酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

超新年会 2011-2012

 毎年大晦日から元旦にかけて、仲間内で恒例となっている超新年会が今年も友人宅で開催されました。本当は「超忘年会」と呼んでいるのですが、新年最初のエントリーなので「超新年会」と名前を変えてしまいました。実際、年越し宴会なので超新年会と呼んでも差し支えないはず。この会はもう数年にわたって毎年開催されていて、友人の手料理を食べながら美味しいお酒を飲み、紅白歌合戦を見つつ新年の年明けを乾杯して祝うというものです。

DSCF1369.jpg

 今年の参加者は四名+犬一頭。さてさて今年はどんなおいしい料理が出てくるでしょうか。以下、ごく一部の覚え書きです。

 DSCF1357.jpg

 ミートボール。ソースが美味いです。いや、もちろんお肉もアツアツで美味いです。

DSCF1358.jpg

 焼鳥屋さんの味を再現したキャベツのごま油和え。これ、簡単なようでいてあのさっぱりしたシャキシャキ感を再現するにはちょっとしたコツがいるそうです。分かってしまえば誰でもできると思いますけど。野菜も美味いですねぇ。

DSCF1359.jpg

 お酒も色々あります。今回はビールはなしで焼酎と日本酒がメイン。まずは萬膳。なかなかお目にかかれない幻の焼酎。味がツンと濃くて美味しい!

DSCF1360.jpg
 㐂六(環境によっては最初の文字が出ないかも)の新酒だそうで、無濾過無調整です。これもガツンと来る系だそうですが、スルスルと飲めてしまう美味さ。美味しい焼酎はどんな料理にも合いますね。

DSCF1361.jpg

 私のリクエストでメニューに加えてもらったナポリタン。懐かしい味!デイリーポータルZのこの記事を読んで食べたいなぁ、と思っていました。これは主食にもなるしおつまみにも最高。しかも冷えても美味いという万能料理です。意外かも知れないけど焼酎にも合います。

DSCF1362.jpg

 見た目が悪いけど、超絶に美味いローストビーフ。

DSCF1364.jpg

 そして神戸からの差し入れ、大黒正宗。ということでこの辺から日本酒にスイッチです。いやいや、このお酒も本当に美味しくてスルスルと飲めてしまいます。結局一晩で一升瓶が空になってしまいました。

DSCF1365.jpg

 そして〆のデザートはベイクド・チーズケーキ。これ、作るときに私もお手伝いしました。お菓子はレシピをしっかりと守ってアレンジしないのが鉄則だそうですが、私の一存によって下地のクッキーの材料を変更してしまいました。けど、美味かったです。本当に。

DSCF1366.jpg

 そして最後は生パスタ!キノコ入りのクリームソース。一応年越しソバ代わり。しかもこの麺、手打ちなんですよ、手打ち。自家製麺です。すごいです。食べさせてもらったのは3回目くらいですが、本当に美味いです。お店が開けると思うくらい。

 と、この辺でだいたい紅白歌合戦は終わりました。わいわい仲間内でテレビに突っ込み入れていた内容が、Twitterのタイムラインとシンクロしていてなかなか面白かったです。我々も今回は紅組に投票しましたし今年は文句なしの紅組優勝でしょう。っていうか、勝ち負けなんてもはやどうでも良い番組だと思いますが。

 そして年明けとともに高級シャンパンで乾杯! 浮かれていて写真撮り忘れました。一番のハイライトだったのに。

 今回のエントリーでもお酒をがぶがぶ飲んだように書いてますが、実はすべて約一杯ずつ程度しか飲んでいません。あとはお茶を飲んでいました。昨年後半から色々検査結果に問題がありまして(自覚症状はないのですが)最近はお酒の量を(気持ちの上で)1/10くらいまで控えています。ということで今年の目標は「お酒を飲まない」です(^^; いや、「一滴も」とは言いませんが。とりあえず3ヶ月は頑張りたいと思います!

 と言うことで、今年もよろしくお願いいたします。