金メダルに輝く東京スカイツリー

 先の週末から、東京スカイツリーはまたまた特別ライトアップがされています。最近は特別ライトアップばかりで、レギュラーの「」と「」を見るチャンスの方が減ったのではないかと思えてくるくらい。いえ、単なる気のせいなのですが、実際のところ「特別ライトアップ」は数多く行われています。なので、最近は目で見れば満足してわざわざ写真を撮らなくなっていたのですが、今回のは中々素晴らしくて、思わずカメラを持ち出しました。

IMGP1661.jpg
PENTAX Q7, 06 TELEPHOTO ZOOM, 0.3sec, F2.8, ISO400, -1EV, RAW
 それがこれ。なんと黄金に輝いているではないですか!

続きを読む “金メダルに輝く東京スカイツリー”

東京のパナマ運河 扇橋閘門一般開放中

 東京都の東部、小名木川の中間に扇橋閘門という施設があります。そもそもこの閘門がなぜ作られたのか、どういう機能があってどういう役割を担ってるのか?ということを説明し始めるととても長くなるのですが、要するに小名木川の東西の水位差を吸収し、船の通行を可能にするための二重の水門からなる施設です。小名木川とは江戸時代初期に行徳から塩や野菜を江戸へ運ぶために作られた人工の川で、もともと水位差はなかったのですが、戦後高度成長期に地下水のくみ上げに寄って江東区東部は大きく地盤沈下してしまいました。その対策のひとつとして扇橋閘門を設置し、小名木川東部の水位をわざと下げているのです。

IMGP3493.jpg

 この扇橋閘門は江東区で育った人なら、ほとんどの人がその存在を知っているはずです。それがこの夏の期間中、一般公開されているという情報を聞きつけ、早速見に行ってきました。小学校時代に見学したような記憶があるのですが、良く覚えていません。外からその姿を見たことは何度もありますが、施設の中に入るというのは貴重な体験です。

 以下、見学レポートです、興奮してたくさん写真を撮ってきたので、いつもより写真多めかつ長文です。お暇なときにどうぞ。

続きを読む “東京のパナマ運河 扇橋閘門一般開放中”

ゲリラ雷雨の夜に稲妻を撮る練習をする

 昨日の東京地方は夕方から激しい雷雨に見舞われました。ゴロゴロと雷が鳴り、ピカピカと稲妻がひっきりなしに走る、ここまで激しくて近い雷は久しぶりだったような気がします。夜寝る前でボーッとしていた時間だったこともあって、ふと思いついてずっとやってみたかったことに挑戦してみることにしました。

IMGP1559.jpg
PENTAX Q7, 02 STANDARD ZOOM, 30sec, F5.6, ISO100, ND:ON, AWB

続きを読む “ゲリラ雷雨の夜に稲妻を撮る練習をする”

時代小説の原点に返る:<完本> 初ものがたり/宮部みゆき

<完本/>初ものがたり (PHP文芸文庫)” title=”< 完本>初ものがたり (PHP文芸文庫)”></a></p>
<div class=

< 完本>初ものがたり (PHP文芸文庫)

新作3篇をひっさげて、茂七親分が帰ってきた! 茂七とは、手下の糸吉、権三とともに江戸の下町で起こる難事件に立ち向かう岡っ引き。謎の稲荷寿司屋、超能力をもつ拝み屋の少年など、気になる登場人物も目白押し。鰹、白魚、柿、菜の花など、季節を彩る「初もの」を巧みに織り込んだ物語は、ときに妖しく、哀しく、優しく艶やかに人々の心に忍び寄る。ミヤベ・ワールド全開の人情捕物ばなし。

続きを読む “時代小説の原点に返る:<完本> 初ものがたり/宮部みゆき”