酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

よつは一周年

 昨年に飲み友達が見つけたこのお店は、禁煙で美味しい焼鳥に美味しいお酒があって、良い音楽がかかっていて、それでいて堅苦しくなくて気安い飲み屋さんです。最近はすっかり気に入ってしまって結構な頻度で出かけています。忘年会や新年会にも行ったし、お誕生日会もここで開いてもらいましたっけ。そこで新たな飲み友達(というより飲み先輩)にも出会ったりしています。

DSCF2199.jpg

 このお店は実はまだ新しくて、つい先日開店一周年を迎えたばかり。そこでお祝いという名目の下、またまた飲み食いに出かけてきました。

 カウンター席のみで7〜8席のみの小さな店内。すでに先客がいて4席が埋まっていました。危ない危ない。出来るだけ電話で予約しておいた方が良いと思います。

DSCF2145.jpg

 まずは生ビール。ここで飲むスーパードライは本当に美味しいです。二杯飲んでしまいました。

DSCF2149.jpg

 今日もお任せで焼いてもらいます。一本目はいつも通りすきみから。

 その日の仕入れ状況やお客さんの入り具合によって、在庫が結構変動します。基本的にお客さんの回転は考えておらず、遅くに行くとほとんど売り切れということもありそう。お任せにすると食べ具合に合わせて焼いてくれます。

DSCF2150.jpg

 えっとこれは... はらみだったかな? 最後の二本とのことでした。

DSCF2151.jpg

 それから、ひざなんこつ。コリコリです。

DSCF2153.jpg

 下町ハイボール。強めの炭酸でこれも美味いです。

DSCF2154.jpg

 焼いていると煙がモクモク出てくるぼんじり。カウンターの目の前、炭火で焼いていますが、カウンター側はガラスがあって、最新の強力な換気扇があるので、煙りにまみれたりはしません。

DSCF2155.jpg

 そして内臓系。ハツとレバーがいっぺんに来ました。素晴らしい、しあわせです。このレバーはまた大粒でプリプリしていて美味しいのです。

DSCF2162.jpg

 今日は茶碗蒸しありますけど食べます?と聞かれて否と答えるはずもなく。ここで茶碗蒸しを頂くのは初めてかも。いやいや、絶品ですよこれは。

DSCF2163.jpg

 板わさ。桜の花を象っています。ちょっと早いお花見ということで。いいですねぇ、こういうの。食べるのがもったいない... とは言わずにぱくぱく食べてしまいました。

DSCF2168.jpg

 先客でいたグループが帰ってからは貸し切り状態で好き放題。本当はもっと明るいのですが、バーみたいにムーディになるんですよ、ってことで暗くしてもらいました。これがデフォルトでも良いかもって、これじゃ料理できないですね。

DSCF2190.jpg

 その後は焼酎をたくさん飲んでしまいました。最近、ここ3ヶ月ほどかなりお酒の量をセーブしていたのですが、この日は久しぶりに元の8割くらい飲んでしまって、かなり目が回って良い気分になりました。

DSCF2144.jpg

 ちなみにビールの写真にこっそり写っていた四角い小さな物体の正体は、チロルチョコです。最近DECOチョコという、オリジナルパッケージを作るサービスがあるんですね。別の常連さん(?)が一周年記念で作ってくれたそうです。この九個パックは保存用として、別のパッケージから一粒頂いてしまいました。

 ということで、よつは一周年おめでとうございます。また焼鳥食べに行きたいと思います。


大きな地図で見る