読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

初めてのXシリーズ

 借りて使うばかりで、自分では一台も持っていなかったFUJIFILM Xシリーズのカメラをようやく手に入れました。最新のX-T1... ではなくて2年以上前に発売されたX10です。もうディスコンになって1年近くが経っているわけで、当然ながら中古品です。とは言え通常の中古市場ではまだまだそれなりの値段が付いているのですが、これは訳があって激安で手に入れました。

IMGP7868.jpg

 元は場末の電気店の展示品だったもので、それを知人が1万円を切る価格で入手したのが昨年。それをさらに半値で譲り受けたものです。
 展示品は中古品の中でも最も程度が悪いとされているものですので、それなりの状態ですが、もちろん問題なく動くし写真が撮れます。これが1回飲みに行くくらいの値段で手に入るなら安いものです。ということで、必要かどうかとか欲しいかどうかではなくて、本能のままに手に入れてしまいました。

IMGP7870.jpg
 今更仕様をくどくど説明はしませんが、大まかな特徴としてはF2.0〜F2.8の明るいレンズ、2/3インチEXR CMOSセンサー、そして光学ファインダー付き。この基本コンセプトは現行モデルのX20に引き継がれています。そしてダイヤル中心の操作系を含め、そのボディの風格はまさに「Little X」そのものと言えます。

 センサーがXシリーズの一番の特徴となりつつあるX-Trans CMOSではなくて、その一世代前のEXRタイプなのですが、このセンサーはXF1やX-S1でも使用されているもので、画質にもそれなりに定評がありますし、フィルムシミュレーションもPro Negaを除いて一通り揃っています。

IMGP7874.jpg
 露出補正ダイヤル、モードダイヤル、そして電子ダイヤルもあり、Fnボタンやケーブルレリーズが使用可能なシャッターボタンなど、操作系に妥協はありません。

 すでにX20を試用した時の記憶が薄らいでいるのですが、こんなにX-Pro1やX-E1/E2にそっくりだったんだ、と今更ながら驚きました。

IMGP7872.jpg
 光学ファインダーは、視度補正付き。X20のようにファインダーない表示はなくて純粋なビューファインダーです。センサーサイズなりで、見え方はそれなりです。そして液晶の左側にずらっとボタンが並んでいるあたりも、Xマウント機の操作系に準じています。

 手動ポップアップ式のフラッシュに、アクセサリシューも付いています。この辺もかなり本格派の雰囲気を醸し出しています。ちなみに電池はNP-50という、FinePixシリーズでも使われていたかなり小型の電池です。しかしこれがPENTAX Q7とコンパチのやつなので、私的には電池はもちろん充電器も共用できてとても助かります。

IMGP7875.jpg
 ズームレンズは28〜112mm相当の4倍ズーム。ズーム操作は手動で、これは電源のON/OFFも兼ねています。これ、操作性としては理にかなっているようでいて、実際に使ってみると撮影開始までの手間がちょっと気になるんですよね。手動操作の沈胴式のレンズの宿命です。

IMGP7877.jpg
 いやいや、良い佇まいですね。飾っておくだけでも良いかも... と思っていますが、まだまだ現役で使えるカメラですので、やっぱり使ってみないと勿体ないです。

DSCF3367.jpg
 で、私が手にしてからのファーストショットがこれ。てきとうに机の上にあったものを撮ってしまいました。ワイド端で絞り開放F2.0、マクロモードで近寄れるギリギリまで近寄りました。感度はISO800です。背景のボケた部分へのノイズの出方が独特な気がしますが、なかなか綺麗ですね。

 気分転換用のカメラとして、モノクロ縛りやベルビア縛りなんかで遊んでみるのも楽しそう。それにもちろん、光学ファインダー縛りとか(^^; またそうやって写真を撮ってみてからエントリーしたいと思います。