梟与力吟味帳シリーズ:井川香四郎

冬の蝶 梟与力吟味帳 (講談社文庫)

冬の蝶 梟与力吟味帳 (講談社文庫)

 

 最近は気に入った作家さんの気に入ったシリーズものばかりを読んでいたので、久々にこれまで読んだことのない新しい作家のシリーズものに挑戦してみました。それがこの井川香四郎さんの梟与力吟味帳シリーズです。これまでに「冬の蝶」「日照り草」「忍冬」「花詞」「雪の花火」の5冊が発行済みです。いずれも文庫書き下ろしで、最新の「雪の花火」は今年の5月に発行されたばかり。そしてこのシリーズはNHK土曜時代劇「オトコマエ」の原作として最近は本屋さんでも比較的目立つところに置いてあることが多いようです。

 NHKの時代劇は大好きなのですが、今クールから土曜の放送になりしかも30分に短縮されてしまいました。またタイトルが「オトコマエ」ということで時代劇としてはかなり変わっています。3話ほど見てみたのですがこれがほとんどコメディドラマになっていました。まぁ、それはそれでアリだとは思います。で、その原作となればまたどれほどバカバカしい話なのだろうと思い、たまにはそういうコメディ調の時代小説も珍しくて良いのではないかと、本当に暇つぶしのつもりで第1巻だけまずは買ってみたというのが真の動機です。

 が、ある意味その期待は裏切られてしまいました。だいたいコメディで300ページ級の文庫が5冊も出るのか?と言うところからして怪しかったのですが、実際のところ土曜時代劇「オトコマエ」の原作たるこの「梟与力吟味帳」は実にまじめで普通の捕り物時代小説となっていました。時代設定は江戸後期、老中、水野忠邦が事実上幕府を支配していた時代で、南町奉行鳥居耀蔵、北町奉行遠山景元という江戸時代の歴史上まれに見る顔合わせ。天保の改革を推し進めようとする水野忠邦鳥居耀蔵は一心同体、それに対し遠山景元は一人対立してことある度に鳥居耀蔵と戦っていた人です。この小説の背景もそんな幕閣を交えた南町と北町の対立を軸にしています。ちなみに、南町奉行遠山景元とはもちろん「遠山の金さん」のモデルとなった人です。

 町方を主人公に据えた捕り物の小説はたくさんあります。大抵の場合は事件の現場を扱う岡っ引きや町方の定周り同心、隠密同心などを主人公に据えたものがほとんど。例えば北原亞以子作の「慶次郎縁側日記」シリーズも定周り同心と手下の岡っ引き達の物語です。異色なものとしては外回りの探索はしない例繰方同心を主人公に据えた佐藤雅美作の「居眠り紋蔵」シリーズがありますが、この「梟与力吟味帳」シリーズもやや変わった設定となっていて、事件現場の探索を行う同心でも岡っ引きでもなく、刑事事件の吟味(=いわゆる奉行所での裁判)を行う吟味方与力の藤堂逸馬を主人公に据えているところです。

 それに加え藤堂逸馬の幼なじみである寺社奉行吟味物調役支配取次役の武田信三郎と奥右筆仕置係をはじめ職を転々とする毛利八助が加わりいろいろな事件に関わってゆきます。この三人の仕事はどれもあまり聞いたことのない役柄ばかり。吟味方与力はともかく、寺社奉行吟味物調役支配取次役も奥右筆仕置係も幕府の比較的中枢に近い役柄で、江戸の町人の間で起こる殺人や強盗といった事件とは一見全く無関係そうな立場にいる三人がどうやって江戸の市井の風俗に関わっていくのか? 気のおけない間柄の三人の関係は、いい歳をしてほとんど悪ガキ同士のじゃれ合いに近いものがあります。コメディ的要素があるとすればこの部分でしょう。

 藤堂逸馬と武田信三郎はいわゆる役持ちの御家人ですが、家柄の良い毛利八助はさらに格の高い御目見得格の旗本です。遠山景元鳥居耀蔵など幕閣の中心人物も重要な役回りとして頻繁に登場し、政治ドラマの様相も呈していて非常に緻密で面白いストーリー展開がなされます。主人公含め登場人物達の社会的立場が比較的高く設定されていることから、江戸庶民の代表たる長屋の八さん熊さんのような貧乏人達が登場するような庶民的な雰囲気はやや薄らいでいます。かといってドロドロして非現実感漂う幕府内の権力闘争に明け暮れるわけでもなく、江戸町人達の生き生きとした生活感と奉行所内の役人達の世界がほどよく混ざり、とてもバランスのとれた面白い捕り物小説だと思います。

 お勧め度:★★★★☆

蟹工船・党生活者:小林多喜二

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

 

 最近人気があるとのことで本屋さんでもよく見かける本です。ちょうど時代小説でめぼしい本が見つからなかったので流行モノでも読んでみるかと言うことでこの本を買ってみました。何となく最近のワーキングプア問題と関係する内容だとは知っていたのですが、正直なところこんな古くて重い、難しい物語とは思っていませんでした。仮名遣いや文字からして非常に古く、読みやすい現代の娯楽小説に慣れた身からすると読み下すのも一苦労です。

 蟹工船とは北海道の北、カムチャツカの海域で蟹を捕りながら缶詰に加工する船です。名の通り漁船ではなく工(場)船として扱われ航海法などが適用されていなかったそうです。ロシアとの関係もあり日本海軍の駆逐艦が警護しながら操業していました。そして物語の中心となるのはその船に乗り組んだ漁夫たちの悲惨な生活です。船を所有する会社側(資本家側)に属しなぜか船長をも超える実質的な支配権を持つ監督の非人間的な扱いに疲弊する漁夫達。

 過酷な労働、劣悪な船内の住環境、病気や怪我に対する無理解、そして運悪く命を落としたある漁夫に対する非人間的な扱い…。結局は力と金ある者には逆らえないと諦めきっていた彼らは、あまりの圧政に自らの命の危険を実感することで、ある日その姿勢に変化が訪れます。洋上の船といういわば密閉された空間において、個人個人では無力であっても、数の多い漁夫=自分達がまとまれば、監督やその背後にいる会社に負けない非常に大きな「力」があることに気づいてゆきます。そして、具体的に監督達使用者側に対する漁夫達の抵抗が開始されます。

 ということで、これは昭和初期の日本における労働運動の物語です。ここでポイントとなるのは、この蟹工船にpおける漁夫達の抵抗というのは、あらかじめ組織化され、教育された労働組合の活動ではなく、命の危険にさらされた漁夫達が自らを守るために始めた自然発生的運動であると言うこと。その運動の結果は結局はストライキであったり、団体交渉であったりするわけです。つまり、歪んだ資本主義社会において如何に労働運動というものが自然発生的に生まれ、労働者を守るために必要なものであるか語られています。

 同じように明治維新後から太平洋戦争前の日本における労働環境を問題にした小説や映画はたくさんあります。「ああ野麦峠」に代表される長野県の紡績工場につとめた女工達、北海道や九州の炭坑で命をかけて働いた抗夫達などなど、劣悪な労働環境で非人間的な扱いを受けて命もろとも搾取された人達がいました。「蟹工船」はまたそういった時代の労働者達を描いた別の物語だと思います。ただ悲しい悲惨な運命を語る涙涙の物語というだけでなく、自分たちを守るために立ち上がり抵抗するという点が他にはない特徴です。それがこの本がプロレタリア文学と言われる所以でしょう。

 しかし、なぜこの本が最近また人気が出てきたのか?ちょっと解せませんでした。現代の派遣労働問題などは確かに劣悪な労働条件で働かざるを得ない人々を生み出して社会問題化しているのは事実です。場合によっては生活が成り立たないという点で命の危険にさらされている人もいることでしょう。しかし、やはりその「劣悪さ」の次元(どちらが高い低いではなく)がこの本に描かれている80年も前の日本の労働環境、事情とは、資本家も含めて全く違いがあるように思えます。

 そしてこの本に同時に収録されている「党生活者」も含め、この物語が強く訴えかけているのは、ぶっちゃけ社会主義共産主義の政治的な理想です。実際小林多喜二というひとは非合法時代の共産党に所属した活動家だったそうです。当時はいざ知らず、こういった共産党的な思想や活動というのは、現代の問題を解決するための考え方としてはあまりにも古いと言わざるを得ないでしょう。

 劣悪な労働環境に苦しむ人々が団結し立ち上がる姿に共感を覚えるというのは十分に理解できますが、この本からはその解決の糸口は何も見つからないように思えました。

 お勧め度:★★☆☆☆

春風ぞ吹く:宇江佐真理

春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る (新潮文庫)

春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る (新潮文庫)

 

 またまた宇江佐真理さんの小説を読んでみました。この本は以前に読んだ「無事、これ名馬」の前編に当たるもので、太郎左右衛門の父、村椿五郎太の若かりし頃の物語です。いえ、正確には前編と言えるほど物語の関連性はないのですが、やはり「無事、これ名馬」を読む前にこちらの作品を読んでおいた方が、五郎太を始め妻の紀乃、母親の里江の人物像がもっとハッキリと分かってより楽しめるのではないかと思います。そういう意味で私は読む順番を間違えてしまいました。でも、そんなことはお構いなし。やはり宇江佐さんらしい爽やかですばらしい物語でした。

 この小説は小普請組の家に生まれた五郎太が、漫然と暮らしていた日常から、ある日人生の目標に目覚めて自らの境遇を変えて行くべく奮闘する物語です。その人生の目標とは「愛する人と一緒になる」こと。平凡ながらも重大な問題です。そしてそのために彼に与えられた唯一の手段は学問吟味を突破し役に就くことです。なぜなら小普請組とはいわば無職も同然。無職の男に大事な娘を嫁がせたくないという保守的な風潮は、現代の感覚からは計り知れないほど当時は強いものだったことは想像に難くありません。二十五歳になり恋をしたことで自分の置かれた境遇の気づいた五郎太。彼はその変えがたい自分の運命を変えていくため、無職の小普請組から脱して役職を得るべく狭き門の試験に挑んでいきます。

 五郎太は多くの小普請組の御家人と同様、幕府からもらえる禄だけでは生活が苦しいので幼なじみの経営する茶屋で代書の内職をしています。毎日通うこの代書こそが事実上の五郎太の本業といえるでしょう。代書の仕事の傍ら学問所にも通う五郎太は学問の筋の良さを教授に認められながらも、自分自身ではまったく自信が持てず時折不安になり挫折し諦めそうになります。ある意味五郎太はごく普通の平凡な若者に過ぎません。

 茶屋の片隅で営む代書業。大都市江戸に暮らしたり、たまたま行き交う人々の生活の片鱗を除くことができる仕事。この代書を通して多くの人と接し、その中から五郎太はいろいろな人生の生き方を学んでいきます。別れ別れの親子の通信、遊び人の若旦那が吉原の花魁に出す恋文、先生と呼ばれる人たちの人間くさい過去、田舎から出てきた老人が息子に宛てた涙の手紙…。そんな五郎太を取り巻く多くの個性的な人々、多くのドラマチックな人生。そしてその人と人との関わり合い、影響の与え合いが非常に緻密に描かれ、全体的に宇江佐さんらしい優しさが感じられる小説に仕上がっています。

 必ずしも出世するばかり、愛しい人と暮らすばかりが幸せな人生ではなく、人の生き方は色々あることを学びながらも、五郎太は結局初志貫徹し学問吟味を突破し役職を得、愛する人と家庭を築きその家を守っていいくことこそが自らの行くべき人生との決意を固くしていきます。いや、何も知らないときこそ迷っていたものの、多くの人の様々な生き様を知った後こそ、その決意を新たにしたようです。井の中しか知らない蛙よりも、大会を知った井の中の蛙のように。その気持ちは何となく分かる気がします。

 五郎太を取り巻く身近な人々の個性の強さも際だちます。なんと言っても武家の女としての強さを持つ母親の里江。彼女は続編の「無事、これ名馬」においても重要なキャラクターですが、この物語ではよりいっそうその存在は際だっています。さらに五郎太の愛する紀乃とその一家。茶屋を営む幼なじみの伝助、手紙を配達する彦六、昌平坂学問所の教授達、そして代書を頼みに来る人々。個性的なキャラクターに囲まれた中で五郎太は本来、もっとも地味で目立たないおとなしい目立たない人物です。そんな平凡な人物だからこそ、その悩みや迷い、そして決意がとてもリアリティを持って身近に感じられるような気がします。

 時代小説としてのポイントは、小普請組という無役の御家人の置かれた立場とその生活。そして学問吟味という制度の実際と意味が、五郎太の人生を通して詳細に絵が描かれています。そこには時代の差を超えて学歴偏重社会の原型を見るようです。世襲が当たり前だった封建時代において、試験制度というのはある意味新鮮なものだったのかもしれません。

 宇江佐さん自身による後書きを読むと、この小説がどうやって組み立てられたかが詳しく解説されています、それによると、どうもこの小説は全体を貫く構想があらかじめあったわけではなく、書きながら結末がどんどん変わっていったようなことが書かれています。これは実際のところ意外でした。読んでいるとそんなことは全く感じられないほど一貫性を持っているように思われます。特に主人公たる五郎太。彼の人物像は「無事、これ名馬」に至るまで少しのブレもありません。見事なまでに描き出された凡人とその人生。ちょっとだけ成功したけど、少し後悔もしている…。そんな印象です。

 お勧め度:★★★★★