いつもの散歩道でひまわりの一生を撮る

 久しぶりに機材レビューを気にせず、純粋に写真だけ撮りに出かけてきました。目当ては真夏のこの季節、紫陽花に変わって街角で見つける向日葵です。これも年々街角のあちこちに増えているように感じるのは、写真をよく撮るようになったせいで、実際は昔からそこにあったのかもしれません。しかしうっかりしていて、見事に花が開くまでそこにあることには気がつかず、あの向日葵は週末まで持つだろうか?と心配しながら迎えた日曜日。今年も辺り一面のひまわり畑の風景にあこがれつつ、結局は近所の散歩コースで済ませてしまいました。

K5LS2660.jpg
PENTAX K-5, FA77mmF1.8 Limited, 1/2000sec, F2.8, ISO100
 これ、ひまわり畑の中で撮ったように見えませんか? 前ボケ、後ボケ含めて6つもひまわりの花が写ってますし。でも違うんです。ごく小さな花壇なのです。これも望遠レンズ効果ですね。

続きを読む “いつもの散歩道でひまわりの一生を撮る”

2013年F1第10戦 ハンガリーGP

 3週間のインターバルを置いて久しぶりに開催されたF1の舞台はハンガリーの首都、ブダペストの郊外に位置するハンガロリンク。常設サーキットとしてはカレンダー中でも最も平均速度の遅い低速サーキットです。そのコースレイアウトに加え、コース幅も狭いことから非常に抜きにくいサーキットとして有名です。
 それだけに、モナコ同様スターティンググリッドは非常に重要であり、そしてスタート直後のオープニングラップのポジション争いもいつになく熾烈となり、さらにピット戦略が勝負を決します。
 しかしレギュレーションのおかげなのか、タイヤのおかげなのか分かりませんが、「抜けない」と言う割には、重要なポイントでいくつかオーバーテイクは見られました。

続きを読む “2013年F1第10戦 ハンガリーGP”

カテゴリー: F1

東京スカイツリーと隅田川花火大会を眺めながら寿司を食べる

 一昨日の土曜日は隅田川花火大会の開催日。東京東部の鉄道沿線沿いなど街中は浴衣を着た老若男女であふれかえっていました。そんな中私は東京スカイツリーの麓へ行ってきました。東京スカイツリーの展望台から見下ろす花火も綺麗なことでしょう。しかし当然そんなプラチナチケットは手に入りません。

IMGP0967.jpg
 東京スカイツリーには目もくれず、従って花火も無視して十間橋そばにあるお寿司屋さんへ直行。久しぶりに回ってないお寿司を食べに行ってきました。出たばかりのお給料を握りしめて。

続きを読む “東京スカイツリーと隅田川花火大会を眺めながら寿司を食べる”

Q7 × Arnord Palmer ワンショルダーカメラバッグ

 PENTAX Q7とK-50を買ったユーザーに対し「Activeサマーキャンペーン」と銘打ってカメラバッグのプレゼントが行われています。K-50にはColumbiaのショルダーバッグが先着2500名、Q7にはArnold Palmer製のワンショルダーバッグが先着5000名まで、いずれも先着2500名までもれなくもらえます。私はQ7を発売日に買いましたので、当然権利あり。すぐにWEBから申し込みしておきました。

K5LS2505.jpg

 発売から3週間程経ったつい先日、そのバッグが早速送られてきました。私がもらえるのはもちろんArnold Palmerの方です。無料で頂けるなんてありがたいことこの上ありません。

続きを読む “Q7 × Arnord Palmer ワンショルダーカメラバッグ”

DA50mmF1.8 + Q7

 みんぽすさんからお借りしているDA50mmF1.8を、先日買ったばかりのPENTAX Q7に付けてみました。もちろん前者はKマウント、後者はQマウントですので、そのままではつきません。昨年買ったまま放置してある純正のKマウントレンズ用アダプターQ(以下、K-Qマウントアダプター)を間に挟みます。

IMGP9625.jpg

 Q7の1/1.7インチセンサーは、対角線長で35mmフルサイズに対し換算倍率が4.6となりますので、50mmのこのレンズは230mm相当の望遠レンズとなります。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “DA50mmF1.8 + Q7”

07 MOUNT SHIELD LENS

 PENTAX Q7と同時に買った07 MOUNT SHIELD LENSを使ってみました。ほとんど冗談のようなこのレンズ、ペンタックスが仕掛けたその冗談に乗って冷やかし半分で買ったものの、いったい何をどう撮れば良いのか? いろいろ試行錯誤しています。先に機材ありきの邪道な写真の撮り方かもしれませんが、これはこれで遊びとしては面白いものです。

K5LS2496.jpg
 スペックをおさらいしておくと、焦点距離は11.5mm、フルサイズ換算で53mm相当の標準域。絞りはF9固定、ピント合わせ機構はないのに、パンフォーカスではなく0.3m~2mあたりにピントが合うように固定されているそうです。レンズは正真正銘の単玉。前から見るとほとんどピンホールじゃないかと思えます。さて、いったいどうなることでしょう?

続きを読む “07 MOUNT SHIELD LENS”

Q7で焼肉を撮る

 Qマウントの特徴はなんと言っても小さいこと。なので初代Qはよく飲み屋にも持って行きました。半分コンパクトカメラ代わりで、小さくて携帯性に優れることはもちろん、食事をしながらでも扱いやすいですし、周囲にも威圧感を与えず、サッとさりげなく撮ることができます。それでいてPENTAXの一眼レフに準じた機能、操作感を持っていて、写真を撮るという行為を楽しめますし、写りもコンパクトカメラとはひと味違うというわけで、こんなに食事やお酒の席に適したカメラもありません。

IMGP0670.jpg
 新しく手に入れたQ7も初代Qに変わり、飲み屋写真のメインカメラとして活躍してくれるはず。ということで、まずは地元のいつもの焼き肉屋さん、慶州苑に持って行ってみました。

続きを読む “Q7で焼肉を撮る”

DA50mmF1.8 vs FA50mmF1.4

 現在PENTAXのKマウントにラインナップされている50mmレンズは2本あります。まずは標準の中の標準とも言える定番スペックをもつFA50mmF1.4。しかしこれはフィルム時代に発売されたもので、かなり設計の古いレンズです。もう一本は明るさを少し押さえて低価格化を図ったDA50mmF1.8。これも昔からメーカーを問わずラインナップされてきた定番スペックと言えますが、この製品は昨年に発売されたばかりの最新設計のレンズです。

K5LS2485.jpg
 その成り立ちからして直接比べても意味はないような気もしますが、せっかく手元に両レンズが揃っているので、どの辺がどう違うのか比べてみました。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

続きを読む “DA50mmF1.8 vs FA50mmF1.4”

神前結婚式

 久々に結婚式に参列してきました。場所は飯田橋の東京大神宮。明治初期に伊勢神宮の遥拝殿として創建された神社で「東京のお伊勢さま」と呼ばれています。神前結婚式に参列するのは初めてではないのですが、そうかと言って良くあることでもないのでなかなか貴重な体験でした。この東京大神宮は一般向けの神前結婚式を創始した神社だそうで、歴史と伝統(と言っても明治末期に始まったものだそうです)があるそうです。

IMGP0413.jpg
 実は飯田橋にこんな立派な神社があるなんて知りませんでした。現地に着いてみるとたくさんの参拝客がいます。それもどうも性別と年齢層に偏りがあるようで… 一般的な神社の様子と比べると妙な雰囲気でした。どうやらこの神社はその歴史的な経緯から、縁結びの神様としてその筋(?)では有名だそうです。

続きを読む “神前結婚式”

Q7でEye-Fi Mobiを使ってみる

 PENTAX Q7の機能や初代Qからの変更点を一通りつかんでおこうと思い、メニュー構成を眺めていたときのこと(説明書は読んでません)。いくつか細かい違いを発見したのですが、その中でも一番気になったのがEye-Fiに関する設定です。これはPENTAX Qには全くなかったもので、つまりQ7はEye-Fiに正式対応していると言うことになります。
 Eye-Fiは必ずしもカメラ本体がサポートしていなくても使える場合が多いようですが(対応機種情報はこちら)、色々使いこなしが難しかったり不安定だったりという話を聞きます。少し興味があったのですが、絶対に必要ではないし、むしろ面倒なのはイヤだなぁと思い、これまでは手を出さずにいました。

IMGP3007.jpg

 しかしカメラ本体が対応しているとなればやってみなくてはなりません。しかし私としては、パソコンやクラウドへの自動転送は必要なくて、やってみたいのは出先でのiPhoneへの転送です。ということで、ダイレクトモードに特化した新製品、Eye-Fi Mobiを買って試してみることにしました。

続きを読む “Q7でEye-Fi Mobiを使ってみる”