酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

鳥工房 地どりやのガッツリコースにやられる

 新小岩南口、ルミエール商店街の南端に美味しい焼鳥屋さんがあります。秋田県の比内地鶏を契約農家から直接仕入れている本格派。もう何度も通っているのですが、先日久しぶりに行ってきました。

DSC_0056.jpg
 いつもだいたいお任せコースを頼んでしまうのですが、今回は夏本番前の夏ばて対策もかねて、ガッツリ食べたいのでガッツリーコースを、ということで事前にメニューにはないカスタマイズのお任せコースを発注しておきました。それが想像を超えるガッツリぶりで危うく途中でリタイアしてしまうところでした。

 まずは以前に訪れた時のエントリーです。

 過去ログをたどると、前回訪れたのは去年の11月のこと。だいたいいつものコースだとこんな感じです。鍋などのメニューは季節と仕入れ状況と大将の気分によって変わります。

 今回はこれとは違う鶏尽くしのコースでした。

DSC_0004.jpg
 まずは前菜三種盛り。蓴菜、漬け物、鶏のおかゆです。おかゆはどんぶりいっぱい食べたいくらい。

DSC_0008.jpg
 キャベツが出てきました。専用のお味噌をつけて頂きます。この後出てくる串焼きの合間に少しずつ食べていきましょう。

DSC_0009.jpg
 まずは一本目。表面をさっと炙った胸肉のゆず胡椒添え。中は生です。ゆず胡椒との相性も抜群でとてもさっぱり上品で美味しいです。

DSC_0011.jpg
 そして濃厚な鶏モツ煮込み。焼酎に合いそうです。

DSC_0014.jpg
 まん丸な胸肉。鶏のジューシーさが詰まっています。

DSC_0017.jpg
 独特なスタイルで串に刺さって出てくるのはネギマです。これも猛烈に美味しいです。

DSC_0019.jpg
 串はここでいったん休憩に入り、巨大なお皿がやってきました。タルタルがかかっているののはもちろんチキン南蛮。ちなみにこれで5人前。ちゃんと5つに切ってあります。とはいえ一切れがそこそこボリュームあります。

DSC_0020.jpg
 そして同じボリュームの鶏煮込み。というかお肉はチキン南蛮同様に衣をつけて揚げてあります。上に乗っているエノキや大根はヒンヤリしているのに、お肉は熱々です。かなりおなかがふくれてきました。

DSC_0026.jpg
 ここで一休みで生野菜。このお店は鶏だけでなく、野菜がとても美味しいのです。いつもは山盛りで出てきたりするのですが、今回は鶏尽くしなためか野菜も控えめでした。

DSC_0031.jpg
 またすごいのが来ました。どう見てもフライドチキン。しかもそれぞれのピースがすべて違う部位のようです。お店の人は「唐揚げ」と表現していました。飲み屋さんで鶏の唐揚げ頼んでこんなの出てきたら驚きますよね。

DSC_0036.jpg
 串焼きに戻ります。いえ、串には刺さっていませんが手羽です。

DSC_0037.jpg
 そして見た目にも美しいつくね。つくねのおいしさでだいたい焼鳥屋さんの質は分かりますよね。量もたっぷりで卵も絶妙に温玉状態で素晴らしいです。

 で、店員さんがここで「コースの串は以上です」と言ったので、ガッツリコースはここまで、と思っていました。これでちょうど満腹。何とか切り抜けられたぞと思い、一方でもう少し食べられるかな?という友人は追加の串を何本か頼んだりしてしました。

DSC_0042.jpg
 すると、なんと言うことでしょう! 店員さんは再びやってきて我々の前にこんなモノをおいていきます。鶏モモ焼き。ご丁寧にフォークとナイフまで! しかも一人一本ずつなのです。「コースは終わったのではないか?」と抗議すると、店員さんはニヤリと笑い「串が終わった、と言っただけでコースが終わったとは言ってない」との弁明。ぐうの音も出ません。

 これは予想外でした。そしてここで脱落者続出。手をつけずに持ち帰りを早くも決定する人もいます。私はまだ少し余裕があったのと、一切れ食べてみたら胡椒がきいて、鶏の脂がジューシーで食欲が再び刺激され、食べきってしまいました。いやいや、満腹でも美味しいモノは美味しいです。

DSC_0044.jpg
 そして、少し追加にと発注しておいた串焼きがどどっとやってきてしまいました。これでトドメです。キンカンとか美味しそうですけどね。一粒だけ頂きました。

DSC_0048.jpg
 ちなみにコースはまだ終わっていませんでした。これこそが本当に最後の〆。生卵と白米。これはあれですね、TKGに違いありません。満腹でもこれまた食べられそう。

DSC_0049.jpg
 これまた普通の生卵ではありません。小ぶりな卵は殻が厚く、悪のに少し苦労しました。ものすごく活きの良さそうな綺麗な卵。黄身ももちろん小ぶりです。

DSC_0053.jpg
 醤油を少し混ぜ、かき混ぜてご飯へ。うーん、美味しそう。というか、とても美味しかったです。ガッツリコースの締めにふさわしいTKGでした。鶏ガラスープも頂きました。

DSC_0060.jpg
 ということで、何とか食べきった者、食べきれず負けてしまった者も等しく、重たいおなかを抱えて、人のいなくなったルミエール商店街を駅の方向へ戻ります。

 恐るべしと地どりや。また来るぞ!


関連ランキング:焼き鳥 | 新小岩駅