酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

今日の写真日記

 今日は昼間は晴れて天気良かったのに、夕方になったら急激に曇って来てしまいました。そのまま晴れていたら夕方に東京ゲートブリッジでも見物&撮影に行こうかと思っていたのですが、モクモクと沸いてきた雲に太陽が隠れてしまったのを見て、急にやる気が失せてしまいました。

IMGP2021.jpg
PENTAX K-x, DA35mmF2.4AL, F5.6 AUTO(1/1000sec, ISO100, -1.0EV, AWB, モノトーン)

 と思ったら、雲の隙間から光が差してきてちょっぴり幻想的な風景に。やっぱりでかければ良かったかな?と少し後悔しつつ、自宅の近所から撮った1枚。まだ気温は低くて寒いのに空気は春のように霞んで曖昧な色彩です。なので思い切ってモノクロモードで撮りました。

 東京スカイツリーが昨年のクリスマスと大晦日に引き続き、この週末限定でライトアップされました。3月10日は1945年の東京大空襲、3月11日は昨年の東日本大震災があった日と言うことで、追悼の意味を込めて点灯されたそうです。

IMGP4080.jpg
PENTAX K-5, DA★60-250mmF4ED, F4 AUTO(1/30sec, ISO3200, -2.0EV, AWB, 250mm)

 どうやら昨年末のライトアップを同じく、今回も白色LEDだけでした。

 何となくどんよりとしていて見通しも悪く、明るめに撮ると背景が妙に濁るのでかなり露出を絞ってしまいました。そのせいか何となく暗く沈んでいます。見る方の気分によるのかも知れませんが、年末は華やかに見えたのに今日はなんだか「追悼」らしい雰囲気のスカツリでした。

DSCF2212.jpg
FinePix F600EXR Mモード(F5.3, 1/500sec, ISO100, AWB, 360mm相当+デジタルズーム)

 これを撮ったのは正確には前夜、3月10日。久しぶりにたくさん飲んで酔っ払った帰り道にて。だって満月前の月がとっても綺麗だったから(^^; カメラはF600EXRです。酔っていたわりにはわりと冷静にマニュアルモードに設定し露出を合わせこんでいます。望遠端までズームしてデジタルEXRズームも使っているので、かなり大きく写せました。拡大するとそれなりですが、ぱっと見十分見られる月の写真が撮れますね。最近のコンパクト機も侮れません。

 なんかモノトーンの写真ばかりになってしまいました。もうすぐ桜の季節なので、また一杯写真を撮ろうと思います。似たようなのばかりで進歩がないかも知れませんが。それに、今週末にはいよいよ新しいカメラが来るはずです。楽しみ(^^;