読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

夕暮れの成田空港で飛行機を撮る

写真 PENTAX K-3 II DFA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 飛行機

 久々にスッキリと晴れ渡った週末、特に用事はなくて引きこもってごろごろしていようと思っていたのですが、ふと窓の外に見える雲一つない快晴の抜けるような青空を見たら、こんな日に外に出ないのは勿体ないと急に思い直して、カメラを持って出かけることに。何気なく手に取ったレンズは、久々の150-450mmです。近所を散歩して身近な紅葉探し...ではなく、車に乗って成田空港を目指します。

K3II4990.jpg
 そろそろ冬至を迎えるこの季節のこと、午後5時前には日が沈みます。その1〜2時間前は夕日に照らされた機体と青空の取り合わせは、さぞ綺麗だろうということで、夕暮れの時間帯を狙って午後遅くに出かけてみました。

 撮影場所は成田空港の中ではなく、これまでに2度ほど写真を撮りに訪れたことのある、A滑走路北側の「さくらの山公園」です。

 カメラはPENTAX K-3 IIにD FA150-450mmF4.5-5.6のみ使いました。

K3II4607.jpg
 この日の成田空港は北風運用となっており、着陸機は長い滑走路の向こうからアプローチしてきます。450mmを持ってしても豆粒にしか取れません。でも機種は判別可能。これはデルタのB747のようです。
 この日は本当に空気が澄んでいて、着陸待ちの行列がかなり遠くの方まで見通せるほどでした。

K3II4626.jpg
 そして離陸機はこちらに向けて飛び立ってきます。キティちゃん塗装でおなじみのエバー航空のA330-200。

K3II4701.jpg
 離陸した飛行機はその後さくらの山公園の上空、ほとんど真上を通過していきます。この日は本当に綺麗な青空で頭上は真っ青。これはCARGO LUXのB747-400Fですが、やけに滑走距離が短くてあっという間に離陸しました。もしかして空荷だったりして?

K3II4735.jpg
 10月に就航したばかりのSTAR WARSジェット、R2-D2カラーのB787-9が到着しました。全く調べてなかったのでちょっとラッキーでした。もちろん、飛んでるところ取れたらベストだったのですけど。この日はサンノゼ便に使われていたようです。滑走路の反対側にある「さくらの丘」には沢山の航空ファン兼カメラマンがいたのかも。ちなみにこの日のさくらの山は空いてました。

K3II4760.jpg
 時刻も午後3時を過ぎるとかなり日が傾いて、少し夕暮れの雰囲気が出てきました。滑走路上の離陸シーンは陽炎でメラメラになりやすいのですが、この季節なら何とかなります。ちなみにこのカットはかなりトリミングしていますが、高解像なレンズと24Mピクセルもあればこのくらいは許容範囲でしょう。

K3II4784.jpg
 もうだいぶ見慣れてきたB787ですが、何度見ても美しい機体です。はこのJALのB787-8はパリ行きのようです。

K3II4831.jpg
 綺麗な濃緑の機体はベトナム航空のA321。A350を既に飛ばしている数少ないエアラインですが、成田か羽田にも定期就航させて欲しいですね。

K3II4854.jpg
 そしてやっぱりB747は迫力あるし、B787とは違う美しさがあると思います。羽田ではほとんど絶滅寸前ですが、成田にはまだ沢山飛んでいます

K3II4860.jpg
 先ほどのCARGO LUXとは違いこの中華航空は、B747らしく滑走路をたっぷり使いゆっくりと上昇していくため、頭上を通過するときはワイド端の150mmでもフレームからはみ出してしまいます。なので引きは諦めて、機体の一部を切り取ろうと思ったのですが、怯んで250mmという中途半端な画角にズームを戻してしまいました。

K3II4892.jpg
 午後4時前、タイ航空のA380が到着しました。もうかなり夕暮れの風景です。夏にはまだ真昼だった時間帯です。

K3II4910.jpg
 アエロメヒコのB787-8。大きく反り返った翼の形が特徴的です。B787は翼の先端までフレームに収めたくなります。

K3II4955.jpg
 キャセイパシフィックのB777-300。B747に匹敵する巨人機で、やはりゆっくりと上昇していくので、これもまたフレームからはみ出しがち。時刻は間もなく午後4時、もう間もなく日没を迎えると言うことで、翼の裏側に日が当たり、その影は胴体に写るようになりました。

K3II4979.jpg
 地上も日陰が増えてきました。この時間帯になると、地上の景色、空の色は刻一刻と変化していきます。さて、良い時間帯になってきました。

K3II5023.jpg
 ジェットスターのA320。ウィングレットも旧型です。銀色の機体は夕日がよく映えます。地上はほとんど日が沈み、しかし上空にはまだ夕日と濃紺の空が残っています。ここからが今日の狙い目でハイライト! と思っていたのですが...。

K3II5009.jpg
 この状態が続くのはわずか数分。その少し前後も許容するとしてもまぁせいぜい15分の間が勝負です。が、その肝心の一番良い時間帯にぱったりと出発便が途絶えてしまい、とうとうこの後は日が完全に沈み空が暗くなるまで、1機も飛び立ちませんでした。

 という不運というか、詰めの甘さに思わず苦笑しつつ、そういうこともあるさ... と諦めてカメラをしまいました。またいつかリベンジしたいと思います。


関連エントリー