風の果て:藤沢周平

風の果て〈上〉 (文春文庫)

風の果て〈上〉 (文春文庫)

 
風の果て〈下〉 (文春文庫)

風の果て〈下〉 (文春文庫)

 

 江戸時代の末期、ある雪深い地方の小藩を舞台にした五人の武士の物語です。その舞台は明確にされていませんが藤沢作品ではおなじみの東北地方の架空の藩(鶴岡を居城とした庄内藩がモデル)海坂藩であると考えて間違いなさそうです。同じ道場に通う仲の良い友人関係にある五人組は実は家柄や立場に大きな差があり、いずれは同席さえも許されなくなるであろう間柄。その絆は歳を重ねるたびに少しずつ引き裂かれてゆき五人五様の道を歩んでいきます。そしてもちろん、その道は平坦ではありません。身分の差などに無頓着な若い剣士達の清々しい青春物語で幕を開けたかと思えば、三十年の時を経て五人の間を引き裂く運命の過酷さと、彼らが否応なく巻き込まれていく政争のドロドロした物語に発展してゆきます。しかし、そうやって常に移りかわる世の中にあって、人の心の中には変わらないものがある… そんなことを語った物語のように思えました。

 ちょっとだけ出だしをばらしてしまいますが… 物語はいきなり緊張した場面から始まります。筆頭家老に上り詰めた桑山又左衛門に届く一通の果たし状。それは永年の友人、野瀬市之丞からでした。何とか話し合おうと市之丞を探す又左衛門。なぜこんなことになったのか?との思いとともに、物語は三十年の過去にさかのぼります。それは又左衛門が上村隼太だった時代。隼太も市之丞も部屋住みの身分だった若かりし頃の剣の仲間としての思い出。彼らはともに百石クラスの家の部屋住みとして同じような境遇にありました。そこにさらに五十石に満たないほとんど足軽並の最下級の家の部屋住みである寺田一蔵と三谷庄六と、千石取りの由緒正しい家柄の嫡男として育ってきた杉山鹿之助を加えた五人の若者達の身分を超えた友情に支えられた古き良き時代の美しい思い出です。

 しかし”家”を中心とした絶対的な封建社会にあった江戸時代の武士にとって身分の違いとはその後の努力や才能だけでは何ともしがたい越えられない壁でした。上士の跡継ぎである鹿之助と下士の家の部屋住みの身分では、その将来において雲泥の差があります。道場では身分を超えたつきあいがあったと言えどもその身分の差は歳を重ねるとともに容赦なく五人を引き裂いていきます。そんな無邪気な道場仲間時代に始まり、主人公である隼太、後の又右衛門の三十年の軌跡を中心に、市之丞、鹿之助、庄六そして一蔵のそれぞれの歩んだ道筋が別々に分かれつつ、しかし時には複雑に絡みつつ、運命に翻弄される五人の人生とは・・・。

 この小説の背景には、時代小説としていくつかの重要なプロットというか伏線の物語が流れています。一つは江戸時代の武士の身分制度。特に”部屋住み”と呼ばれた次男、三男達の過酷なまでの立場。彼らには将来というものがなく、他家の婿の口を探すか、さもなくば厄介叔父として一生実家の居候として暮らすか。正確な意味では彼らは武士ですらありません。鹿之助を除く部屋住みの四人はそれぞれ自分の身の振り方を心配し、四人四様の道を進んでいきます。

 次が江戸時代末期の武家財政破綻。江戸時代中期でさえすでに各大名家の財政破綻は顕著であったわけですが、外国船が日本近海に頻繁に現れ始めた江戸末期ともなるとその深刻度はいっそう増しています。そして藩内の政治と言えば金策も追われるのみ。金を持つものが政治の中枢を握り、金におぼれた者がその座から追われます。

 そしてこの小説の背景に流れる最も重要なテーマが農地開拓です。当時の大名家の財政状況にも直結する経済基盤の基礎は稲作にあります。家柄を測る尺度であった”石”も米を基本とした単位。領内の米の収穫高が高いほど財政にゆとりが出ることを意味します。そしてその米の収穫高を上げるもっとも効果的な方法が農地開拓です。荒れ野に水を引き、土を整備して水田を作ってゆく…。隼太たちが暮らす藩には領内最後のフロンティアとしてずっと注目されていながら、水を引く方法が見あたらず開発に至らない太蔵ヶ原があります。この土地の開発は藩に残された唯一にして最大の開発事業。手をつけて失敗すれば自ら失脚するばかりか、藩の息の根を止めかねず、成功すれば財政、農政すべてが一挙に好転するとともに権力の中枢に上ることが出来るであろう大事業となります。

 この太蔵が原の開墾は主人公である又左衛門に大きな関わりがあり、ストーリーを理解する上でもこの小説の”味わい”を楽しむ上でも重要なキーとなっています。新しい土地の開拓、というのは常にロマンを感じるものですよね。

 物語全体的には青春時代が去りお互いに非常な運命に翻弄されていくどちらかというと悲しい雰囲気のストーリー展開なのですが、そこにあるのはどうしようもない絶望感ではなく、むしろ一人の男の人生を振り返る懐かしさや達成感を感じさせる物語になっています。それは主人公の隼太が常に「夢」を持ち、その夢の実現が物語の中心にあるからに違いありません。逆玉の輿に乗って良い家に婿に行きたい、太蔵が原が開拓されて一面水田になる景色を見てみたい、そして執政の中枢へ入り込み権力を恣にしたい…。聖人君子ではない普通の若者で正義感ばかりでなく欲も煩悩も人並みにある隼太の姿はとても身近に感じられます。

 この上村隼太のような「普通の人」を主人公として書かせたら藤沢周平の右に出る作家はいないと思います。用心棒日月抄の青江又三郎もそうだし、三谷清左衛門などなど… すべて主人公は普通の人間味を持った人達でした。藤沢周平作品は派手さはないのにじんわりと心の奥底に響いて忘れられないのは、こんなところにも秘密があるのではないかと感じました。

 aisbn:4167192209おすすめ度:★★★★★

しゃばけ:畠中恵

しゃばけ (新潮文庫)

しゃばけ (新潮文庫)

 

 近頃本屋さんでも平積みになっているのをよく見かけるし、人気があるらしいことは分かっていたものの、何となく避けて買わずにいた本がこのシリーズ。文庫版の表紙絵がなんとなく気に入らなかったような気もするし「しゃばけ」とか「ぬしさまへ」という語感と平仮名のフォントにピンとこなかったとも言えるし、とにかく理由はよく分かりません。が、運良く友人から借りることができました。自分で買う気にはなれないが、貸してくれるというならば一も二もなく飛びついたわけで、本当は読みたかったんじゃないの>自分?という感じです。いや、どういう感じだか分からんですね、これじゃ(A^^;

 簡単に内容を紹介しておくと、日本橋通町にある廻船問屋、長崎屋の一人息子の一太郎が主人公。病弱なこともあって甘やかされ放題に育ってきた彼の周りには故あって妖(あやかし)達がいます。怖い顔をしているけど小さくてかわいい子鬼の鳴家、一太郎の部屋にある古い屏風の付喪神の屏風のぞき、そして長崎屋の手代の仁吉に化けた白沢と同じく佐助に化けた犬神などなど。普通の人間達には見えない、というより普通の人間達の前では決して姿を現さない妖怪たちと一太郎の奇妙な関係を軸に、一太郎の身の回りに起こるいろいろな事件の物語です。

 ということで、想像していたのとはちょっと違っていました。良い意味で。正直なところ予想外にとても楽しめました。もともとこういうファンタジーものは大好きなので、時代小説とファンタジーのミックスされた世界というのは最高です。おおよそ歴史的な事実とか時代考証とか、江戸時代の当時の風俗とか風情とか、一般の時代小説につきものの雰囲気とはかけ離れています。かといって、妖怪達はさておき一太郎と長崎屋のある江戸の町が全く荒唐無稽というわけではありません。

 奉公人をたくさん使う江戸の商家の暮らしとか、江戸の人々が火事とどう向き合っていたかとか、岡っ引きと言われる人々の真の生業とか、当時の食生活、生まれながらに決まっていた身分の差などなど、ベースとなる部分は過去に読んだ正統派(?)な時代小説で語られた江戸の町の風景と何ら変わるところはありません。そしてそんなリアリティのある世界に加えられた「妖怪達の江戸」とファンタジー要素も、見事なまでにしっくりと来るものです。

 ただし、一部に見られたテレビ的手法を感じさせる”罠”的な文章構成というか表現方法はちょっといただけません。読者をびっくりさせるためかとは思いますが、その先が読める読めないにかかわらずちょっと白けてしまいました。何となく読者として馬鹿にされている感じです。とても素性の良い物語なのですから、肝心のストーリーや文章力で勝負してほしいものです。あんな安っぽいテクニックに走る必要は全くありません。

 ちなみにこの一太郎と妖たちの物語はシリーズ化されていて、文庫本ではこの「しゃばけ」に続いて「ぬしさまへ」「ねこのばば」「おまけのこ」の4冊が発行済み。ハードカバーではさらに「うそうそ」「みぃつけた」「ちんぷんかん」の7冊目までが発行されているそうです。すでに第二巻の「ぬしさまへ」までは読んでみました。続きも楽しみです。

 なお、この手の時代ファンタジー小説というのは珍しいですが他に例がないわけではありません。有名なところでは宮部みゆきさんの時代物のいくつかはファンタジー要素を多分に含んでいます。「孤宿の人」もファンタジーだと思います。この「しゃばけ」シリーズのほうがもっとファンタジー的な面では突っ走っています。それでも同じように楽しめました。いずれにしてもこういうのも時代小説として悪くありません。いや、私としてはむしろ大好きです。

 この何でもないあっけらかんとしたファンタジー娯楽小説は、実は当時の日本人が考えていた「あの世」とか「幽霊」とか「何か説明できない物の怪」観をうまく表しているような、そんな気がしました。そしてそういった感覚というのはどこかで当時に宗教というか信心と繋がっていて、それはまた人々の生活や文化と密接に関わっていたはずです。

 時間や空間を超えた異文化を知るためには事実ばかりを追うのではなく、そこに暮らす人々の心の内を知ることはとても重要なことです。この本は荒唐無稽ながらもその辺の”時代の空気感”が実に優れていて、それが時代小説として他の硬派な作品達と何ら変わることなくこの物語をすんなりと受け入れられた一つの理由だと思います。

 そしてこの本を読み終わって、毎日の生活の中でこんな鳴家達が自分の周りにうろちょろしていたら楽しいだろうなぁ、と思えてきました。犬神と白沢と屏風のぞきはどうかなぁと思いますけど(A^^;

 aisbn:410146121xおすすめ度:★★★★★★

白い息 物書同心居眠り紋蔵:佐藤雅美

白い息 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)

白い息 物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)

 

 居眠り紋蔵シリーズの第7巻がようやく文庫本で発売されました。前作「四両二分の女」が出たのは3年も前のこと。ハードカバーでこの「白い息」が発行されたのとほぼ同時です。ちなみにシリーズ第一作目の「物書同心居眠り紋蔵」が発行されたのは実に14年前の1994年。NHKで金曜時代劇になったのが1999年頃。このテレビドラマでは紋蔵役が館ひろし、里役が風吹ジュン、その他谷啓とか桐島かれんとか中村梅之助とか蒼々たる役者が出ていました。主役の館ひろしはおよそ時代劇向きではないと思われたのですが、見事なまでに紋蔵役に嵌っていました。一家の主である紋蔵が子供たちを”さん”付けで呼ぶシーンが印象的で、時代劇としてというよりは現代にも通じるような家族ドラマとして楽しめるとても秀逸な作品でした。そのテレビドラマの印象が強くて、時代小説を読むようになってから真っ先にこの居眠り紋蔵シリーズを買ったものです。私にしては珍しい順序で手にした小説と言うことになりますが、あとから原作を読んでみてもやはりそのほのぼのとした印象は変わりませんでした。

 さて、紋蔵登場後10年以上が経過した最新作「白い息」ですが、紋蔵の立場に重大な変化が訪れています。それは、前作の最後でも触れられていますし、そもそも文庫本の帯にデカデカと書いてあるのでネタバレっぽいとは思いつつ書いてしまうわけですが、実は紋蔵は30年近くつとめた例繰方の物書同心から町方の花形である定廻り同心に出世しています。役所でのデスクワークから解放され居眠りする暇もなくなったものの、独特の髷を結い、独特の着物を着て受け持ち地区の番屋を巡りつつ「オッス」とかけ声をかけねばならず、下っぴきまで含めると100人近い手下の面倒を見る立場になり生活は一変します。読者以上に紋蔵自身がそのことに戸惑いを覚えてしまいます。

 しかし、定廻りになると言うことは経済的に以前とは比較にならないほど恵まれることを意味しており、出世に強い野心があるわけではない紋蔵とはいえ、その役職につけたことを喜び、なんとか自分の地位を守ろうとします。そこにはやはり人並みの出世欲、金銭欲があるのかと思えば、実はその欲心の裏にはやはり紋蔵らしい純粋な理由が隠されていました。ミスをせず、むしろ手柄を立てつつ、周囲の人々の顔色をうかがいながら自分の立場を守ろうとする紋蔵。その目的を知るに至ってやっぱりそうなんだ、とホッと安心してしまいました。紋蔵は定廻りになってもやはり紋蔵だったと。

 佐藤雅美氏の書く時代小説は考証が非常に優れていることで有名です。それは単に正確であると言うだけではなく、一般には知られていないような、普通の時代小説では取り上げられないような非常に細かい部分にも目を向けて、うまく物語の中に織り込まれています。特にこの居眠り紋蔵シリーズでは町奉行所のシステムが主題とも言えます。当時の警察組織、裁判制度の詳細、町方の役人たちの生活はもちろん、紋蔵たちが関わる事件を通じ、町人たちの自治組織、経済の仕組み、生活習慣などなど、その正確な時代考証からは当時の人々の生々しい生活感が浮かび上がってきます。そして、シリーズを通して繰り返し触れられるのは当時の刑法に当たる「御定書」の中身の解釈です。その運用のされ方や内容の矛盾点などなど。非常に興味深いエピソードばかりです。

 今回も全編を通していろいろな事件が起きますが、なかでも大きなキーテーマとしてあげられているのが「吹上上聴」です。将軍の前で三奉行(寺社、勘定、町)がそれぞれ裁きを実演してみせる吹上上聴を巡るどたばたは、彼らが現代のサラリーマンと何ら変わるところがないことを伺わせます。将軍が興味を持つようなおもしろい事件をとりあげ、先例に反しないようにしかも見事な裁きをしてみせる…。南町奉行所の一員として紋蔵は吹上上聴に適した事件の洗い出しと準備ために奔走します。定廻りとして事件の現場を扱う身でありながら30年に及ぶ例繰方の経験から先例にも明るい紋蔵は、図らずもそこで自身の能力を余すところなく発揮して見真美町奉行所の吹上上聴を大成功に導きます。しかし、同僚たちの顔色やメンツを気にしつつ、己の保身をも懸命に考える紋蔵。凡人にして人並みの欲も持った実に人間らしい姿。細かくて正確な時代考証とともに、紋蔵をはじめとする登場人物たちの人間像のリアリティが浮かび上がってきます。

 ところで、定廻りというのは役料(=給料)は他の役職とあまり変わらないものの、担当地域の町人たちからの付け届けが多く(それが禁止されていなかったor大目に見られていた時代だったそうです)収入は一般役人の10倍近くになったそうです。それだけに町方の役人たちの間ではポジション争いがかなり激しかったようです。人の良い紋蔵はそういった出世競争に疎いようでいて、しかし上役へのコネをしっかりと持ちうまく立ち回っていたりします。それにしても紋蔵はせっかく手に入れた定廻りの役目を守りきれるのでしょうか?その辺もこの7巻のポイントとなっています。

 さて、このシリーズはまだまだ続くようで、実はすでにハードカバーで第8巻の「向井帯刀の発心」という本が発行されています。昨年の1月の発売されているので、3年遅れの法則からすると文庫は再来年になってしまうのでしょうか。待ち遠しいです。

 aisbn:4062759632おすすめ度:★★★★★