUSB DOCKも同梱されていました。これもまた最近のプロダクトライン制になった新しいSIGMAレンズの大きな特徴のひとつです。レンズをパソコンに直接つなぎ、色々なことができてしまうと言う、これまたSIGMAならではの製品です。

IMGP8786.jpg
 私が借りたのはKマウント版ですので、USB DOCKも当然Kマウント仕様。パソコン側はWindowsだけでなく、もちろんMacにも対応しています。とりあえずどんなものか使ってみました。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “USB DOCKで18-35mm F1.8 DC HSMのピント調整をやってみる”

騙されて読み直す:お文の影/宮部みゆき

お文の影 (角川文庫)

お文の影 (角川文庫)

「おまえも一緒においで。お文のところへ連れていってやるよ」月の光の下、影踏みをして遊ぶ子供たちのなかにぽつんと現れた、ひとつの影。その正体と、悲しい因縁とは。「ぼんくら」シリーズの政五郎親分とおでこが活躍する表題作をはじめ、「三島屋」シリーズの青野利一郎と悪童3人組など人気キャラクターが勢揃い!おぞましい話から切ない話、ちょっぴり可笑しい話まで、全6編のあやしの世界。

続きを読む “騙されて読み直す:お文の影/宮部みゆき”

唯一無二の大口径標準ズーム SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

 みんぽすさんより、ずっと気になっていたレンズをお借りすることが出来ました。それがこれ、SIGMAの18-35mm F1.8 DC HSMです。大口径ズームと言えばF2.8がせいぜいのところですが、このレンズはなんと全域F1.8。これぞSIGMAの真骨頂、他にはない唯一無二のスペックをもつレンズです。APS-C専用ですがちょうど良い、まさに標準域をぴったりカバーする2倍ズームです。

IMGP8740.jpg

 売れない上に造るのに手間がかかるKマウント版はもしかしたら出ないかも?と心配していましたが、先々月にようやく発売になりました。単焦点レンズ並の明るさを手に入れたズームとなれば鬼に金棒。APS-C一眼レフにとって究極の標準レンズとなるのでしょうか?

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “唯一無二の大口径標準ズーム SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM”

夕暮れの伊丹空港で飛行機を撮る

 飛行機を撮るのに恐らく最も条件の良い日本国内の空港と言えば、伊丹空港をおいて他にはないと思います。街中にあり騒音やいろいろな問題の多い空港ですが、飛行機見物、撮影スポットには事欠きません。しかも滑走路まで近くて他にはないようなアングルで写真が撮れてしまいます。利用したことはあっても写真を撮りに行ったことはない伊丹空港ですが、先日ようやくチャンスが巡ってきました。
K3PS9674-Edit.jpg
 色々あって伊丹空港にやってきたのは午後6時頃、夏真っ盛りですのでまだ日が出ている時間帯です。そこから日が暮れてすっかり夜になるまで、写真を撮ってきました。

続きを読む “夕暮れの伊丹空港で飛行機を撮る”