酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

うなぎ さんしょ

 夏の食べ物と言えばうなぎ。今年も猛暑の日が続いていますがバテないためにも鰻を食べなくては!ということで、おいしい鰻屋さんを求めて浅草まで行ってきました。そう、浅草は鰻屋の激戦区です。大小ピンキリ様々なお店がある中で、友人が目星をつけたのは、繁華街からも少し離れた裏通りにひっそりとあるお店でした。

IMGP1522.jpg

 浅草の鰻屋と言えば飛び込みでは入れないことも多いので、事前に予約してありましたが、お店に到着してみればお客さんは誰もいません。うむ、ここは場所が場所だけにそれほどの人気店ではないのでしょうか?


 お店には夫婦らしきおばさんとおじさんが二人だけ。厨房におじさんが、接客はおばさんがやっています。高級店にありがちなツンとすました雰囲気は全くなく、気さくに世間話に混じってくる気安さは、深川の下町にも通じるものがあります。

IMGP1525.jpg
 さて、まずは肝焼きです。山椒をたっぷりかけて頂きます。いやぁ、やっぱり内臓系は美味いですね。しかも甘いタレがしっかり効いていてイヤな苦みがなく、旨味だけ残っています。うむ、これはこのあとも期待できそうです。

IMGP1526.jpg
 お次は白焼き。「わさび醤油で食べてね。乗せても良いし、塗っても良いし。どっちかというと塗ってしまうとおいしいわよ!」とおばちゃん。お勧めには素直に従います。ということで、わさびをあらかじめ白焼きにべたべたと塗ってしまいました。こんな食べ方は初めてです。で、これが美味いのなんのって目から鱗です。いや、わさびを塗ったから美味くなったわけではなく、この白焼き自体が絶品中の絶品。脂が旨味でわさびの辛さが中和されていて、欲を言えばもっとわさびが欲しいくらい。これ、私的には今まで食べた鰻の白焼きの中で一番おいしかったです。

IMGP1528.jpg
 お次はさっぱりと「うざく」。脂っぽいうなぎをさわやかに食べる逸品ですね。キュウリと大根と菜の花みたいなものが入っていました。

IMGP1530.jpg
 最初は生ビールで始めましたが、やはりうなぎと言えば日本酒です。それもうなぎ料理がメインなので高級酒である必要はありません。おいしい鰻を食べながらちびちび飲むお酒は美味いです。でも、グビグビいけてしまうので酔いやすくて危険でもあります。

IMGP1532.jpg
 あまりにおいしいので、さらに追加発注で「うまき」。これはおじさんではなくておばさんが焼いてたようです。出汁がきいた少し甘めの玉子焼きと鰻。こんな贅沢でおいしいもの考えたのは誰なんでしょう? 江戸時代からあったのかどうか知りませんが、あったとしたら超高級料理だったはず。

IMGP1534.jpg
 そして最後に本日のメイン、鰻重を頂きました。「並、上、特上」ではなくて、「もみじ、いちょう、うめ」となっていました。鰻重のランクは鰻(と場合によってはごはん)の量で決まってるわけですが、すでにたっぷりとおいしい料理を頂いてるので、一番量の少ない「もみじ」を頂きました。ちょうどうなぎ一枚です。肝吸いとお新香もついてきます。

IMGP1539.jpg
 ガラガラだった店内はいつの間にか満席になっていました。やはり隠れた人気店なのでしょう。店内は禁煙ですし、明るくて開放的で気安くてとても居心地良いです。そしてなんと言ってもお値段が安い! これだけ飲み食いして一人5千円で済みました。

 うむ、ここは気に入りました。これまでに行ったことのある鰻屋さんでは一番かも。場所は浅草ビューホテルの裏の方、どぜうの飯田屋の近くです。繁華街から離れているとは行っても、伝法院や演芸場などから遠くありません。お店の外見もかなりシンプルでひっそりしています。


大きな地図で見る

 浅草 うなぎ さんしょ
 東京都台東区西浅草2-25-7
 電話 03-3843-0344
 営業時間 11:30 〜 21:00(木曜定休)