酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

両国駅前「冬のバーベキューガーデン」でいい肉の日を祝う

 11月29日は全国的に「いい肉の日」です。毎月肉の日を祝っている我々としては、見過ごすことは出来ません。ですのでもちろん今月もお肉を食べに行ってきました。もはや「肉の日」というカテゴリーを作った方が良いのかな?と思い始めています。

DSC_2466.jpg
 今回はやや趣向を変えてバーベキューです。なんと、両国駅前でバーベキューが出来るとの情報をキャッチ。早速行ってみることにしました。

DSC_2468.jpg
 場所はこんなところです。両国駅西口のすぐ横、背後は国技館で、江戸東京博物館へと通じる入り口通路の上にテントが並んでいるという状態です。こんなローケーションでバーベキューをするのは初めてです。

DSC_2469.jpg
 提供されるのは場所とテーブル、椅子、炭などの道具一式、お皿や調味料などなど。これで3時間1,000円/人です。飲み物はアルコールの飲み放題が1,300円、ソフトドリンクなら300円という激安。

 ということで、食材のみ持ち込みとなります。

DSC_2471.jpg
 なので肝心の肉は、自分たちで「いい肉」を仕入れていきました。まずは高級タン。

DSC_2476.jpg
 塩こしょうして焼いてレモン汁を書ければ立派な高級タン塩!

DSC_2479.jpg
 そして佐賀牛の高級サーロインステーキ!

DSC_2488.jpg
 肝心の焼き上がったあとの写真を撮り忘れてしまいましたが、素晴らしいおいしさでした。

DSC_2482.jpg
 お次はこれ。この真っ白なバターのようなチーズのような物体。

DSC_2486.jpg
 どうやって焼くものなのか誰も知らないものの、試行錯誤しつつ、一応アルミホイルを敷いて焼いてみます。すると大量の脂が出てきました。こんがり焼き目がついて見た目だけで美味しそうです。

 そうでフォアグラです。こんな塊で食べるなんて贅沢! とってもこの三切れを5人で分けたのですが。ちなみに、この超美味しそうな脂はもったいないのでちゃんと再利用しました。

DSC_2485.jpg
 その他、こんな真っ白な刺しだらけのお肉とか。

DSC_2493.jpg
 肉厚のハラミとか。

DSC_2494.jpg
 左がカルビで右がもも肉。どちらも国産の高級な「いい肉」です。

DSC_2495.jpg
 それにしても、テント内の照明に使われていた真っ白なLEDだと、お肉が青白く写ってしまいます。写真だけでなく、現場にいても焼け具合がよく分からなくなったりします。食べ物を目でも楽しむには環境光は重要ですね。

DSC_2490.jpg
 お肉だけでなく、巨大なエビとか。

DSC_2499.jpg
 厚切りベーコンなども美味しくいただきました。

DSC_2504.jpg
 バーベキューの〆といえば定番の焼きそば。これは特に「いい肉」は入ってない普通の焼きそばセットですが、ここで先ほどのフォアグラの脂を使いました。たっぷりあったので、サラダ油はいっさい加えていません。

 味付けしてしまうのがもったいないと思い、最初は塩焼きそば風味で少し食べてみたのですが、やっぱりソースを加えた方が焼きそばは旨いです。フォアグラの旨味が利いたソース焼きそばは最高でした!

 と言うことで、今年の肉の日もあと一回です!