酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

神戸飲み歩き

 8月29日はいよいよ焼肉の日です。世間は月曜日ですが仕事のことなどすっかり忘れて旅をそのまま続けます。ちなみに最高気温の予想は35℃!朝テレビで見た東京のお台場からの中継では「気温は29℃ですが秋を感じます」とか言ってました。いや、ここは真夏なんですけど。まるで別の国の話みたい。

IMGP6932.jpg

 そんな猛暑の中、この日のお昼は神戸観光でもしようという計画。なのに特に行動計画は決めていません。平日にもかかわらず、この日も地元の方に案内をしていただけると言うことで、総勢6名でいざ出発。

REIMS

 まずは三宮にあるワインバーへ。えっ?観光じゃなくてワインバー? そうです、まずは飲んでからどこへ行くか考えることにしました。やってきたのはランスという名のワイン屋さん。怪しげな店が並ぶ雑居ビルにあります。これも知ってる人に連れて行ってもらわなければ、絶対に一見では見つけることができません。

IMGP6875.jpg

 実際にはこのお店はワインとチーズの小売店で、バーが本業ではなく、あくまでも試飲のためのバースペースと言うことになっています。ワインとチーズを買ってその場で開けて飲むことも可能となっています。

IMGP6877.jpg
 シャンパンで乾杯したあと、夏らしい白ワインと言うリクエストで、お店のおすすめの1本をいただきました。白なのにしっかりした苦みのある、しかしスッキリしたワインでした。

IMGP6882.jpg
 おつまみにチーズとクラッカーと干しぶどうなどの盛り合わせ。やっぱりワインに良く合います。
 しかしこのお店、店全体がワインセラー状態と言うことで、かなり涼しい... と言うより寒いくらい。1時間が限界かも。なので次に行きましょう。


より大きな地図で REIMS-KOBE を表示

北野

 元町から歩いて山の方へ。北野へと向かいます。北野と言えば異人館。いかにも観光ルート的ですが、我々の目的地はちょっと違いました。

IMGP6885.jpg
 北野に行くその前に、この写真は通り道の東門街の北端のアーチ。三宮のこの一帯は阪神淡路大震災の被害が大きかった地域ですが、この派手なゲートは震災を乗り越えて今でもそのまま建っています。と言うのは現地で聞いた話ではなく、あとで「この写真どこだっけ?」とググっていたら、震災直後の写真をまとめたページにヒットしました。その中に倒壊したビルの瓦礫の隙間で、このゲートだけはそのままの姿で建っている写真がありました。多分その後建て直されていないと思われます。
 神戸にはこうして震災前と震災後の新旧入り交じった不思議な景色の街です。そして15年以上経った今でも、タクシーの運転手さんは「この道路も震災のせいで凸凹にうねっていたのが、つい最近やっと平らになったんやで〜」とカジュアルに話してくれるほど。「復興」の大変さを感じます。

 と、真面目な話はこれくらいにして、このアーチをくぐって大きな道路を渡って坂道を上り始めると、両側には異国の雰囲気漂う様々な建物が並んでいます。

IMGP6888.jpg
 早速お昼ご飯を食べようと言うことで、インドカレー屋さんを目指したのですが、当初の目的のお店は見つからず。どうやら移転したか廃業したかしてしまったようです。ということで、アールティという別のお店に入ってみました。神戸界隈に何店舗かあるようです。国際色豊かなこの地区には、他にもインドカレー屋さんもいくつかありました。

IMGP6887.jpg
 暑い中、坂道を登ってきて疲れたので生ビールが喉に染み入ります。カレーは手堅くチキンカレーにしました。もちろんナン付きで。けっこうお腹いっぱいになりました。これは夜のために腹ごなしをしなくてはなりません。

 写真はないのですが、その後廃校になった小学校の建物を利用した北野工房のまちという、手作り工芸品の小さなお店が並んだモールのような場所へ。食べ物飲み物からロウソクやマッチ、革製品などなど、いろんな物がありました。古い小学校建物もどことなく懐かしい雰囲気です。


より大きな地図で 北野界隈 を表示

メリケンパーク

 北野から元町方面へテクテクと坂を下り、繁華街と線路を越えると海が見えてきます。神戸港の中心に位置するメリケンパークにやってきました。

IMGP6908.jpg
 思い切り逆光ですが、手前の白い鉄格子の建物が神戸海洋博物館、奥の赤いタワーは神戸ポートタワー。周囲はホテルオークラや客船ターミナルを兼ねたオリエンタルホテルなどが建っており、その周囲はだだっ広い広場になっています。

IMGP6903.jpg
 メリケンパークの隅には神戸港震災メモリアルパークというのがあります。神戸港も阪神淡路大震災で甚大な被害を受けました。粉々に壊れて沈んだ岸壁の一部がそのまま残されています。

IMGP6927.jpg
 メリケンパークはだだっ広い広場になっていて3方は海に囲まれています。午後の強い日差しを遮るものがなく、体力が奪われていき、熱中症になりそうなので、遊覧船が発着している中突堤中央ターミナルへ避難。せっかくなのでここで神戸港クルーズに出てみることにしました。

IMGP6928.jpg
 中突堤を出発して神戸空港のまで行き、神戸大橋をくぐってまた中突堤まで帰ってくる、40分ほどのコースです。乗った船は神戸ベイクルーズ(←音が出ます!)のロイヤルプリンセスという船。平日とあって空いていたので窓際の席でゆったりと涼みながらの観光です。

IMGP6931.jpg
 生ビールと迷ったのですが、先ほどの炎天下の散歩の熱気がまだ残っていたので、ソフトクリームを食べました。観光地のソフトクリームっておいしいですよね。

IMGP6937.jpg
 左には三菱重工や川崎重工の造船所。巨大な貨物船を造っていたり、海上自衛隊の潜水艦のメンテナンスなどをしていました。

IMGP6940.jpg
 そして遠くに明石海峡大橋と淡路島。天気が良くて良かった!

IMGP6963.jpg
 最後に神戸大橋をくぐりました。この橋も何度か渡ったことがあるはず。橋のすぐ横に客船ターミナルがありました。この日は中国の天津と上海行きの船が停泊していました。

 ということで、神戸港クルーズは終了。料金はたったの\1,000。なかなか楽しめました。


大きな地図で見る

原酒店

 さて、そろそろいい時間になってきました。今宵の焼肉の日宴会に備えて軽くウォーミングアップ。昨日も一昨日も行けなかった原酒店にやってきました。
IMGP6964.jpg
 ここはいわゆる酒屋さんなのですが、角内スペースが店内の奥にあります。大黒正宗を中心においしいお酒が揃っています。もちろんちょっとしたおつまみも。

IMGP6967.jpg
 まずは梅錦の黒ビール。良いですねぇ、この真っ黒具合。泡もクリーミーです。こういうビール大好き。ちょうど前の樽が空になったところで、サーバーにセットされたばかりの新樽から頂きました。

IMG_1980
 おつまみは手作りメンチカツ。関西ではミンチカツとも言うそうですが。ソースはばらソースのしかも泥ソースという、ドロドロの粘度の高いソースをかけて食べてみました。ビジュアル的には名古屋の味噌カツのようになります。味は違いますけど。けっこうパンチがあります。

IMG_1979
 豚のカシラなんぞも頂いたり。ちょっと遅めの午後のおやつにぴったり。


大きな地図で見る

 今日は暑い中色々歩き回って体力を使いました。インドカレーを食べましたが、昨日の大阪ツアーほど食い倒れていないと思います。3日目ではありますが、今宵もおいしい焼肉が食べられそうです。
 ということで、いよいよ2011年焼肉の日当日のメイン・イベントへとつづきます。