読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

夏バテ予防に鰻と寿司をはしごする

 何を言ってるか分からないかもしれませんが、鰻屋と寿司屋をハシゴしてきました。昼は鰻、夜は寿司とかではなく、一次会が鰻で二次会が寿司です。こういう流れは人生初体験です。

DSC_0891.jpg
 梅雨が明けていきなり猛暑の夏がスタートしたところで、きっと私は早晩夏バテに見舞われるに違いありません。少しでも遅らせて、軽症で済むよう、あらかじめ美味しいものをたっぷり食べておかなくては!

 とはいうものの、ちょっとやり過ぎました。少しだけ反省しています。

一次会:うなぎ さんしょ

 まずは鰻屋さんです。土用の丑の日は明日ですが、先の週末から鰻モードに入った人は多いらしく、なかなかお店の予約が取れない中、端から諦めていたいつもの鰻屋さんに空席があることが判明し、さっそく予約を入れて食べに行ってきました。お店に入った時点で時刻は午後5時です。

DSC_0867.jpg
 お通しは骨せんべいです。気が利いてます。

DSC_0869.jpg
 そして肝焼き。これだけで元気が出てくるような気がします。それにしても贅沢な食べ物ですね、これは。

DSC_0871.jpg
 次は上白焼き。これを四人で分けました。分ける前にわさびを全体に塗り込みます。わさびの量は結構多いのですが、鰻の脂で中和されて辛みが抜けて、風味だけが残ります。

DSC_0875.jpg
 次はこれ。ただの玉子焼き...?

DSC_0877.jpg
 ではなくて、う巻きです。こうしてちゃんと鰻が入っています。これ考えた人は天才だと思います。

DSC_0880.jpg
 そしてうざく。胡瓜と蕪と菊の酢の物に鰻の蒲焼き。酢の物はひんやりさっぱりしているのに、鰻はほんのり暖かいのです。この取り合わせも絶妙で、しつこい鰻がお酢に完全に支配されてさっぱりします。これ考えた人は大天才だと思います。

DSC_0883.jpg
 最後に〆の鰻重。これは3段階あるうちの真ん中のサイズで、このお店では「いちょう」と呼ばれています。一番大きい「うめ」は品切れになってしまいました。

DSC_0886.jpg
 どーんとアップで。満腹なときでもこの写真を見ると幸せな気分になれます。空腹時には見ない方が良いでしょう。

 先日読んだ「黒書院の六兵衛」にも鰻重に関わるエピソードが出てきます。六兵衛が涙を流しながら鰻重を食べた気持ちがよく分かります。

 ということで、久々に美味しい鰻を食べられて、ちょっと早めの土用の丑の日を祝い(?)ました。

 「さんしょ」は居心地良くて美味しくて相変わらず良いお店です。が、今回は土用の丑の日直前で混雑しており、予約を巡るトラブルと、その結果鰻が足りなくなるという事態に至り、お店の中がややてんてこ舞いしていました。予約は電話ですることをおすすめします。


大きな地図で見る

 浅草 うなぎ さんしょ
 東京都台東区西浅草2-25-7
 電話 03-3843-0344
 営業時間 11:30~14:30 16:00~21:00(木曜定休)

DSC_0893.jpg
 そんな中、お店を出たらまだ太陽が沈んでいません。これは何となくもう一軒行かなくてはならない気がしてきました。しかも私はお酒を飲まないのでホッピー通りもどうかと思い、気がついたらこれまたいつものお店へ...。

二次会:鮨処 舟

 そうなんです。「さんしょ」から「舟」は歩いて5分の距離。とても近いのです。タイミングの良いことに席が空いていると言うことで、軽く寿司でもつまむか... ということで行ってしまいました。時刻はまだ午後7時前だったと思います。

DSC_0896.jpg
 鰻をたっぷり食べてきたことを正直に女将と板さんに伝え、軽めのお任せコースです。やはり鱧が出てきました。ほんのりお酒の風味がする汁のなかに浮いています。鰻の脂でコテコテの胃腸をさっぱり浄化してくれそう。

DSC_0897.jpg
 続いて鰹。茗荷と葱が効いています。これまたさっぱり。

DSC_0899.jpg
 握りは三貫で、と言うことでまずはこれ。新子です。だいぶ成長して二枚付けになっていました。もうすぐコハダになってしまうかと思えば、まもなく今度は九州産の新子が出回り、再び五枚付けくらいに戻るそうです。コハダの時期はもう少し先。

DSC_0901.jpg
 前回も頂いた幻の一品、稚鮎を今回も頂きました。稚鮎は生きたまま仕入れてくるので、捌くのがちょっとアレなんですよね、という生々しいお話を聞きながら、でも美味しいので止められません。

DSC_0904.jpg
 ピンと尻尾が立ってるかのようなこの活きの良いやつは石垣貝だったかな? つやつやしていて見た目にも美しく、貝類の中でも上品な風味だと思います。石垣貝なんてここでしか食べたことありません。

DSC_0906.jpg
 三貫だけ、と言っていたのに結局追加してしまうダメな人たち。私は白イカを頂きました。お寿司の基本ですよね、イカって。でもそれだけに味わいは全くピンキリです。短冊状に切られた白イカに生姜がピリリと効いてとても美味しいです。

DSC_0908.jpg
 追加も一貫だけと思っていたのに、周りの面々が美味しそうな中トロを食べると聞いて、「おれもおれも!」となってしまうのは仕方がないと思います。口の中で溶けるのにしっかりとしたマグロの風味。築地のマグロ専門店で仕入れてくると言うネタは素晴らしい美味しさで、本当に本当の〆の一貫として最適でした。

 ということで、思いがけずほぼ二食分を食べてしまい、せっかくの断酒によるダイエット効果も台無し。でも夏バテは「食」で防ぐしかありません。美味しいものをたらふく食べて、夏バテを迎え撃つ覚悟ができました。これでどんなに具合悪くなっても(結局なるんですが^^;)もはや諦めががつきます。


より大きな地図で 鮨処 舟 を表示
 鮨処 舟
 〒111-0031 東京都台東区千束1−3−5
 TEL: 03-3874-2875
 17:30 〜 23:00(水曜定休)