酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

都心のオアシス、森と滝に囲まれて生ビールを飲みまくる

 今年のビアガーデン部活動は早くも2回目です。今回の会場は信濃町駅からほど近い、神宮外苑に広がる鬱蒼とした森の中にあるその名も「森のビアガーデン」です。座席数は1,000席と都内でも最大級のこのビアガーデンは、むしろ都心らしくないマイナスイオンが漂う自然豊かな中に広がっています。屋上型ビアガーデンが次々に姿を消す中で、ここは東京の定番ビアガーデンになりつつあります。

K3PS6177.jpg
 本格的な真夏の灼熱でもなく、梅雨のじめじめした蒸し暑さもなく、かといって春の夜の冷たさもないこの時期は、絶好のビアガーデンシーズンです。

K3PS6178.jpg
 入り口にある大きな看板に書かれているのがほぼメニューのすべて。ちょっとビールを一杯におつまみ... という楽しみ方もありですが、通常は飲み放題、食べ放題を選んでおけば間違いありません。

K3PS6150.jpg
 ビールは完全セルフサービス。サーバーが要所要所に並んでいます。銘柄はキリンの一番搾りにスタウト、それにバドワイザー。

K3PS6172.jpg
 帰りがけにこんな看板を見て、バドワイザーなんてあったっけ?と首をかしげていたのですが、上の写真を見ればちゃんとバドワイザーのサーバーもありました。飲めば良かった!

K3PS6162.jpg
 ジョッキはこんな金属製のもの。これ、容量は小さいのですが、二重構造になっていてビールが冷めないという優れものです。泡も中々消えません。写真映えしませんが、ビアガーデンにはぴったり。いや、もう少し大きく作ってくれれば良いのに。ただし、どのくらい飲んでいるのか実感がわかないので結構危ないです。

K3PS6144.jpg
 食べ物はこんな感じで雑多な食材を鉄板で焼くバーベキュー形式。魚介はありませんが各種お肉と野菜の盛り合わせです。味がどうこうではなくてビールにぴったりなジャンクフードです。もちろん食べ放題!

K3PS6153.jpg
 なぜか我々ビアガーデン部一行の席の真後ろには滝が流れていました。ライトアップもされています。おかげで風も涼しくて良い感じです。手持ちで適当に撮ったら奥入瀬風になりました。酔っ払い手ぶれ補正バンザイ!

K3PS6156.jpg
 ビールのチェイサーにはレモンハイなんぞも頂きました。サーバーからジャーっと流れてくる味気ないレモンハイですが、なかなかどうして美味しいです。

K3PS6149.jpg
 日が長くて飲み始めた後もしばらくは空が明るかったですが、森に囲まれた会場内はすでに薄暗くて夜の雰囲気。電球に照らされていかにもビアガーデンといった趣があります。季節がもう少し進んだら、ここは虫除けが必須かも。

K3PS6166.jpg
 〆は焼きそばで。味付けはソースではなく塩味です。麺がかなり飛び散っていますが、かなり豪快に焼いてしまいました。まぁバーベキューならこんなものでしょう。

K3PS6173.jpg
 実は我々がいたのは会場の隅っこにある盲腸みたいな細長い部分。メインの会場はこんなに開けています。予約さえ取れば10人クラスの大宴会も開けそうです。しかもテントに下なら多少の雨でも大丈夫。って言うか数年前にそういうのやったことがありましたっけ。と言いつつ、今回も8人も集まってとても賑やかでした。

 懲りない一行は、このあと居酒屋のカラオケルームで二次会。ハイボールを飲みまくり、久々に泥酔一歩手前まで行きました。ビアガーデンは開放的な気持ちになって、飲み過ぎてしまうんですよね。それがまた楽しいところなのですが。

 ということで、引き続き機会があればビアガーデン活動を続けていきたいと思っています。


より大きな地図で rk_shop を表示