色とりどりの襤褸をまとった美しい舟がゆく世界観に引き込まれる「11 (Eleven)」など最近読んだ本3冊

 ここ最近(と言っても4月以降に)読んだ本の感想文です。今回も結局時代小説ではなく、ネット上の話題になった記事に関連して紹介されていた本の中から、雑食気味に興味を持ったものを余り深く考えず買って読んでみました。

 今まで読んだことのない分野の本を読むのは、とても新鮮で気分の良いものですが、今回紹介する3冊のうちの最初の2冊は特に、今まであまり使ったことない脳と心の一部を強く刺激されたような、強烈な印象が残りました。まるではじめて時代小説に触れたときのように、小説を読む面白さを再発見した気がします。

 ただしどちらも、決して美しくて感動的な物語ではありません。むしろその逆で、心がザワザワとして不快なものに触れているのに、気になってやめられない… と言った感じです。こういうのは中毒を起こしそうでちょっと怖い気がします(A^^:

理屈ではなく肌で感じるSF&ホラー小説短編集:11 (Eleven)/津原泰水

11 eleven (河出文庫)

11 eleven (河出文庫)

百年に一度生まれ、未来を予言するといわれる生き物「くだん」。鬼の面をした怪物が「異形の家族」に見せた世界の真実とは(「五色の舟」)―各メディアでジャンルを超えた絶賛を受け、各種ランキングを席巻した至極の作品集がついに文庫化!津原泰水最高傑作短篇との呼び声が高い「五色の舟」を始め、垂涎の11篇を収録。文庫版オリジナル、著者による自作解題も併録。

続きを読む “色とりどりの襤褸をまとった美しい舟がゆく世界観に引き込まれる「11 (Eleven)」など最近読んだ本3冊”