読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

毎夏恒例早朝の不忍池を散歩して蓮の花を撮る

写真 PENTAX K-3 II Nikon 1 散歩 HD DA16-85mm F3.5-5.6ED DC WR DA★55mm F1.4 SDM DA★300mm F4ED [IF] SDM

 この季節になるとそろそろだなぁ、と思い出す年中行事はいくつかありますが、真夏の休日に早起きして上野へ行くのもその中の一つです。目的は不忍池を埋め尽くす蓮です。数ある花の中でも大柄で上品で力強く、写真映えします。しかしその花は朝しか開かず、お昼になると閉じてしまうため、どうしても早朝に出かけるしかありません。

K3II0482.jpg
 早起きは苦手ですし、もう何年も通って同じような写真をたくさん撮ってきたので、今年はもう良いかなと一瞬思ったのですが、やっぱり行かないと気が済まないので出かけてきました。

まずは普通に撮ってみる

 東京でも猛暑日が続いており、特に気温が高くなると予想された日。早朝7時頃はもう結構日が高く昇っています。天気は晴れだと思ったのですが、やや雲が多い上に、ひどくかすんでどうもすっきりしない朝でした。

K3II0553.jpg
 でも蓮の見事な咲きっぷりの前にはモヤモヤした空模様なんて関係ありません。

K3II0525.jpg
 花にも増してダイナミックなのが葉っぱです。巨大で分厚くて、多少の風にもそよともなびきません。背の低いところに咲く花は葉っぱの陰に潜んでいますが、それがまた綺麗です。

K3II0528.jpg
K3II0504.jpg
 持って行ったレンズはDA★300mmF4です。ズームするわけにも行かず、引くか切り取るしかありません。最短撮影距離が短く、ちょっとしたマクロ風味が味わえるのも、このレンズの隠れた特徴です。花びらのドアップも綺麗です。

K3II0548.jpg
 もう一本持って行ったのはDA★55mmF1.4で、これまた単焦点です。ここは不忍池の南端、弁天堂をバックにしたおきまりのアングルです。でもボカしちゃいます。

K3II0579.jpg
 でもむしろ東京なんだし、こうしてビルを入れてしまうのもアリかも。とはいえ、上野周辺は結構自然豊かで景観が良くて、これはこれでなかなか良い場所がありません。

 今回はいつもより1週間遅く行ったつもりなのですが、どうも花の数が例年より少ないように感じました。つぼみもまだ見かけますし、咲き終えた花托が目立つわけでもなく、最盛期が過ぎたというわけではなさそうなのですが。蓮も年によって当たり外れがあるのでしょうか。

銀残し

 さて、桜や紫陽花で味を占めた「銀残し」ですが、元々は蓮に使ってみたのが最初でした。紫陽花も似合いましたが、蓮も負けていません。今回も多用してきました。

K3II0533.jpg
 花が少ないのを逆手にとって、こんな雰囲気に仕上げてみたり。

K3II0473.jpg
 もちろん、ドアップにするのもアリ。普通に撮っただけでも普通じゃない感じになります。

K3II0509.jpg
 私と同じようにカメラを持った人がたくさんいましたが、その中のおじさんが「蓮は白黒にしても良いんだよね〜」と仲間としゃべってました。そうそう白黒も良いかも。「でも銀残しもいいんだよね〜」と一人で(心の中で)突っ込んでいました。

Nikon 1 J5でも撮ってみた

 ここまではK-3 IIで撮った写真でしたが、Nikon 1 J5も持って行って使ってみました。

DSC_1017.jpg
 ズームはやっぱり便利ですね。ちょうど良い画角に調整できます! って当たり前なことに感動してみたり。

DSC_0997.jpg
 標準ズームの方は相当に寄れます。

DSC_0995.jpg
 これも蓮池でよく見る光景のひとつ。蓮の花の寿命は3日ほどだとか。最後は花びらが開きすぎて、閉じる力もなくそのまま落ちてしまうようです。ちなみにミツバチは若い花、基本的には初めて咲いた花にしか近寄らないそうです。というのは、近くにいたおじさんの蘊蓄を盗み聞きしただけなので本当かどうか分かりません。

DSC_1004.jpg
 チルト液晶なのでローアングルも簡単。

 ちなみに今回蓮を撮って分かったのですが、やはりペンタックス(Kシリーズ)とニコン(1シリーズ)では色味がかなり違いますね。ペンタックスはこういう場合濃すぎるくらいに色が乗り、一方でグリーンの発色がとても綺麗ですが、ニコンは飽和しない程度に薄めで、緑の葉っぱもちょっと黄色に転んでるように感じます。慣れと好き嫌いの問題でしょう。Nikon 1にもPicture Controlと言う機能があるので、色々試してみなくては。

動物

 これもまた毎年恒例ですが、不忍池ではたくさんの動物たちを見かけます。思わずカメラを向けてしまいます。

K3II0446.jpg
 まずはネコ。人慣れした野良です。近づいても全く動じません。

K3II0492.jpg
 それからカルガモ。浅瀬で丸まってました。まだ目覚めの時間ではないのでしょうか。相当明るいんですけどね。

K3II0501.jpg
 そして亀。まだ小さいです。ちょっと薄汚れたところにいましたが、そこに綺麗で色鮮やかなな花びらが落ちていました。

K3II0576.jpg
 最後はまたネコ。上野はネコ天国のようです。

 去年まではよく見かけたミツバチや糸トンボはほとんど見かけず。特に蜂がいないのは妙な感じでした。花が少ないことと関係があるのでしょうか。それとも単に日が悪かっただけかな? さて、こうなるとまた来年リベンジしたくなります。

関連エントリー