酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

やっぱりBIGMAを買ってしまいました

 来るF1日本GPに向けてレンズ買いました。モータースポーツ向けとしては本命中の本命、定番中の定番とも言われる、SIGMAのAPO50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMです。はい、つい先日までみんぽすさんでお借りしていたレンズです。試用させていただいた結果、期待以上の画質と性能、使い勝手に打ちのめされ、あまりにもその威力がすごいので結局買ってしまいました。

IMGP7038

 いや、数日前にアップしたばかりの「まとめ編」の最後に「今年は買わない」と書いたばかりなのですが、謹んで撤回いたします。(記述も訂正いたしました)

 やはり年に一度の私にとっては一大イベントですし、来年もある(はず)とはいえ、今年のF1日本GPは今年しかないわけで、確実に役立つと分かっているものは使わないと勿体ないのではないかと。はい、買わなくてはならない理由ならいくつでも見つかります。

 なお、このレンズの凄さについては先月来以下のレビューを書いてきましたので、製品概要や作例についてはこれ以上繰り返さないことにします。このエントリーではとりあえず「買ったぞ!」という自慢をしておきます(^^;

関連エントリー
 高倍率超望遠ズーム"BIGMA"の世界(2011/9/16)
 富士総合火力演習 2011(2011/8/22)
 SIGMA 50-500mmで撮る飛行機(後編)(2011/8/20)
 SIGMA 50-500mmで撮る飛行機(前編)(2011/8/17)
 SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM(2011/8/12)

 市場価格を調べてみると昨年とあまり変わっていません。大人気とは行かないまでも、唯一無二のレンズとして根強い需要がある証拠なのでしょう。私が調べたところでは、価格comの最安値で13万円弱。ヨドバシカメラで14.8万円のポイント10%。Amazonは価格変動が激しいですが、私が見た瞬間では14.9万円。最近は通販を利用することが多かったのですが、今回は納期などなど色々考えてヨドバシで買うことにしました。

IMGP1676

 購入した個体は、箱含めてパッケージ内容は、もちろんお借りしたものと全く同じだったのですが、レンズ本体の外装はザラザラの梨地仕上げからツルツルのつや消し塗装にやはり変更後のものになっていました。PENTAXマウントも新ロットに切り替わっているようで安心しました。
 しかし上の写真のように、ピントリングとズームリングだけは旧外装のパーツが使われています。それ以外の部分は三脚座やフードなども新仕様の外装となっています。

 実はヨドバシカメラの、しかも秋葉原店で購入したのは、できたらこの新外装品が欲しいなぁ、と思ったから。数の出ないPENTAXマウントが新外装に切り替わったのはいつ頃なのか情報がなくて、もしかしたらまだ旧外装品が流通してるかも?と思い、大型店なら比較的回転も速かろうと思いまして。いや、ぶっちゃけ性能変わらなければどちらでも良いのですが。気分的な問題です(^^;

IMGP7040
 K-5 Linited Silverに付けた写真は以前の記事で載せたので、今回はK-5よりさらに小さなK-xに付けてみました。PENTAXの小柄なボディがよりいっそう小さく見えます。あるいは逆にレンズがかなり立派な大砲に見えてきます。実際それなりに大きいのです。こうなるとむしろボディとのバランスがどうのという問題は発生しないように思います。

 一応、本番前にテスト撮影だけして、鈴鹿に持って行きたいと思います。50-500mmものワイドレンジがあれば、これ一本つけっぱなしで済みそう。他のレンズを持って行く必要もなく、荷物はかえって小さくできそうです。しかも500mmまで伸びると。これは素晴らしい!