酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

My Book Studio USB3.0 3.0TB

 間もなく我が家にやって来るiMac 27inch (Late 2012)用に外付けハードディスクを買いました。Western Digital製のMy Book Studio USB3.0 3.0TBという製品で、その名の通り接続I/FはUSB3.0で、容量は3TBもあるハードディスクです。
IMGP1432
 発注済みのiMacには奮発して3TBのフュージョンドライブを付けましたので、通常使用は内蔵ハードディスクで間に合います。この外付けハードディスクは、まず最初に現在使っているWindows機からのデータ移行に使用し、そして移行完了後はiMacのバックアップに使う予定です。

 この製品は一応Mac用となっていますが、それは外装がMac風なことと、出荷時にMac用にフォーマットされていることと、Mac用のディスクユーティリティが付いてくるというだけで、フォーマットし直せばWindowsだろうとLinuxだろうと何にでもつながる普通の外付けハードディスクです。

開梱

 My Book StudioシリーズはUSB3.0版以外に、FireFire800版もあるので、買う際には間違えないようにしなくてはなりません。容量は1TBから4TBまでラインアップされています。私が買ったUSB3.0/3TBのお値段はAmazonで18,000円強でした。

IMGP1256.jpg
 箱はこんな感じです。特に変わったところはありません。さっそく開けてみましょう。

IMGP1257.jpg
 同梱物はこれだけ。本体にはゴム足があらかじめ付いています。ファンレスということもあり、通気口のエアフロー等考えると、縦置き専用だと思われます。本体外装も非常にシンプルです。
 ACアダプターはそれほど大きくありませんが、プラグ一体型。USB3.0ケーブルは1.25mです。これ以外は紙が2枚入っていただけ。とてもシンプルなパッケージ内容です。

IMGP1258.jpg
 背面にはUSB3.0と電源の差し込み口があるだけ。実は電源スイッチすらありません。ハードディスクの電源ON/OFFは、USB I/Fを通じてソフト的に行われるようです。試しにACアダプターだけ挿してみましたが、何も起きませんでした。

MacBook Airにつないでみる

 肝心のiMacはまだ来ていない(後述)ので、まずはMacBook Air (Mid 2011)につなげて動作確認をしてみました。

K5IG1340
 USBケーブルを挿すと中のハードディスクが回り始めました。青いLEDも非常に控えめで目障りになりません。ファンレスなので通気口がたくさん空いているため、ドライブ自身から発生する音は聞こえてきますが、気になるような音質ではなくうるさくは感じません。というか、十分に静かと言える範囲です。Mac用にフォーマットされているのでそのまま空のドライブとして認識されます。

DiskSpeedTest 2
 とりあえずやることもないので、ベンチマークを走らせてみました。なおこのMy Book Studio自身はUSB3.0対応ですが、私のMacBook AirはUSB2.0なので速度的に実力は全く反映されていません。リードで34.1MB/s、ライトで26.4MB/sと出ました。USB2.0の最大データ転送速度は480Mbit/s(=60MB/sec)ですので、実効速度としてはこんなものでしょうか。

DiskSpeedTest
 余談ですが、MacBook Airの内蔵SSDのベンチマークもやってみました。リードで200MB/sec越えと、思ったよりも速いんですね。世代的にこのくらいは当たり前か。

Windows7につないでみる

 次はWindows機につないでみます。が、Mac用のフォーマットなのでそのままでは読み書きは出来ません。最終的にはiMacで使うのでWindowsで使えないのは構わないのですが、その前にデータの移行に使う予定なので、まずはWindowsでもMacでも使えるようにexFATにフォーマットし直しました。

20130216_2
 私が現在使用しているWindows機のマザーボードはUSB3.0が2ポートだけ付いていますので、当然そこにつなげてみました。そしてWindows上でベンチマーク。シーケンシャル・リードは150MB/sec越え、ライトも140MB/secもあります。もうほとんどSATA接続と遜色ありません。さすがUSB3.0、さすが最新のドライブ。

20130216_3
 ちなみにちょっと興味があったのでディスク情報を見てみました。使われているドライブはWD30EZRXでした。これ、現Windows機でデータドライブとして使っているものと同じ型番です。ただしリード/ライト速度などからみて、プラッタ容量が1TBになった最新型(旧型は750GB)ではないかと思われます。

 ということで、ぼちぼちiMacに移行するデータを選別してコピーしておこうと思います。

iMacが来ない・・・

 さて、肝心のiMacですが... 発注したのは先月の24日です。iMac 27inch (Late 2012)は、高解像度な液晶パネルが不足しているらしく、納期は3~4週間となっています。私の場合もお届け予定日は2/18以降となっていました。

 そんな中、ようやくアップルから出荷完了のメールが届いたのが今月14日早朝。ヤマト運輸の上海支店で13日夕方にすでに受付された旨のステータスが確認できるようになりました。通常ならそこから翌日に上海から発送され、半日で日本に到着。通関を経てさらに翌日には国内配達受付されて、受付から3~4日目にはめでたく配達... という流れが一般的なようです。

20130216_1
 しかし、上海で荷物受付されてからすでに丸3日以上が過ぎた、16日の23時時点でもまだ上海で荷物受付のまま。ステータスは全く変わらず。私のiMacはいまだ上海のどこかで放置されているようです。
 今朝になってアップルからは「配送遅延のご連絡」というメールが届きました。理由は分かりませんが、物流が予定通りに行っていないようです。春節は先週で終わったと思っていたのですが、まだ影響が残っているのでしょうか。

 タイミング良く今週末にセットアップが出来ると思って、ハードディスクもそれに合わせて買ったのですが、どうやら肩すかしに終わりそうです。こうなったらまた出荷のお知らせを受け取る以前と同様に、気長に待ちたいと思います。