読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

一年間使い続けて分かったPENTAX K-1の良いところとイマイチなところ

 このエントリーは本当は約1ヶ月前の4月28日までに書こうと思っていたのですが、グズグズしているうちに3週間が経ってしまいました。

 さて、その4月28日に何があったのか?と言えば、それはちょっとウェットな言い方をすれば「記念日」みたいなものなのです。何の記念日かと言えば、Kマウント初のフルサイズ・デジタル一眼レフ PENTAX K-1が1年前に発売された日なのです。

 ゴールデンウィーク直前の金曜日で、私はいてもたってもいられなくなり、その日は少し早めに連休に入るふりして会社を休み、ヨドバシカメラからの荷物を正座して待ちわび、受け取ったらそのまま撮影に飛び出していきました。確か雨が降って天気の悪い日でした。

 必要かどうか?とか、何に使うか? どう使うか? スペックは? 値段は?などと言うことはなにも考えず、ただ「Kマウントのフルサイズ・デジタル一眼レフである」というだけを理由に、発売日に手に入れて、その日からシャッターを切り初めて早365日(と約3週間)。

K3II3005.jpg
 折々にK-1については記事にして触れてきましたが、1年経ったこの辺りで再度まとめをしておこうと思います。

続きを読む

もう泣かないで!フェラーリ少年:F1 2017 第5戦 スペインGP

 タイトルの意味はレースを見ていた方ならすぐに分かるとは思いますが、これについてはまた後で触れるとして、F1はいよいよヨーロッパへと戻ってきました。そのヨーロッパラウンドの初戦、スペインGPの舞台はバルセロナ郊外のカタロニア・サーキットです。

 このサーキットは昔からオフシーズン中のテストで使用されることもあって、各チーム、ドライバーとも勝手知ったるコース。もちろん、長いストレートから各種様々なコーナーをバランスよく持つレイアウトが特徴です。

 開幕後4戦を終えて改善ポイントについてデータも揃ってきたり、時期的にもちょうど良いタイミングと言うこともあって、シーズン最初の大規模アップデートが施されることも少なくありません。

Fernando Alonso / McLaren MP4-31 / 2016年 日本GPKONE0236.jpg

 ということで、中盤戦に向けての再スタートであると同時に、オフのテスト期間中を含むシーズン前半戦の総決算としての意味も持つレースです。前戦の感想で、もしかしたら潮目は変わってきたかも?と書きましたが、その流れが本物かどうか? このレースで見えてくるものはいろいろありそうです。

続きを読む

フジクロームVelvia 50で亀戸天神の藤まつりを撮ってみる

 ちょっと季節外れになってしまいましたが、ゴールデンウィーク中には地元の藤の名所、亀戸天神に行ってきました。先日はフィルムスキャナーを導入し、フィルムもたくさん買い込んでやる気満々になっていたこともあって、いつものPENTAX K-1ではなくてPENTAX LXにリバーサルフィルムを詰めて持ち出してみました。

 幸いお天気の良い日でしたので、スッキリした青空が広がっています。そして藤の微妙な紫色はリバーサルフィルムではどのように写るのでしょうか?

 実は亀戸天神に訪れたのは5月2日のこと。その日のうちにフィルム1本撮りきって、そのまま錦糸町のヨドバシカメラへ現像に出したのですが、リバーサルフィルムを現像するラボは既に連休に入っているらしく、仕上がったのは1週間以上経った5月10日のことでした。ネガだったらどうだったのかは分かりません。

170502_007-Edit.jpg
 その結果こうして完全に旬を外した記事を書くことになるわけですが、まぁそういうノンビリした感じも、今となってはフィルムの楽しみの一つだなぁと前向きに受け取っています。

続きを読む

奈良に行く前に読み直しておくべきだった:「天平の甍」など最近読んだ本4冊

 最近の読書記録です。行ってきたばかりの旅先に関係する小説を読み直す、というのは、最近お気に入りの旅の思い出を追体験する方法です。3月に沖縄旅行から行ってから「太陽の子」を読み直したのに続き、先月末に初めて奈良を訪れたのをきっかけにして、奈良に関する小説を思い出し、改めて読み直して見ることにしました。

天平の甍:井上靖

天平の甍(新潮文庫)

天平の甍(新潮文庫)

天平の昔、荒れ狂う大海を越えて唐に留学した若い僧たちがあった。故国の便りもなく、無事な生還も期しがたい彼ら――在唐二十年、放浪の果て、高僧鑒真を伴って普照はただひとり故国の土を踏んだ……。鑒真来朝という日本古代史上の大きな事実をもとに、極限に挑み、木の葉のように翻弄される僧たちの運命を、永遠の相の下に鮮明なイメージとして定着させた画期的な歴史小説。

天平の甍 (新潮文庫) | 井上 靖 | Kindleストア | Amazon
続きを読む

4月の肉の日は小岩の人気トラットリア「ビリエット」で四万十ポークを堪能する

 ちょっと古い話になりますが、先月末の4月29日は全国的に肉の日でした。もちろんちゃんとお肉を食べに行って、1ヶ月に1回の肉の日をお祝いしてきましたので、その定期報告です。

 今回お肉を食べに行ったのは焼肉屋さんではなく、小岩駅にある「ビリエット」というイタリアンレストランというか、トラットリア&バーです。過去にも何度か訪れたことがあるお店ですが、とにかく本格派のイタリアンがリーズナブルなお値段で食べられ、しかも気軽な雰囲気でとても居心地が良いので、密かに人気が出てきている隠れた名店です。まだ店主でもある若いシェフが厨房に一人、料理のこともワインのこともよく知っているフロア係が一人の基本二人で切り盛りされています。

IMGP1148.jpg
 イタリアンと言えばパスタとかドリアとかピザだけではありません。肉料理もいろいろあってとても美味しいし、がっつり食べられるのです。

続きを読む

京浜運河工場夜景クルーズ船に乗って川崎のモンサンミッシェルを撮りに行く

 今年のゴールデンウィーク中はあまり遠出はせずに、日帰りで写真を撮りに行く大人の遠足を楽しんでいます。その最後を飾るのは憧れの工場夜景撮影ツアーです。一度撮ってみたかったんですよね、工場夜景。とは言えどこにどんな撮影スポットがあるかも分からないので、まずは海上から主要なところを巡ってくれるクルーズツアーに乗ってみることにしました。

 東京周辺で工場夜景の名所と言えば川崎の沿岸地区にあります。都内各所から海上ツアー船はたくさん出ていますが、私たちが利用したのは横浜を起点にするツアーです。しかもツアー名称は「“肉食系交通船”で行く!京浜運河沿いの工場夜景&横浜イルミネーション90分クルーズ」と書かれています。

 ん?「肉食交通船」とはなんぞや? さらに口コミによれば、この肉食交通船によるクルーズツアーのハイライトは「川崎のモンサンミッシェル」とのこと。は? 川崎ってあの川崎? モンサンミッシェルとはあのフランスはノルマンディー地方の海上の修道院??? と、ハテナマークで頭の中がいっぱいになります。

KONE6118.jpg
 百聞は一見にしかず。考えても仕方ないのでとりあえず行ってみることにしましょう!

続きを読む

何度見ても圧倒される美しさ!あしかがフラワーパークの奇蹟の大藤を今年も見に行く

 今年もこの季節がやってきました。日本全国に藤棚の名所は数あれど、大きさという点で言ったらあしかがフラワーパークの大藤に敵うものは恐らくありません。樹齢は約150年、二本の木からなる大藤棚は1,000平方メートルの広さがあるそうです。その藤棚の真下に入るとどこを見回しても一面の紫色の世界。ここに通うようになって5年目ですが、いまだにその圧巻の姿に再開すると、思わず言葉を失ってしまいます。

 東京地方ではJR東日本のポスターでも紹介されていたりして、ひたち海浜公園のネモフィラとともに、ゴールデンウィーク中に最盛期を迎える花の名所として有名になっています。今年の連休はお天気も良くて混雑必至でしたが、覚悟の上で行ってきました。

KONE5652.jpg
 ライトアップされた姿がまた特に素晴らしいので、夜が狙い目なのですが、久々に太陽の下でも見てみたいと思い、今回は日暮れより少し早めに着くように出かけてみました。

続きを読む

このレースはターニングポイントになるかも知れない:F1 2017 第4戦 ロシアGP

 F1は早くも第4戦を迎えました。オーストラリアで始まって少しずつヨーロッパへと近づいていく中、開幕後フライアウェイ戦の最後が、ソチで行われるロシアGPです。冬季オリンピックが行われたということで、厳しい気候条件を想像しがちですが、遠くに雪を被った山々を見ながらもソチの街自体は温暖な気候だそうです。そして今年含め4回のレースは全て好天の中行われたことが示す通り、晴天率も非常に高いこともあって、オリンピック後も廃墟になることなく、リゾート地として開発が進められているそうです。

 その辺を世界中にアピールする良いチャンスとばかりに、例年通り今回もプーチン大統領はレース終盤にサーキットに姿を見せました。F1はどの国のレースにおいても政治的な関わりを一切禁止していますが、プーチン大統領はどういう名目で現れて、どういう扱いを受けているのか? その辺のF1の魑魅魍魎の世界はよく分かりません。

Kimi Räikkönen / Ferrari SF16-H / 2016年 日本GPKONE6123.jpg
 さて、今回のレースはフリー走行から事前予想をことごとく覆す、波乱含みの連続でした。何か波乱をもたらす事件があったわけではありません。それは今回限りの偶然ではなく、今後勢力図が塗り変わる予兆なのかも知れません。

続きを読む

ブラタモリの足跡をたどって清水寺と祇園をぶらぶら歩く

 奈良の国宝を巡る旅の続編です。日程はわずか一泊二日だったのですが、二日目の午後には奈良を後にして京都に移動してきました。そのまま東京に帰ってしまうには勿体ないのでわずか3時間ほどでしたが、あてもなく京都を散歩してみることにしました。

 どこに行くかはまったく考えておらず、近鉄に乗って京都駅に着いてから決めることに。とりあえず駅前の路線バス乗り場に出て、発着するバスの行き先とGoogleマップを眺めてるうちに、ふと思い付きました。そうだ清水寺へ行ってみよう! そしてそこから八坂神社を経て祇園の花見小路へと回ってみよう!と。

KONE5019.jpg
 このルートは、ちょうど先月にNHKの人気番組「ブラタモリ」で取り上げられたところです。清水寺は特に京都の中でも大人気スポットですが、私は物心が付くかどうかの子どもの頃以来訪れたことがありません。つまり、ほとんど初めてに近いです。ということで、行ってみることにしましょう!

続きを読む

青色で一面埋め尽くされたネモフィラの丘をひたち海浜公園へ撮りに行く


 毎年必ず訪れる撮影スポットは幾つもありますが、ここ数年ブームなのがひたち海浜公園のネモフィラの丘です。一面真っ青なその景色は、見頃を告げるネットニュースの小さな写真で見るだけでも圧倒され、是非自分の目で見て、自分のカメラで撮りに行きたくなります。そんなふうに魅力に取り憑かれてから今年で3年目。

 昨年と同じような写真しか撮れないし、しかも誰が撮っても同じような写真になってしまうと分かっていつつ、しかし実際のところ毎年同じとは限りません。天気はもちろんやその年の生育状況、開花状況などなど、少しずつ違っているし、経験を積めばもう少し違った撮り方を思いつくかも! ということで、懲りもせず、飽きもせずに今年も挑戦してきました。

KONE5099.jpg
 いや、今年はPENTAX K-1があります。K-1はちょうど1年前に発売されましたが、昨年はひたち海浜公園のネモフィラは開花が2週間ほど早かったため、間に合いませんでした。なのでK-1でネモフィラを撮るのは初めてです。レンズはDFAのF2.8トリオ、いわゆる大三元3本を持って行ってみました。

続きを読む