酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

伍市

 週末の金曜日、いつもの飲み仲間からいつもの新小岩に招集がかかりました。最近は定番コースが決まっていて、あまり新規開拓をしていないのですが、この日は新しいお店を求めて新小岩駅の南口をさまよいました。本当は「良さげな餃子屋があった」という情報を元にして、そのお店を探していたのですが、結局見つからず。ルミエール商店街の端っこまで来てしまいました。さて困ったぞ・・・。
 と、途方に暮れる我々の目に飛び込んできた一軒のお店。どうもこれは怪しい、何か匂うぞ、ということで暖簾の奥を覗いてみたら、これはきっと我々好みな居酒屋に違いないと言うことで、即断即決。いや、本当は私は常連だらけの居心地の悪い店ではないか?と躊躇したのですが、班長さんはかまわず突撃していきます。

DSCF0642
 店頭は結構賑やか。いろいろなメニューが並んでいます。暖簾と提灯には"にこみ"と書いてあるとおり、煮込みがメイン料理のようですが、串や刺身などなど、お酒に合いそうな料理がいろいろ食べられそうです。

DSCF0612
 鰺、鰹、ホタテのお刺身を頼んでみました。新鮮でかなり美味いです。量はあまりありませんが、その代わり安いのです。多分これで1,000円もしなかったはず。かなりお得です。

DSCF0614
 そして私がこのお店を大好きになった理由がこれ。モツ刺し四点盛り。これがまた安い。これ一皿で500円しません。レバーも超美味い。いわゆるレバー臭さはなく、上品すぎて私にはちょっと物足りないほど。特製の酢醤油と、特性の塩入り胡麻油の二つのたれを出してくれて、二度楽しめます。

DSCF0620
 でも今回の一番のヒットはこのカツ煮。柳川用のお皿で熱々グツグツのまま出てきます。ご飯が欲しくなるくらい美味い。カツはいつどこでどうやって食べても美味しいです。もちろんお酒にも良く合います。

DSCF0621
 そのお酒は、生ビールに始まり、チューハイ、ハイボールときて日本酒へ。八海山のしぼりたて原酒「越後で候」というお酒を頂きました。芳醇でまろやかでしかしキレのある味わい。後味も良くて料理を食べつつ飲むのに適しています。美味い刺身と共にとても美味しく飲めました。

 お店はあまり広くなく、しかし一人でやってくる人も含めて常連さんらしき人々ですぐに一杯になりました。みんなテレビをじっと見入ったりしています。店主らしきおじさんも親切で雰囲気良好。久々にイイお店を見つけました。駅から遠いのがあれですが、これなら歩く価値はあります。

 ↓場所はこのあたりです。

大きな地図で見る

  伍市
  東京都葛飾区新小岩1丁目56−2
  03-3655-4451
  営業時間、定休日等不明