読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

東京カメラ部2015写真展 in Hikarie を見に行く

日記 散歩 カメラ 写真

 Facebookで展開する、写真とカメラ好きの人々のコミュニティサイト、東京カメラ部の写真展に行ってきました。昨年東京カメラ部に投稿された写真の中から選ばれた10作品を中心に、10選2013及び10選2013のメンバーたちによる合同展示、さらには2015年コンテストの入賞作品47点の展示が行われています。昨年に一気に拡大された規模をさらに上回り見所たくさんの写真展です。

K3II0887.jpg
 場所は昨年に引き続き渋谷ヒカリエの8階、期間はたっぷり19日間。先週開幕したところなのであと2週間、6月14日まで開催されています。

ヒカリエへ

 渋谷は普段全く用事がないので来ることがありません。前回訪れたのは昨年のこの写真展を見に来たときでほぼ1年ぶりのことです。

K3II0881.jpg
 その昔(と言っても数年前ですが)、東急東横線の渋谷駅があった場所。解体工事が進んでいます。一部高架橋というか線路が敷かれていたんだろうなと言う構造物が残っています。ギンギラギンの高架橋は首都高速3号線です。

K3II0895.jpg
 再開発が進むヒカリエ側渋谷駅にあって取り残されているのが地下鉄銀座線。いえ、ちゃんと工事は進んでいるようです。そのうち黄色いクレーンがある側に移設される予定らしいです。営業運転しながらなので、また大騒ぎになりそうですね。

K3II0886.jpg
 ヒカリエに入るといきなり写真展のポスターが貼ってありました。0.0045%というのは昨年中に東京カメラ部に投稿された22万作品の中から選ばれた10作品と言うことで、その確率を表した数字だそうです。

 いざ、8階の会場へ!

写真展

 写真展は二カ所に分かれて行われていました。

K3II0903.jpg
 まずは8/02CUBEで行われている10選作品展のほうへ。

K3II0907.jpg
 展示会場のど真ん中にまずは10選作品が。画角の都合で7枚しか入ってません。どれも印象的ですばらしいです。さすが上位0.0045%です。

K3II0904.jpg
 そしてその10選メンバーの他の写真も展示されています。会場が広がった分だけ昨年までよりも展示がゆったりしてるように感じます。

K3II0909.jpg
 作者の方がいたりして、あちこちで談笑が行われました。そしてSNS由来と言うこともあって、撮影自由、シェア自由という緩い雰囲気の写真展で居心地良いです。

K3II0927.jpg
 さらに8/04 d47 MUSEUMに展示されているコンテスト入賞作品「日本の47枚」を見てみました。こちらの方が会場は広いですが、展示数が多いせいか混雑している感じ。

K3II0925.jpg
 写真は天井からパネルごとつるすという斬新なディスプレイ方法でした。

K3II0926.jpg
 それぞれの作品の下には、作者の方のカード、はがき、ポートフォリオなどなど、いろいろ置かれています。一つ一つ見ていると相当に時間がかかります。

K3II0928.jpg
 その部屋の片隅では小さなステージが設けられ、協賛メーカーによるイベントステージが行われています。私が訪れた時にはちょうどパナソニックのステージで、写真家の塙真一さんと上田晃司さんによるトークイベントが行われていたので、見てきました。意外にもm4/3ではなく、コンパクト機を前面に推した内容でした。

メーカー展示

K3II0937.jpg
 二つの写真展の間、ど真ん中の8/01 COURTではミニCP+とも言うべき、協賛メーカーによる製品展示が行われていました(残念ながらこの展示は5/31で終了しています)。

K3II0914.jpg
 一番興味があったのはFUJIFILMのX-T10。先日発表された新しいXマウント機。WEBで写真を見てるだけではなんともピンとこないのですが、Xシリーズは実物を手にしないと分からないことが多いので、態度を保留していたカメラです。これ「X-T1の廉価版」じゃないですね。サイズが圧倒的に小さいです。倍率が普通になったEVFも悪くありません。そしてまさかフラッシュ内蔵してるとは思えない外観と、ポップアップのギミックも面白いです。こうなると、素っ気ない外観も良いのではないでしょうか。

K3II0934.jpg
 それからイベントステージを見て俄然興味を持ったパナソニックのLUMIX CM1。思ったより大きいです。でも1インチセンサー搭載の本格的なカメラなんですよね。液晶画面も5インチもあり、Androidベースだと思うと、タッチ操作のUIも何の違和感もなく操れます。でも本格的なカメラ。面白いですね、これ。ちょっと興味がわいてきました。でも2000台限定販売の最後のロットが出回ってるところで、これが終わると先は未定のようです。

K3II0917.jpg
 ニコンは一眼レフ押し。貸し出しもしていました。

K3II0915.jpg
 そしてオリンパスはm4/3。ディスプレイが華やかなのはオリンパスらしいです。CP+でもこういう方向ですよね。

K3II0932.jpg
 シグマはdpシリーズを並べていました。dp0はまだ開発中だったでしょうか。超広角レンズとは思えない鏡胴が特徴的です。

K3II0936.jpg
 キヤノンはEOS M3の展示のみ。説明員らしき方も特にいませんでした。

 あとはカシオのコーナーがありましたが見てません。そしてわがリコーイメージングは不参加だったようです。残念。


K3II0940.jpg
 ということで、今年の写真展レポートは以上です。いつか展示されるような写真を撮ってみたいです(A^^;

開催概要

 詳細な開催概要は以下の公式ページをご覧ください。