酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

メガネ新調

 久しぶりにメガネを買いました。今までかけていたメガネを買ったのは2006年の夏ですので約6年ぶりとなります。と言ってもここ数年は基本的に使い捨てコンタクトレンズと併用していて、メガネ率は3割程度。ここ10年以上は度が大きく変わることもなく、メガネを買い換える理由としては気分転換くらいしか無いはずなのですが... 今回はちょっとそれ以外の理由がでてきたのです。

IMGP6331

 いえ、無くしたり壊したりはしていません。そうではなくて、あまり変わらないと言ったばかりのその「度」がここへ来て変わってきてしまったのです。それは実はコンタクトレンズも同じ。利用度の多いコンタクトを変えても良かったのですが、この状況的にはここはまずはメガネだろうと。

 回りくどい言い方をしましたが、要するに問題は「老眼」です。年齢的にはおかしくはないのですがちょっと早いほうかな?とは思います。PCはまだしも本や携帯電話の画面がとにかく見えないし、商品パッケージの細かい文字も読めません。しばらく自覚がなかったのですが、メガネだったら外せば見えると言うことに気づいてしまいました。あるいは遠ざけると見えるポイントが一瞬あると言うことにも。

 メガネなら外せば良いのですが、かけたり外したりするのはいかにも煩わしいですし、顎を引いて上目遣いにものを見るというのも何だかなぁと思います。しかしコンタクトレンズをしてるとそれも出来ず、最近はとにかく近くのものが見えないことで凄く疲れるし、非常にストレスに感じるようになってきてしまいました。

IMGP3160

 ということで、初めての遠近両用メガネを作りました。いえ、正確には遠中近用メガネです。最近のレンズにはもちろん境目なんかありません。いわゆる累進焦点レンズです。また、縦方向に細いフレームでも問題なく作れるそうです。もちろん、上下に広い方が使いやすいようですが。ということで、フレームも見た目で好きなものを選びました。
 ちなみにレンズはHOYAとニコンを選べたのですが、ニコンにしておきました。少し前ならHOYAにしたかも(^^;

IMGP6326

 最近流行の安くて早くて高品質で格好いいメガネショップで作ってみようかと思ったのですが、私はわりとメガネとの相性に敏感な方なので、少し値は張るものの、今まで10年以上ずっと使ってきて信頼がある999.9で作ることにしました。

 やはりリムレスやメタルフレームでもなかろうということで、今回もプラスチックフレームにしました。あまり変わり映えしないようにも見えるのですが、今までのと比べると少し上下に膨らみが大きくて、色の濃い順当でオーソドックスなフレーム。モデル名はNPM-11です。本当は真っ白なクリアとか黒いフレームにしてみたかったのですが、常用1本だけ派としてはあまり冒険は出来ません。

IMGP6333

 999.9と言えばR型のヒンジ部が特徴です。デザイン上の理由もあると思うのですが、この部分がバネの役目をして掛け心地もなかなかいいのです。それに、ずっと使ってきて思うのですが、ねじの緩みとか本当に少ないです。いつも使い心地が変わりません。今回のフレームは一部がチタンになっていたりします。

IMGP6330

 通常プラスチックフレームだと鼻のパッド部もフレーム一体になってることが多いですが、このフレームでは金属フレームのような構造になっています。ま、どちらでも良いのですが、こちらのほうが収まりも良いし、劣化したら交換もしてもらえるそうです。というか、逆に壊れやすかったりはしないのかな?

 早速昨日から使っているのですが、やはり最初はちょっと違和感がありましたがもう慣れました。それはどんなメガネでも同じかもしれません。それにしても劇的に近くのものがよく見えるので感動しています。とはいえ、私の老眼度はまだ初期段階でそんなに強くありません。3年程度で度が変わってまた作り替えないといけない覚悟をしておくようにと言われています。

 最近は(使い捨て)コンタクトレンズでも老眼矯正できるのがあるようですが、どうなんでしょうか? 出来たとしてもコストが馬鹿にならなさそうです。なのでコンタクトレンズはスキー&一眼レフ用にして、今後はメガネ常用に戻ろうと思います。